散歩、デジカメ、たまに料理。 お買い物で利用する通販情報をまとめつつ 身近なテーマでゆるゆると記事をつづるブログです。

顔の彫が浅いと要注意、紫外線が目に与える影響は意外に大きい

目のイメージお肌の影響に比べると、紫外線の目に対する影響は見過ごされがち。

これは、日本人の瞳は紫外線に対して防衛力が高い器官の一つだからということがあるかもしれません。

角膜(黒目)を構成する角膜細胞は、実はお肌と同じようにターンオーバーを繰り返して生まれ変わっています。普通に生活していて受ける紫外線の影響は、通常ならこのターンオーバーで回復することができます。

しかも日本人の場合、黒目部分にはメラニンが多く存在するので、ある程度の紫外線はメラニンが吸収してくれるんですよね。

でも、顔の構造でいうと、日本人は紫外線の影響が意外と大きいことをご存じですか?

つまり、のっぺりして彫が浅いので(汗)そうした構造からいうと、紫外線の影響を受けやすいんですね。

横顔のイメージ

金沢大学の佐々木洋教授によると、ほお骨を結んだラインから目がどれくらいくぼんでいるのか、日本人と欧米人の標準的な顔立ちで比べると、日本人は5mm、欧米人は10mmと、けっこう大きな差があるのだとか。

目が浴びる一日の紫外線の量を比較しても、日本人は欧米人の1.66倍の量を浴びていることがわかったのだそうです。

しかも近視の人の場合、構造的に眼球が飛び出しているので、普通の人よりももう少し紫外線対策には気を配ったほうがいいと言えるようです。

紫外線を浴び過ぎるとどんなトラブルがある?

レジャーでの紫外線のイメージ環境省の「紫外線環境保健マニュアル」によると、紫外線のほとんどは角膜(黒目)や水晶体で吸収されてしまうそうです。

水晶体を通過して網膜まで入ってくるのは、残りの1~2%程度。意外と防御されてるんですね。

とはいえ、短時間に大量に浴びすぎたり、長い間紫外線を浴び続けると、目の病気につながることがあるようです。

紫外線角膜炎

強い紫外線を浴びた時に急性で起こる角膜炎症です。

結膜(白目)の充血、異物感、流涙が起こり、ひどい状態だと強い眼傷が起こります。

代表的な原因は、雪面など特に紫外線の反射が強い場所でおきる「雪目」と言われる状態。他に、職業病的な病気として、アーク溶接による電気性眼炎があります。

昼に紫外線を浴びた場合、夜から深夜、翌朝ぐらいに発症して、大部分は24~48時間で自然治癒するようです。

対策は、シップで冷やして、安静を保つこと。

痛みや刺激が強い場合は、眼科を受診して症状を和らげる処置をしてもらいます。

瞼裂斑(けんれつはん)

紫外線の影響で白目が隆起する病気です。進行すると、ドライアイになったり、将来で白内障に係るリスクが高くなる恐れが指摘されています。

石川県内灘町の中学生およそ300人を対象に、2011年に行われた厚生労働省の研究班の調査によると、瞼裂斑の初期症状のある割合が、屋内で部活をするバレー部や弓道部は30%以下だったのが、屋外で部活をする野球部やソフトボール部、サッカー部などは43~62%と高い割合で見られたのだとか。

耳慣れないかもしれませんが、この報告でもわかるように、意外と身近にある目の病気です。

翼状片(よくじょうへん)

結膜(白目)の組織が翼状に増殖して角膜(黒目)に侵入してくる病気です。瞳孔近くまで伸びてくると、視力障害を起こしてしまいます。

30歳以上で発症することが多く、ゆっくりとした進行が特徴で、農業や漁業従事者など、戸外で働く時間が長い人に多いのだとか。

治療は、外科的な切除が行われます。

白内障(はくないしょう)

水晶体が濁る病気です。水晶体は物を見る時にレンズの役割を果たしているため、網膜まで光が届かなくなって視力が低下し、進行すると失明してしまいます。

初期は水晶体が硬くなるので、老眼が進むみたいですよ。

治療は、混濁した水晶体を眼内レンズと交換する手術が行われます。
環境省の「紫外線環境保健マニュアル」によると、紫外線のほとんどは角膜(黒目)や水晶体で吸収されてしまうそうです。

水晶体を通過して網膜まで入ってくるのは、残りの1~2%程度。意外と防御されてるんですね。

とはいえ、短時間に大量に紫外線を浴びすぎたり、長い間紫外線を浴び続けると、目の病気につながることがあるようです。

目から入る紫外線がメラニンを生む!?

サングラスのイメージ最近、ちょっと注目されてきた話題なので、ご存じの方も多いのではないでしょうか?

もとになっているのは、2001年に発表された大阪市立大学の井上正康教授の研究チームのレポートです。

マウスに紫外線を照射する実験で、目にしか紫外線を照射していないマウスの皮膚にもメラニン色素が発生していて、皮膚の一部に紫外線を照射していたグループと比べてもメラニン発生量がほとんど変わらなかったという報告がありました。

人の場合だと、どれくらいの影響になるのかははっきりわからないみたいですが、同じように影響があるのは確かなんだそうです。

角膜(黒目)が軽い炎症を起こすことで刺激になり、それが脳下垂体に伝わって、防御反応としてメラニンを作る命令が全身に伝えられると考えられています。

紫外線が強い季節は、シミ対策として注意していきたい話です。

日常生活では、昼間より朝夕に注意

夕方のイメージ目の影響で紫外線対策を考えると、先に紹介した金沢大学の佐々木洋教授によると、朝夕の対策が重要になるようです。

のっぺり顔の日本人ですが、それでも紫外線量がもっとも多くなる12時前後になると、さすがに目に影ができるので、紫外線はほとんど入ってこないんだそうですよ。

朝夕の時間帯は、太陽がまだ低い位置にあるので、紫外線は光と共に横から差し込んでくるわけです。

紫外線が直接目に入ってくる恐れがあるので要注意。紫外線が目に入る量は、9時ごろと、14~15時が最大となるそうです。

オフィス街のような環境だとビルの窓から照り返しもあるので、紫外線が乱反射している可能性があるので、この点も注意する必要があります。

対策としては、紫外線をカットするメガネやサングラスがおすすめ。目に入る紫外線を8割~9割減らすことができます。

横や斜め上もカバーできる構造のものを選ぶのがベストです。


[PR]

目元&口元のエイジングサインに!ネオダーミル配合美容液「ナールスネオ」

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 日々歳々 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.