郵便年賀.jpのPRティッシュ

明日から年賀状の配達受付が全国で一斉に始まります。

年賀状は「年賀特別郵便物」という取り扱いになるので、この取り扱い期間に出せば宛先を管轄する配達局で1月1日まで留め置かれ、1日に宛先に届けてくれるという、ご存じ郵便局独自のサービスです。

ニュースによると、今回売り出されている2013年用の年賀はがきは2012年11月1日(木)に発売が開始されていて、販売枚数は12年並みの36億7000万枚が予定されているんだとか。

例年、年賀状離れが指摘されているけれど、個人向けが相変わらず減少傾向なのに対して、近年は企業の宣伝を兼ねたご挨拶用年賀状が増えてるそうですよ。

年賀状もやっぱりネットが手軽?

2012年度の年賀状

郵便年賀.jp(2017年2月現在は「ゆうびん.jp」)では、インターネット通販で年賀はがきを取り扱っています。注文の受け付けは11月1日(火)~12月26日(月)

ネットなので、当然、受付は土日・夜間でもOK。忙しい人にはけっこう便利です。
送料無料で5枚からお届けしてくれますよ。

一部、対応していない郵便番号がありますが、注文時に希望する場所の住所を指定すれば、自宅だけではなく勤め先でも受け取りOKというところが手軽ですよね。お届けの時間帯も、月~土曜日の午前9時~12時、午前12時~19時、夜間19時~21時の3つの時間帯から選ぶことができます。

「デザインから選ぶ方法」、「自分で撮った写真をテンプレートにあてはめる方法」、「自分で作ったデータを入稿する方法」の3パターンから選ぶことができるので、ちょっとオリジナルにこりたい人にも意外と使えそう。10枚から10枚単位で注文することができます。

我が家は「デザインから選ぶ方法」で注文して、宛先のみを自分ちのプリンターで処理することにして自宅に届けてもらったのですが、なかなか手軽でよかったです♪ ちなみにデザインは神戸の夜景。でも、出したのはお正月になってからでした(汗)

2013年度の年賀状

で、今回は近くの郵便局で購入したのですが… 特に予約をしていたわけじゃなく、ふらっと窓口へ行って購入したせいか、1袋3枚セットの取り扱いだったので、ちょっとびっくり。

コンビニみたいに5枚セットのデザインもあるけれど、ほとんどが3枚セットになっているんです。取り扱いがずいぶん少ないんですね。なんか、購入するのがすごく大変。ネットで頼んだほうがよかったかなと、一瞬、後悔(汗)

でも、購入できないと困るので、デザイン混ぜこぜで購入することにしました。

ともあれ、2013年度の年賀状も無事ゲットです。

年賀状、無事確保。次なる問題は、「いつ出す」か

特別郵便物として取り扱う期間としては、郵便局では25日までの投函を呼び掛けています。スムーズな手続きをするうえでの目安なんだとか。

ただ、この辺は厳格に線引きされていないようで、ちょっと曖昧? 2006年ごろの報道では、年賀状の投函は30日がピークだったようです。何かと忙しい年末は、ついつい遅くなっちゃいますもんね。今年は16日に投票まであるわけだし。

ちなみに、特別郵便物として取り扱われると消印が省略されていますが、期間を過ぎると当日付けの消印が押印されるようになります。その期限は1月7日までです。

ただ、年賀状の配達そのものはお年玉くじの抽選日ごろまで続くので、「消印なんか気にしないわ~」という人はのんびり出しちゃっていいんじゃないかな。もともと年賀状はお正月に書くものだったんだし。

というわけで、我が家は2013年度もお正月に書いて出すことになると思います。たぶん(汗)

こんな感じですが、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+