バリューコマースEXPO2009:ライブ配信視聴スタンバイ編」の続きです。

今回、ライブ中継されたのは、「クロスワーク・アフィリエイトSOGOセミナー」と、「アフロKASAIと行くバリューコマースEXPO2009ツアー」、そして「バリューコマースディスカッション」、イベント後に開催された「2009年秋のアフィリエイト交流会」の一部が配信されました。

まずはセミナーに関して簡単にまとめてみます。


クロスワーク・アフィリエイトSOGOセミナー

アフィリエイトSOGO.COMでは年に一度、アフィリエイターに対してアンケートが実施されています。

日ごろ利用しているASPさんやECサイトさんに対する印象とか、アフィリエイトに関する要望などが集計されるのですが、ここで集まったデータを基にして、「始めてはみたけど、いま一つ伸びないなぁ」という人向けのセミナーとなっていました。

ともかく大切なことは次の3つ。

ネットマナーを守る
信頼されるサイトを作る
赤字には気をつける

ネットマナーに関しては、アフィリエイトSOGO.COMでも「これはNG!アフィリエイト」に詳しいので、こちらを見てもらうとして、とにかく大切なこととしてあげられていたのは「信頼」というキーワードでした。

ロイヤルアフィリエイターを目指せ

おもしろかったのが、この言葉。ロイヤルアフィリエイターって聞いたことあります?

カリスマアフィリエイターとか、スーパーアフィリエイター、他にはママさんアフィリエイターなんて言葉もありますが、これらは自称でも名乗れる名称だというのです。

この点、ロイヤルアフィリエイターというのは、ECサイトさんやASPさん、さらにはアフィリエイトサイトを利用者してくれるユーザーさんからも評価されて、はじめて呼ぶことができるんだそうです。

つまり、信頼されるサイトであることに価値があるということ。「アフィリエイトでいくら儲けているのか」だけが判断の物差しではないのというのです。

ネットマナーを守るのでコメントスパムなんてしませんし、トラックバックスパムもしません。提供するものはニュースサイトの記事をコピペしただけだったり他人のサイトからRSSで引っ張ってきただけのコンテンツではなく、人が読んで有益なものを提供していきます。

アフィリエイトサイトを評価するECサイトさんの判断基準も、近年は成果よりもアフィリエイトでどのような付加価値が与えられるのかという点に重点が変わってきているそうです。

イベントを活用するべし

イベントで開催されるセミナーだったので、イベント参加をどのように活用していけばいいのか、「信頼されるサイトを作る」ということに絡めて提案がありました。

実際のイベントに参加すると、様々な特典が得られますよね。

例えば期間限定の特別報酬とか、商品の詳しい情報とか、他にも商品の写真撮影ができたり、サンプル品の提供があったり…。

けれど、せっかくイベントに参加しても、ただ見て回るだけだったり試供品をもらうだけだったりすることがあるようです。でも、それはとてももったいないことなんですよね。

信頼されるサイトで大切なポイントの1つは、「読む人にとって有益な情報を提供している」ということ。

イベントに参加すると、ECサイトさんのブースには担当のスタッフさんが1人は必ずいらっしゃいます。質問すれば、ホームページやカタログを見ただけではわからない、詳しい情報をいろいろ教えてくれるのです。

イベントに参加したあと、記事やサイトを作成するのに活用できる有益な情報を集めることがとても重要というわけです。アフィリエイターにとって、イベントは参加したあとが本当の活動の場なのかもしれません。