ビタミンPに関してちょっと気になったのでメモ。

ポリフェノールの仲間。

ヘスペリジン、ルチン、ケルセチン等の総称で、別名バイオフラボノイドとも呼ばれる。

中でもヘスペリジンはミカンの皮やスジに多く含まれている。スジには実の300倍、袋には実の50倍のヘスペリジンが含まれているとも。ミカンのほかに、アンズ、サクランボなどにも含まれている。

ビタミンPにはビタミンCの吸収や働きを助ける働きがある。
理想的な摂取バランスはビタミンCの20%以上。

だから最近は「ミカンは白いところも一緒に食べたほうがいい」ってよく言われるんですね。なるほど~。

ミカン

最近、ちょっと気になっているのがビタミンPの別名でもある「ヘスペリジン」。なんでも冷えにいいんだとか。

江崎グリコ株式会社が滋賀県立大学と共同で「酵素処理ヘスペリジンの経口摂取が女性の冷房冷えを抑制する効果」について第61回日本栄養・食糧学会大会にて発表
2007年5月21日リリース

24℃の室内で長時間安静にすると体表温の低下が見られたが、酵素処理ヘスペリジンの経口摂取により、実験1では手指先の、実験2では足指先の体表温低下が有意に抑制された。体表温低下の抑制はいずれも、カプセル摂取後43~45分から見られた。試験後の自覚アンケートにより、酵素処理ヘスペリジン摂取時には、対象者が冷えを感じにくかったことが確認された。

「酵素処理ヘスペリジンの経口摂取が女性の冷房冷えを抑制する効果」から

特に冬場に文字起こしをしていると、妙に指先が冷えてくることがあるんですよね。仕事先への行き帰りには手袋をしてるけど、まさか手袋をしたままキーボードをたたくわけにもいかないし、いくら厚着をしても手指は出たままですもんね。

そういえばずっと昔、テープ起こしのメーリングリストで「手に塗るタイプのカイロがある」って話題になったことがありましたっけ。

クリームタイプなら塗ればいいだけなので手軽だけど、唐辛子成分が入ってると刺激があるらしいし、「個人差がある」というだけあって、あまり温かさを感じなかったりするようだし。温かいのは数時間くらいって話も聞いたような… そんなわけで、私はあまり積極的に使わなかったんですけれど(汗)カプセルだったら、ちょっと飲みやすいかもしれません。

ビタミンCの働き
シミ・そばかすを防ぐ
抗酸化作用をもっている
ミネラルの吸収を助ける
コラーゲンの生成と維持
ビタミンPの働き
ビタミンCの吸収や働きを助ける
毛細血管の適度な透過性を保つ

【テーマサイトでも特集してます】
冷えたくない。:10日間、集中してヘスペリジン&コラーゲンを飲んでみた 09/03/24
冷えたくない。:グリコの美容飲料 09/03/04

[pccontent]
[/pccontent]