散歩、デジカメ、たまに料理。 お買い物で利用する通販情報をまとめつつ 身近なテーマでゆるゆると記事をつづるブログです。

汗取りインナー「サラリスト」がべたつかず、サラサラしてる秘密

パット部分

脇汗パッドは、「付いていればいい」というものではない

一般的な「脇汗パッド付き」のインナーの中には、身生地をそのまま足したようなパッドで、「汗っかきさんには役に立たない」というものもありますよね。

でも、サラリストの脇汗パッドは、身生地と身生地の間に防水シートを挟んだ三層構造になっているので、汗じみが外に出ることを防いでくれるのです。こんな感じ。

サラリスト 汗取りパッドの構造

肌側の身生地は汗をサッと通してサラサラをキープしてくれるので、汗をかいても快適。消臭機能もついているので、気になる汗の臭いも抑えてくれます。

そして、間に挟まった防水布が大量の汗を吸収して、汗じみが外へ出るのをブロックしてくれるので、表の身生地は汗が染みださずサラッとしているんですよ。

防水シートが入っていると、「動いたらシャカシャカと音がするんじゃないの?」と心配する人がいるかもしれませんが、改良された素材が選ばれているので、日常的な動作なら特に気になりませんよ。

わざとグリグリ腕を回したりすると、少しカサカサとした音がしたりしますけど(汗)

実際に着てみた感想に関しては、このブログにもレポート記事があるので参考にしてみてくださいね。

実際に汗をかいた場合、どんな感じになるのか、コットンに水を含ませて疑似的に脇汗をつくった実験をレポートしている記事もあるので、こちらの記事も参考にどうぞ。

この脇汗パッドを使っているタイプは…

⇒レディース向け超大汗さんタイプ、大汗さんタイプのサラリスト

⇒メンズ向け大汗さんタイプのサラリスト

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 日々歳々 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.