そろそろ確定申告のシーズンですね。

今年の確定申告の相談及び申告書の受け付けは平成27年2月16日(月)~3月16日(月)までです。

我が家は幸いなことに該当する控除がいくつかあって、しかもそれほど稼げていないこともあって(涙)、特に慌てることもなく白色申告を続けているのですが、今年も白色申告でまいります。

平成26年分から白色申告も記帳と帳簿の書類の保存が必要となりました

確定申告って、年金未納問題が起こったときは、「今まで書類いらないって言ってたけど、これからは国民年金保険料の控除証明書持ってきてねー」という感じに変わったように、何かしらちょっとずつ変わってる気がします。

で、平成26年度分の問題は、これですよね。

個人で事業か不動産貸付等を行うすべての方に記帳と帳簿書類の保存が必要になりました

これまで所得税の申告の必要がない人(所得の合計が300万円を超えない人)は、記帳の義務は免除されていたのに、面倒臭い話です。

で、日本アフィリエイト協議会でも紹介されてた国税庁のサイトでは、「個人で事業を行っている方の記帳・帳簿等の保存について」のページで、記帳に関してこんな説明が書いてあるんですよ。

取り引き事項 「売上」

取引の年月日、売上先その他の相手方及び金額並びに日々の売上の合計金額を記載する。ただし、次に掲げるところによることができる。

(以下略)

ひっかかったのは、ここ。「日々の売上の合計金額を記載する」です。

辞書で調べてみると、「日々」というのは「1日1日」のこと。つまり、毎日ですよ。国税庁の「簡易な方法による記帳」の説明では、「日々の売上の合計金額を記載する」って書いてあるんです。

いやいやいや、だって、それは無理でしょうー(汗)

アフィリエイトで日々の把握ってちょっと難しいよね?

確かに管理画面の一覧表を見れば、「この日に成果が出ましたよ!」と表示されています。

でも、購入した人がキャンセルすると、その成果はなかったことになってしまいます。

もしキャンセルがなくても、自分のサイトのリンクをクリックした人が、商品を購入する前に途中で別の広告をクリックしたり、別サイトのアフィリエイトリンクをクリックして購入した場合、「最後にクリックされた人の成果になる」という基本ルールがあります。

「最後のひと踏み」問題というやつですね。

「この金額で銀行へ振り込みますよ」という状態になるためには、広告主さんが承認作業を完了するまではっきりしません。

リンクシェアや、もしもアフィリエイトの場合は、「この金額で確定しましたよ」という確認のメールが届きます。

でもこれ、リンクシェアの場合は広告主さんごとに1カ月分がまとめて書いてあります。そして、もしもアフィリエイトの場合は、1カ月分まとめた金額がW報酬込みで書かれています。

もちろん、管理画面で確認することはできるけど、「日々の売上の合計金額」を出そうと思ったら、どの日に発生した売上が確定されたのか、はたまたキャンセルされたのか確認できないといけないのでは…?

そんなの、無ー理ー(汗)

税務署に確認してみた

2月7日に日本アフィリエイト協議会が主催する確定申告セミナーにライブ参加したのですが、遅刻したうえに思い出すのが遅かったため、「日々」問題を聞く時間がありませんでした(汗)

でも、「最寄りの税務署で聞くのがいい」というアドバイスをもらったので、電話してみることに。

税務署も、確定申告の受け付け後半になると忙しくなるけど、その前であればけっこう丁寧に教えてもらえるらしいですよ。

結論としては、1カ月まとめて把握するやり方でいいみたいです♪

いやー、よかったよかった。
この1年、疑問過ぎて頭がハゲるかと思いましたよ。

なんでも、「日々」というのは、小売とか飲食業を想定しているのだそうで、アフィリエイトのようなケースは「月生産」と表現されてました。

「日々」に関しては、SNSでも「大丈夫じゃない?」とアドバイスもらってたことなんだけど、ひと安心です。

ちなみに今回、電話の窓口が1回変わりました。

最寄りの税務署に電話

⇒お姉さんが出たものの、「そういうとこでつまずくか」と、やや困惑したみたいで専門に回される

⇒大阪国税局電話相談につながる

⇒数分で解決

こんなふうに税務署でアドバイスをもらったときの注意点としては、どこの所属のどちらのお名前の方か確認しておくのがいいそうです。何かあったときに、「税務署の人が言ってたもん」なんて言ってちゃだめみたいですね(汗)

