散歩、デジカメ、たまに料理。 お買い物で利用する通販情報をまとめつつ 身近なテーマでゆるゆると記事をつづるブログです。

太陽に対する異常な反応、光線過敏症

花のイメージ

健康な人では問題のない程度の日差しでも、肌が露出している部分にだけ赤みが発生したり、かゆみを感じるといった異常な反応が起きることがあります。

日焼けとはまったく違うもので、太陽光によって引き起こされる免疫システムの反応です。

「光線過敏症」という病気で、「日光アレルギー」とも呼ばれています。

「光線過敏症」といっても1つの病気ではない

病院のイメージ太陽の光が当たって発症する、もしくは悪化する病気を総称しているので、1つの病気を意味するものではありません。

「光線過敏症」にはいろいろな原因があり、発症するメカニズムも違います。

「色素性乾皮症」や「骨髄性プロトポルフィリン症」は小児期に発症することが多く、「多形日光疹」は青年期に多く見られる病気です。

「色素性乾皮症」は、生後初めて外出した際にひどい日焼けを起こして気付くことが多いみたいですよ。「骨髄性プロトポルフィリン症」は、血液検査で診断することができます。

「多形日光疹」は、光線過敏症の中でももっとも多く、粟粒くらいの大きさの赤くて痒みのあるブツブツが代表的な症状ですが、複数の赤い隆起が出たり、不規則な形の赤いブツブツが出たり、いろいろな症状があるようです。

そのままにしておいても2~3日で自然に治ることが多く、耐性ができると自然に出にくくなるケースが多いようです。

「日光蕁麻疹」は、太陽にあたって数分~数十分以内に、光が当たった部分が痒く赤くなり、蕁麻疹が現れる病気です。日光を避けると30分くらいで自然に消えてしまうのが特徴。

可視光線で反応することが多いようですが、紫外線に反応することもあるようです。

いずれにしても、気になる症状がある人は、素人判断せず、皮膚科の専門のお医者さんに診察してもらうことをおすすめします。

薬などが原因で起こる光線過敏症もある

薬のイメージ内服薬や外用薬に使われている物の中には、光過敏症を発症させるものもあります。

例えば、薬を飲み始めてから、顔、首、デコルテ部分、手の甲といった場所に症状が出現する「光過敏型薬疹」という病気です。

薬を飲み始めて日焼けの仕方に異常を感じたら、主治医に薬の内容を検討してもらう必要があります。

また、非ステロイド性消炎鎮痛薬や、ケトプロフェンを配合した湿布薬を使っている部分に「薬剤性光線過敏症」が発生することがあります。

処方される際はお医者さんから説明があるはずなので、その指示に従った使い方を守るのがおすすめです。

薬の他にも、原因となる化学物質を含んでいる化粧品や日焼け止めクリーム、オレンジ、セロリ、パセリ、ライム、レモンなどの食品は、肌に直接塗って光を浴びることで症状が現れることがあるので要注意です。

– スポンサーリンク –



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 日々歳々 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.