ヤクルトさんのトマトジュース

ゴールデンウイークも仕事だぞ(涙)

疲れ目にトマトのリコピンがよいらしいと聞き込んだので、ヤクルトさんで早速トマトジュースを買ってみる(正確にはトマトミックスジュースだけど)

でも、なんでリコピンが疲れ目にいいんでしょうね。ジュース飲みながら、ちょっと調べてみました。←買う前に調べなさい

リコピンは赤い色素のこと

トマトは夏野菜の代表選手。今、まさに旬なんですね。

リコピンというのはトマトの赤い色素で、トマトの他にはスイカにも含まれています。強い抗酸化作用があるので、有害な活性酸素の働きを抑えてくれることから、ガンや動脈硬化などを予防する効果が高いことが知られています。

あれ? 疲れ目じゃないの?

同じ色素仲間にルテインというのもある

もう少し調べてみると、リコピンと同じ仲間にルテインという色素がありました。ルテインは、ホウレンソウなどの緑葉野菜とか卵黄なんかに含まれている色素です。

眼球の水晶体や、水晶体を通過して入ってくる光を受け止める網膜の中心部に多く存在し、テレビやパソコンなどが発する青色光から目を守る働きがあることで注目されています。

大きな働きとして、目で見た情報を脳に伝えるときに必要なロドプシンという色素体の再合成に関わっています。

素晴らしいのはその即効性で、摂取後4時間くらいで視力の改善が確認されるのだとか。ただ、その効果は24時間程度で消失してしまうようです。長続きしないんですね。

つまり、まとめると…

え~っと、ちょっと待ってくださいよ。つまり、リコピンが疲れ目にいいんじゃなくて、いいのはルテインのほうですか? ってことは、トマトジュースじゃなくて、ホウレンソウが入った野菜ジュースのほうがよかったのかしら。

ズズズズズ~…(飲みきった)

All Aboutでも、「湿気と紫外線で疲れる夏にはトマトがおすすめ」なんていう記事を見つけたので、もしかして、たぶん、きっと、リコピンがいいのは「疲れ目」じゃなくて「疲れ」にいいってことなのかもしれません。

単純に勘違い?

…ま、まあいいか(汗)
気温が上がってくると、トマトジュースもおいしいね♪

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+