散歩、デジカメ、たまに料理。 お買い物で利用する通販情報をまとめつつ 身近なテーマでゆるゆると記事をつづるブログです。

紫外線で老化する!?「光老化」って何?

お年寄りのイメージこれまで肌の老化には、「細胞の酸化」、「皮膚の乾燥」、「皮膚の菲薄(ひはく)化」が挙げられていました。

※菲薄化:皮膚が薄くなって痩せてしまうこと

でも近年は、紫外線による慢性的なダメージの結果である「光老化」も、肌を老化させる大きな原因の一つと考えられています。

年をとることで起こる老化と違い、紫外線を適切に避けることで、「防ぐことができる老化」と言われています。

光老化ってどうなるの?

お肌と紫外線のイメージ年をとることで起こる老化は、皮膚の厚さや色が薄くなっていきます。

一方で、光老化は紫外線に対する防御反応の結果なので、皮膚の厚みは分厚くゴワゴワで色も濃くなるのが特徴です。

こうした変化の原因となっているのは、主にUV-Aだと考えられています。

日焼けの主な原因となっていたUV-Bと違い、UV-Aはそれほど急な影響はありませんが、薄い雲やガラスも通り抜けてくるほど波長が長い紫外線なので、皮膚の真皮まで入り込んできます。

こうしたUV-Aの影響で、コラーゲンやエラスチンといった肌のはりを保つ繊維を壊す酵素が増えるので、コラーゲンは繊維が小さく切断され、エラスチンは変性してしまいます。

その結果、皮膚は弾力を失ってたるみ、シワが発生してしまうのです。

また、皮膚の細胞を遺伝子レベルで傷付けて、皮膚の免疫力も低下させるので、時には良性や悪性の腫瘍が現れる場合もあります。

紫外線によるお肌のダメージちなみに、UV-Bの害は日焼けくらいかというと、そうでもないようで(汗)

エネルギーが強く、表皮細胞の遺伝子を傷付けてしまうので、シミや皮膚がんの原因になると言われています。

波長が短いのでUV-Aのように肌の真皮まで直接は届きませんが、コラーゲン線維を壊すコラゲナーゼという酵素の働きを高めてしまうので、間接的にシワの原因をつくってしまうみたいですよ。

やっかいなのは、気付きにくいこと

時計のイメージコスメ的にはかなり深刻な影響ですが、皮膚の中で起こるこうした変化は「気が付きにくい」という問題があります。

日焼けの影響を受ける表皮は、酸化スピードが速い皮脂や脂質が中心なので、ダメージは即効で現れるのですが、真皮層を構成する弾力繊維層はコラーゲン(たんぱく質)が中心なので、紫外線の影響が表れにくく、その変化もゆっくり進むためです。

何十年もたってからシワやシミになって現れて、はじめて紫外線の影響に気が付くことになります。

しかも、細胞が再生するのにも時間がかかります。

表皮細胞は約1カ月で新しい細胞に入れ替わっていますが、真皮層の弾力繊維が再生されるのは、化粧品関係のサイトによると5年とも6年とも言われているようです。

つまり、紫外線のダメージから回復するには、同じだけ年数が必要ということになるんですね。

光老化の対策としては、子どものうちから紫外線を浴び過ぎないように、紫外線対策を心がけることが大切になってきます。

紫外線の影響は、お肌だけでなく髪にも現れます。


[PR]

美白シミ紫外線マスターホワイト

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 日々歳々 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.