今シーズン、新生活向けに基本性能を強化されたパソコンはこちらにまとめています⇒簡単まとめ 富士通LIFEBOOKシリーズ 2015春の基本性能の強化ポイント

(LIFEBOOK SH90/T、LIFEBOOK TH90/T、LIFEBOOK UH55/T、LIFEBOOK AH42/T、LIFEBOOK ESPRIMO FH52/T)

個人向けパソコン「FMVシリーズ」の新製品が発表され、1月23日より順次発売されています。ネット通販の「富士通 WEB MART」では、発売に合わせて新春セールが2月4日(水)14:00まで開催されています。

セール情報は別記事に書いたのでそちらを見てもらうとして、今回の新製品はどんな感じの構成で発表されているのでしょう? 簡単にまとめてみました。

新提案は「家ナカ」 春の新生活を強力にバックアップしてくれるパソコンたち

今回登場したのは、新しいコンセプトを持ったパソコン「LIFEBOOK GHシリーズ」が注目ポイント。家の中(家ナカ)で多様な使い方を提案しています。

活動範囲は「家の中」ですが、ディスプレイとパソコン本体を分離して使うことで、場所を気にせずもっと身近にパソコンを使いこなそうということみたいですね。

この記事では、そんな新機能を持った「LIFEBOOK GH77/T」の特長と魅力を簡単にまとめてみました。

ワイヤレスディスプレイで本体から分離できる! LIFEBOOK GH77/T


富士通 FMV LIFEBOOK GH77/T [アーバンホワイト] FMVG77TW

世界で初めて(※)ワイヤレス通信によりディスプレイとパソコン本体を分離することができる、というのがこのシリーズの大きな特長。このため、3つのスタイルで使うことができます。

機能と絡めながらシーン別に見てみると、こんな感じで使えそうです。

※2015年1月19日現在、富士通調べ

机でPC Styleとして使う

ワイヤレスキーボードとワイヤレスマウス、そしてスタンドが標準添付されているので、すぐにパソコンとして使うことができます。

ちょっとおもしろいのは、ディスプレイの置き方が縦横自由である点です。通常で使うなら横置き使用だと思いますが、縦に置いてもOKなので、比較的長い文章を作成するときや、縦に長いWEBページを閲覧するときなどに活躍してくれますよ。

ディスプレイへ充電するときも、横置き縦置きどちらでもOKというのはちょっと便利そうです。

サイドテーブルなどでスタンドっぽく使えるBoard Style

人感センサーを搭載しているので、人がいなくなると待機モードに入り、人が近づくと復帰してくれるので、24時間使いたいときに使うことができます。

なので、人が近づくと本体に取り込んだ写真のスライドショーが自動で始まるフォトフレームとしても活用することが可能。

ちなみにNFC対応のスマホであれば、本体にかざすだけでスマホ内の写真や動画をパソコンに自動に保存することができるので、写真の活用が増えそうですよね。

ちなみに本体は約1.9kg、ディスプレイは約980gなので、総重量は2kgちょっとです。

また、映画や動画など、視聴に時間がかかるものでも、Board Styleなら「ながら見」が可能になるので視聴時間も増えそうです(笑)

部屋の好きな場所へ持ち運べるTablet Style

ディスプレイを取り外すとタブレットとして使用することができます。

ディスプレイはバッテリを中央に配置し、重心を中心部に置いた設計になっています。こうすることで、体感する重量が軽減するよう工夫されているのだとか。

確かに、重心を片寄せているYOGA TABLET8の場合、スタンド状態の安定感や取り回しのよさにはメリットがあるのですが、じっと動かずに持っていると、ずしりと重量が手首にきますもんね(汗)タブレットとして使う時間が長い人は、この辺も考慮したほうがいいかもしれません。

ちなみに重量は約980gなので、軽量ノートパソコンくらいの重さと考えればいいようです。

また、NFC対応のスマホであれば、見ていたWEBページを本体にかざすだけで15.6型の大画面で見ることができるので、電車通勤などのすき間時間で情報収集している人には便利そうです。

デスクトップ並みの性能は安心感が大きそう

テレビを見ているときも、手元にネットにつながる端末があるだけでかなり違います。

管理人も、テレビを見るときにはYOGA TABLET8をそばに置いておくのが常で、大河ドラマなどで登場する人をその場で調べたり、話題になっている商品の詳細を調べることが増えました。

パソコンだと「後でやろう」と思っても、手をつけずに終わってしまうことって多いですもんね。これができると、やっぱり便利です。

LIFEBOOK GHシリーズの場合、本体はデスクトップパソコン並みのコンピューティング性能があるわけで、これが高速ワイヤレス通信で部屋の好きな場所で使えるというのはかなり自由度が高そう。

使いたい機能が安定して使えるというメリットは、やはり大きいと思います。

SNSなどにちょっと書きこもうと思っても、文字を修正して変換するときに思いもよらない場所に移動して,
周囲の文字を消しながら変換されたりすると、書き込み意欲が一気に萎えてしまいますから…(汗)

※こうした現象は、使っている端末のブラウザーとOSといった相性もあるようです

LIFEBOOK GHの性能

CPUはインテルCore i7 プロセッサーで、約1TBのHDDを2台搭載しています。

ずいぶんハイスペックに感じる人もいるかもしれませんが、自動でバックアップができるので、大切なデータも安心して保存することができるというのは魅力です。

自分で作ったデータは他にはないのだから、バックアップは大切ということはわかっていても、なかなか手が回らないことがありますもんね。

「日ごろの対策なんて、正直何も考えていません」という人にとっても、「まあまあ考えてはいるけれど…」という人にとってもかなり心強い機能です。

提供開始日

この他に、今シーズンは新生活向けに基本性能を強化したパソコンも多数登場するようです。長くなったので別記事にまとめてみます。

店頭モデル

シリーズ 品名 提供開始日
LIFEBOOK AH AH42/T 2015年2月13日
LIFEBOOK GH GH77/T 2015年1月23日
LIFEBOOK SH SH90/T
LIFEBOOK TH TH90/T
LIFEBOOK UH UH55/T
ESPRIMO FH FH52/T 2015年2月13日

WEB MARTカスタムメイドモデル

シリーズ 品名 提供開始日
LIFEBOOK SH WS1/T 2015年1月23日
LIFEBOOK TH WT1/T

【関連記事】
簡単まとめ 富士通LIFEBOOKシリーズ 2015春の基本性能の強化ポイント
> 簡単まとめ 富士通LIFBOOK GHシリーズ