banner20090429_02

備蓄.comで「みんなの『食糧・水の備蓄』を教えてください」というトラックバック企画をやっているので参加します♪

記事では「特に新型インフルエンザ対策に限らない」ということなのですが、やはり今、いちばん気になるのは新型インフルエンザなので、我が家はそちらに沿った備蓄を準備していこうと思っています。

別の記事で、新型インフルエンザの備蓄について簡単にまとめてみたんですけど、最初に備蓄のことを考えたときのリストと比べると、「パック白米」とか「缶詰」なんていう項目ばかりが目立ちます(汗)我ながら、災害用の備蓄に意識が傾いていたようです。

インフルエンザ対策では災害時と違い、ある程度の煮たきができるということなので、日常の食生活の延長にあるような備蓄を考えていこうと思っています。

状況によって備蓄のスタイルも変わる

たとえば、主要食品のお米の場合。

備蓄になりそうなご飯 いろいろ

煮たきできないんじゃないかということでパック米飯を一押ししてたんですけど、そうじゃないとなると、やっぱりお米がいちばんです。

お米

パック米飯に比べて場所をとらないし、日常の食生活に組み込むことができるので、無理なく備蓄することができます。

我が家は大人2人。朝はパン食、休日は時々麺類をメインに食事するという感じ。

そのせいか、2週間でお米5キロを消費するという、まるで備蓄マニュアルにぴったりの食生活をしています。なので、今、使ってるお米が半分くらいになってきたら、次の5キロを注文するという感じで回っています。

現在、これにパック米飯が10パックあるんですけど、これだと大人2人で1日半分。

パック入りご飯

いくら煮たきできるとはいえ、病気になって寝込む可能性があることを考えると、パック米飯は外せない気がするんですよね。でも、これ、いったいどれくらい準備する必要があるんでしょう。

季節性のインフルエンザでは発熱が3~7日ほど続くらしいので、せめて3日分くらいは必要になるのかなぁ。

大人2人(1日3食)
3日分 18パック(6パック入りの箱で3箱)
7日分 42パック(6パック入りの箱で7箱)

…なんか、パック米飯だけで計算すると、すごい状態ですね。

麺類も併せて備蓄するつもりだけれど、高熱の中、調理できるかがちょっと心配(汗)何かいい代替食品があるといいんですけど。この点はまだ検討中です。

目安:成人1人1パックで6食/箱。
調理時間:電子レンジで約2分、熱湯で15分以上。
注意点:電子レンジの場合、点線までフィルムをはがして調理するが、熱湯の場合はフィルムをはがさない。
保存場所:直射日光を避け、常温で保存。

【備蓄向きポイント】電子レンジ調理できるので、体調を崩していても利用できる。
【マイナスポイント】量のわりに場所をとる。

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+