散歩、デジカメ、たまに料理。 お買い物で利用する通販情報をまとめつつ 身近なテーマでゆるゆると記事をつづるブログです。

汗ジミと臭いをなんとかしたい!脇汗対策に機能性インナーがおすすめの理由

脇部分

脇の下が気になる理由

汗って、それこそ体中から出るものなのに、「脇汗は妙に気になる」という人は多いですよね。

ベルメゾンのサラリスト購入者を対象としたアンケート調査によると、「どの部分が気になりますか?」という問いに「脇の汗」と答えた人は96%以上で、圧倒的1位だったそうです。

でも、どうしてこう脇汗が気になるんでしょう?

それは汗だけではなく、汗じみやにおいも原因になっているようです。

脇汗が気になる理由 脇の下には、汗を出す汗腺が2種類あるから

実は脇の下には2種類の汗腺があります。「エクリン腺」と「アポクリン腺」です。

エクリン腺 … 無色透明で無臭。体温調節をしてくれる汗です。

アポクリン腺 … 白っぽい色があり、粘りがあるのが特徴で、乾くと臭いのもとになったり、黄色い汗じみをつくってしまいます。

胸元や背中にもベタベタと汗じみをつくってしまうものだけど、脇汗が特に気になってしまうのは、2つの汗腺がある場所で、臭いも気になりやすいからなんですね。

とはいえ、アポクリン腺から出てくる汗が困りものだからといって、制汗剤などに頼り切るのも考えものです。だって、エクリン腺から出る汗は、体温調節もしてくれているわけですから。

というわけで、かいてしまう汗はしっかりかいて、それでもアウターに影響しない機能性をもった脇汗対策インナーを活用するのがおすすめですよ。

インナー以外の対策・リラックスする

人によって原因は違いますが、気になる脇汗の原因としては、ストレスや緊張、不安といった精神的なプレッシャーが影響している場合もあります。

「脇汗が気になる」、「脇汗が止まらない」と不安になるより、「多少汗をかいても大丈夫!」とリラックスできるようになると、気になっていた脇汗も少し変わってくるかもしれません。

利用するインナーも汗だけでなく、におい対策として消臭機能もあれば、ちょっと安心してリラックスできますよね。

インナー以外の対策・食生活に気を配る

この他、香辛料が多いメニューなど刺激の多い料理をよく食べてたりすると、汗の量やにおいが強くなることがあるようです。

肉食に偏ると、腸のなかでアンモニアなどのにおい成分がつくられるので、汗も匂いの強いものが出やすくなるようです。

汗のことを考えると、偏った食生活は要注意。野菜もしっかりとって栄養バランスを考えた食生活が大切になります。

インナー以外の対策・運動をする

それから、運動不足も大敵です。

「運動しなければ汗をかかなくていいのに、なぜいけないの?」と不思議に思うかもしれませんね。

でも、汗のもとになっているのは血液です。血液にはミネラルやアンモニアといった臭いのもとになるものも含まれています。

汗腺の機能がきちんと働いていると、こうした物質は血管に再吸収してくれるので、水に近くて臭いも少ない汗が出てくるのですが、これが正常に働いていないと再吸収がうまくできず、においのもとを多く含む濃度の高い汗になってしまいます。

汗腺は使わないと機能が低下してしまいます。運動不足で汗腺を使っていないと、やっぱり機能が低下してしまいます。

汗をかくときには、きちんと汗をかくことも大切ですよ。

⇒サラリストの種類一覧を見てみる方はこちら

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 日々歳々 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.