今回も、電話の最後にこの注意を思い出して、最初に聞いたお名前を改めて伺ったのですが、「何、何回も聞いてるんだよー」なんて雰囲気もなく、ちゃんと教えてもらえました♪ よかった、怖くなくて…。

今まで我流でやってたけど、やよいの白色申告オンラインを使ってみる

記帳方法に関しては、国税庁のサイトにある「簡易な方法による記帳」に書かれているポイントを押さえていれば、今まで付けていたやり方でOKみたいなんだけど、なんといっても我流です(汗)

ちょっと気になっていたので、確定申告セミナーで紹介されていた「やよいの白色申告オンライン」を使って付け直してみることにしました。

これ、ちょっと使ってみたけどいいですよ。
わかりやすいので、はじめて記帳に挑戦するという人にもいいかもしれません。

これまでエクセルを使ってたんですけど、書いてる場所が段々広がっていって、あっちへスクロールしたり、こっちへスクロールしたりして訳が分からなくなってましたが、やよいは記入する窓が固定されているので見やすいです。

いちばん気に入ったのは、「同じ取引を続けて登録」にチェックを付けておけば、今入力した文字が消えずに残ってくれるところ。

同じ内容の取り引きであれば、そのまま「登録」ボタンをクリックすれば、もう1回入力できちゃいます。もちろん、数カ所修正して「登録」ボタンをクリックしてもOK。

そして、やっぱクラウドはいいですねー。

2年ほど前、やよいの青色確定申告のお試し版があるというので、インストールしてみたことがあったんですが、パソコンが古いせいか残りバイト数が300KBとか瀕死の状態になってしまい(汗)そのときはサックリ削除したのでした。

クラウドはその点、パソコンのメモリを食わないですもんね♪

使い勝手は時間があれば(汗)また改めて書きます。たぶん。

今回は初年度無償キャンペーン中なので、ちょっとお得だった

オンライン版は、白色申告の他に青色申告もあります(当たり前か)

2014年10月6日にスタートしたばかりのサービスのようで、現在、「セルフプラン」の初年度1年間(最大14か月)が無料になるキャンペーンが実施されています。

※セルフプランの白色申告オンラインは、通常4,860円/年(税込)、青色申告オンラインは8,640円/年(税込)となっています。キャンペーン中は無料!

サポート付きのベーシックプランも、キャンペーン中ならお得な価格で利用できるようになってました。

※ベーシックプランの白色申告オンラインは、通常8,650円/年(税込)→キャンペーン価格で初年度1年間(最大14か月)4,320円/年(税込)、青色申告オンラインは通常12,960円/年(税込)→キャンペーン価格で初年度1年間(最大14か月)6,480円/年(税込)

無料体験プランもありますが、こちらは最大2か月無料なだけだし、収支内訳書/確定申告書Bの作成もできない仕様みたいですね。

セルフプランならすべての機能が利用できて、収支内訳書/確定申告書Bも作成することができます。やよいのオンラインの場合、所得控除の計算もできるので、かなりきちんとしたものができるみたいです。

キャンペーンは、2015年3月16日(月)までの申込み分までが対象になります。

無料期間後は有料バージョンに自動以降するので、クレジットカードの登録が必須となっていますが、更新を希望しない場合は、契約終了月の1日~15日の間にマイページで自動更新停止の申し込みもできるようになっています。

これはかなり太っ腹キャンペーンですよね。

白色申告はこちら⇒やよいの白色申告 オンライン
青色申告はこちら⇒やよいの青色申告 オンライン

【関連記事】
平成27年度の確定申告終了♪ 役に立った本2冊
来年は青色申告! 申請は意外と簡単すぎるぐらい簡単でした
オンライン版やよいの白色申告で確定申告してみました
> 確定申告は弥生のオンライン版で楽ちんに 記帳義務化した白色申告に取り組む