以前、FORIS.HDを記事にしたとき(07/11/07)、限定カラーとはいえ、その色にばかり注目してるのは申し訳ないので(汗)機能面もちょっぴり調べてみました。

やはり「いいな~」と思う点は、チルト・スウィーベル機能です。画面の向きを前に5度、後ろに10度傾けることができて、さらに左右に各180度回転させることができるんですよ。

かつてテレビがこんなにクリクリ動いたでしょうか? パソコンのモニターだって、こんなに動くものはそうそうありませんよね。

FORIS.HDの液晶パネルは斜めから見てもきれいに見える「広視野角液晶パネル」が使われているので、どの角度から見ても見えるはずだけど、画面ってやっぱりベストな角度で見るのがいちばんだと思うんですよ。

仕事先でも体験 モニターの角度はけっこうストレス

仕事先であった話ですが、パソコン台が専用のものでなかったために、微妙に低い位置で作業しなくちゃいけない台があったんですね。画面は支障なく見えるけど、作業するにはどうもストレスがあるという状態。イスで調節してもいいけど、調節するにも物理的に限界があります。

「無理やりモニターを動かしたら折れそう」というKさん。確かにモニターの下を覗き込んでも、それ以上角度を変えることができるのかどうかよくわからない状態。

で、ふと思いついて、「モニターの下に電話帳を入れてみたら?」と言ったのです。私はほんとに思いつきだったんですけど、よほどストレスにうんざりしていたのか、Kさん、実行してしまいました(笑)

Kさん「うん、バッチリ」

えっ、ほんと???←思いつきすぎて、かえってびっくり

そんな経験があるせいか、角度が変えられるモニターというのはそそられます。設置する環境を選ばないってことですもんね。

展示されてるモニターを実際に見ることができるメリット

EIZOガレリア(本町店)
EIZOのセミナー参加時に撮影させていただいた店内、写っているのはFORIS.TV

でも、動かせるといっても重かったり、コツがあったりするのは困ります。こういうのはやっぱり、触ってみないとわからないってことですよね…。と、いうわけで、FORIS.HDの好きなところを記事にするべく大阪のEIZO Galleriaをのぞいてきました♪(笑)

結論は… やはりこういうのは、実際にお店に行って触ってみるのがいちばんですね。

モニターの角度が変わるのにそそられて見に行ったんですけど、映像がきれいなことに心を奪われてしまいました。液晶画面のテレビって、私にはなんだかくっきりしすぎてるイメージがあるんですけど、FORIS.HDにはこれが全然ありません。新たな魅力にノックアウト。

「くっきりしすぎている」というのがどういうものなのか、言葉では説明しにくいんですけど、まるで画像にシャープ加工をかけたような、輪郭がくっきりしすぎてる感じ… って、わかります?(汗)

知り合いの所にある液晶テレビはどういう具合なのか、たまにそんなふうに見えることがあって、ずっと見ていると目が疲れてきてしまいます。これってもう少し設定を変えたらいいのかな。←他人んちのだってば

FORIS.HDチェックポイント

EIZOのサイトではこだわり機能として「コントラスト拡張」「自動シャープネス」「明るさ自動調節」「黒レベル自動調節」の4つが紹介されてるんだけど、映像がとても自然な感じがするのはこういった機能のおかげなんでしょうか。

素人目から見ても、「コントラスト拡張」というのが目にとって自然でいい感じの画面を作り出してるような気がしました。ちなみに「コントラスト拡張」というのはサイトではこんなふうに説明されてましたよ。

画面に映し出される映像の特徴をリアルタイムに解析して、画面の明るさ・色の濃さ・色合いを最適に調節。これによりコントラスト比を1.6倍にまで拡張し、どんなシーンでも、なめらかな階調表現を実現しています。

映像の見え方に関しては、EIZOのサイト上でも次のようなページが用意されているので、ネット上でもある程度の体験はできるみたいです。が、やっぱりこれは実際にお店で見てみるのがおすすめですよ。

製品を体験できるお店情報はEIZOサイトにも出ています。大きな所では仙台、銀座、大阪、福岡に直営店があるようです。

もちろんチルト・スウィーベル機能も見てきました(感想)

EIZOガレリア(本町店)
EIZO Galleria 写真は大阪の直営店(本町)

私がのぞいたのは大阪のGalleriaだったんですけど、仕事帰りという感じのビジネスパーソンの方々がけっこう見にきているようでした。

あ、そうそう。すっかり忘れるところだった「モニターの角度が変えられる」という点ですけど、もちろんこれもよかったですよ~。片手でヒョイッというわけにはいきませんけど、特に力を入れることもなくけっこうスムーズに動きます。しかもこれ、左右、後に角度が変わるのに加えて、前にも角度が5度くらい変わるんです。

画面がうつむいちゃうの? 恥ずかしがり屋さん?

スタッフさん「いえ、寝ころんだときでも画面が見やすいように考えられているんですよ」

わからないことがあってもその場で聞けるっていうところがリアルなお店のいいところですよね。…って、え? 寝ころがってFORIS.HDを見ちゃうんですか?? びっくりしてたら、説明してくれたお姉さんは笑顔で「テレビですから」とおっしゃってました。

そうか、これ、テレビなんだ。パソコン画面が見れるから(もちろん細かい文字もくっきりきれい)、別のものに感じてました(汗)

EIZOのネットショップをチェック⇒EIZOダイレクト