豆腐の卵とじ

カテゴリーは無謀にも「グルメ・クッキング」にしてしまいましたが(汗)

コープこうべネットのトラックバック・キャンペーン第3弾、「お気に入りのコープ商品を使ったレシピを教えて!」にトラックバックです。

年寄りがいるわが家。仕事で帰りが遅くなると、揚げるだけ~とか、焼くだけ~といった手軽なおかずにすると「こんな遅い時間に重すぎる」と文句が出てしまいます。

「ほんと困っちゃうんですよね~、どうしたもんかしら」と愚痴ったところ、「これにしたら?」と仕事先で教わったレシピがこのお豆腐の卵とじなのでした。

作り方は簡単。早速、いってみましょう。

【材料】
Coop’sのなめらか絹とうふ 1丁
だし汁 豆腐が浸るぐらい
しょうゆ 適量
お酒 適量
砂糖 適量
ネギ 好きなだけ
卵 2~3個(気分で)

おいっ! てな感じですが、料理は度胸なんです。きっぱり。

味付けは薄味に仕上げるのがおすすめです。その日の疲労度によって、調味料が創味のつゆになったり、豆腐がマメックスの便利とうふ(さいの目切りになった冷凍の豆腐)になったりしますが、その辺は気にしちゃいけません。

料理に必要なのは大らかな心なんでs…(以下略)

【作り方】
1.豆腐をさいの目に切って、だし汁へ投入。
2.しょうゆ、お酒、砂糖で味付け。好みで七味唐辛子をふったり、ゆずこしょうをちょっぴり入れたりしても可。
3.といた卵を回しかけて、刻んだネギをのっけて、卵が半熟になったらできあがり~。

【ポイント】
卵はお皿に盛った後も熱が通って固まっていくので、心持ち早めに仕上げるのがいいかも。ネギはもうちょっと細かく刻んだ方がいいかも。盛り付け方も… 雑ですいません(汗)

写真は、Coop’sのうず潮育ちカットわかめを入れたバージョンです。わかめを入れるときは1.の豆腐と一緒に鍋に投入します。このわかめ、食感がいいのでこれまたお気に入りなんですよ。手軽だし、わかめが入ると(なんとなく)豪華になるような気がするし(笑)

うちではこの分量で大きな器にそれぞれ盛り付けて2人分くらいになるんですけど(写真は気取って小皿に入れてみた)普通なら3~4人分くらいになるのかな??? 疲れた胃袋にもおすすめです~。

【追記】2006.05.21
思い出したんですけど、Coop’sで「水耕栽培香味青ねぎ」とか「みんなの白たまご」というのがあったんでしたっけ。この卵とじに使うネギや卵はCoop’sのねぎでももちろんOK。

Coop’s商品って、野菜や魚・肉にもけっこうありますよね。なんだか自然に利用しているので、「あれ? これもCoop’sだったんだ」と、あとから気がつくことがしばしばです(汗)

近所の安売りスーパーで買ったネギだと、根っこのとこがトロトロに溶けて痛んだりしてるのが時々あるけれど、Coop’sのネギはそんなことがないのでお気に入りの1つです (^^)

今週の「めーむ」によると、「水耕栽培香味青ねぎ」は「広島県JA広島北部より。香りの高い鴨頭(こうとう)ねぎ。栽培期間中、農薬を使用せず、また鮮度を維持するため、収穫後すぐ冷蔵庫で予冷しています」と書いてありました。

こういう説明って、改めて読むことってあんまりないんですけど… なるほど~。

管理人が利用しているのはコープこうべですが、日本全国にはいろんなコープさんがあります。当ブログには特集ページ「コープの宅配豆知識」もあるので、参考にしてみてくださいね。

コープこうべ、おうちCO-OP、コープデリ、パルシステムの比較記事もあります。


この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます