no image

総合通販で意外と多く取り扱っているのが、「フィットネス水着」や「セパレート水着」と呼ばれる種類の水着です。

もちろん泳ぐこともできますが、どっちかというと水中で運動するための水着ということになるみたいですよ。「水中ウォーキング」などが代表的なものになるようで、水の中で運動するのって意外と健康にいいみたいです。

というわけで、このページでは水中ウォーキングについて調べてみたので、簡単にまとめてみました。

健康維持に注目されている水中ウォーキング

高齢化と言われてだいぶ経ちますが、2015年には25%を65歳の方が占めるようになると見られていて、世界でも有数の高齢化社会になるようです。これは全体の人口の4人に1人という高い割合なんですね。

この割合の高さもさることながら、高齢化するスピードも他に類を見ないため、世界的に注目される問題となっています。

80歳を超えると日常の動作であっても支障が増えてくるのですが、特に歩くことに支障が出てくるとその人の自立に大きな影響が出てしまいます。

日常生活のレベルを上げるためには運動がいちばんですが、膝や腰の痛みがあったり、高血圧、糖尿病といった慢性疾患を抱えている場合、運動するのもなかなか思うようになりません。

その点、水中ウォーキングであれば、水の浮力があるので体が軽く、関節の痛みをあまり感じることが少ないという特長があります。杖が必要な人でも、水中であれば杖を使わずに運動することが可能なんですよね。

自分に合った運動から始めることができるので、医師と相談しながら取り入れていくのがおすすめです。

最近では市区町村が募集する水中ウォーキング教室も活発なので、興味のある方は地域のお知らせをチェックしてみるといいみたいですよ。

水中ウォーキングのすすめ

高齢になると歩き方に大きな変化が起こります。体全体が前屈みとなり、歩幅が小さくなります。さらに腕の振りも小さくなって、歩くスピードが遅くなります。

歩行で着地をするとき、つま先が上がりにくくなるのも大きな特徴で、こうした変化が転んでケガをしやすくなる原因にもなっています。

水中ウォーキングでは、こうした変化に意識を向けた動作から組み立てられています。

基本的なものには、大きな歩幅で歩く「大股歩き」、プールの底を足でするように横向きに歩行する「横歩き」、膝をひきあげながら後ろ向きに歩く「後ろ歩き」、脚を斜めに出して歩行する「スケーター」、体をひねりながら脚をひきあげて歩行する「ツイスト」といったものがあります。

足首や股関節の柔軟性を重視した歩行運動が中心で、これにストレッチや持久力の改善を目指した要素が組み合わされます。

レッスンスケジュールも30分程度の軽いものが多く、簡単な動作はプールサイドに腰かけて行うものからあるので、運動が苦手という人でも無理なく参加することができるのだとか。

このように、水中ウォーキングでは関節の痛みや筋肉の衰えに合わせて運動することができるので、健康維持に有益とされています。

お年を召した方だけでなく、歩かないことが最大の特徴とも言える、太り気味の方のメタボ対策にもおすすめの運動になるようです。

実は少し太り気味のほうが水中では浮力があるので、かえって動きやすくて、まとまった運動量をこなすことができるみたいですよ。

メタボ対策では音楽に合わせてエクササイズをしたり、コース内に水流を作って運動したりする、少し負荷をかけた「水中運動(アクアエクササイズ)」といったものもあります。

水中ウォーキングのファッション分析

水中ウォーキングは大抵が屋内プールで行われるので、UVカット機能はそれほど気にしなくても大丈夫。

水中の動作を妨げてしまうのは困りますが、競泳水着のようにスピードを重視するわけでもないので、ファッションとしてはかなり自由に楽しむことができます。

お気に入りのデザインかどうかなんて些細な事かもしれませんが、こうしたエクササイズは継続することが何よりも大切なこと。

実際、気分的に随分違ってくるものなので、長く継続するためにもお気に入りの一着を探すのがいいみたいです。

人気でいえば、不動を誇るのはやはりサラカル水着。

水からあがった後のヒヤッとした感じが少なくて快適なのが特長です。何より水着に水分が残りにくいので、帰りの荷物も軽くなるという利点があります。

デザインで言うと、フロントチャックのものが人気。通販で扱っている水着は、大抵フロントチャックになっているみたいですね。

このデザインは着脱が楽なので、肩の動きに支障がある人も扱いやすいのが特長です。

水着が濡れていても手早く脱ぐことができるので、身支度の時間を短くすることができます。

まとめ

水着を用意したり、体を拭くタオルなど細々した準備も必要ですが、体に負担がかからない運動というのは魅力的ですよね。

通販でこうした水中ウォーキングにぴったりなフィットネス水着やセパレート水着が人気なのも納得です。

管理人は「水着」というと「遊びに行く」という発想しかなかったのですが(汗)運動から見た水着というのもちょっと注意して見ていこうと思います。

おしゃれ水着&フィットネス水着に関する特集ページもあるので、よかったらこちらも覗いてみてくださいね。

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+