microSDカード

microSDカード

YOGA TABLET8のストレージは16GBとなっています。同レベルのタブレットでは32GBのものがけっこうあるので、比較すると少なめということになります。

でも、YOGA TABLET8にはmicroSDカードスロットが搭載されているので、拡張することが可能。ただ、このスロットがですね…。

YOGA TABLET8は、しっかり入ってしまうとマイクロSDカードが見えない

管理人は、microSDカードをガラケーに使ったり、microSDアダプタに挿してデジカメに使ったりして利用しているのですが、しっかり入れても、どちらも一部飛び出しています。

ガラケーとmicroSDカード

ガラケーのmicroSDカードは、ちょっと出てる

飛び出している部分を爪の先で押して、取り出す、これが普通だと思っていました。

ところが、YOGA TABLET8のmicroSDカードスロットは違うんですね。一度入ると、すっぽり入ってカードが見えなくなってしまいます。

YOGA TABLET8のmicroSDカード

YOGA TABLET8のmicroSDカードは隠れて見えない

わかりにくいけど、入ってます(汗)

ファイル・ブラウザーのアイコンをタップするとわかりますが、「内部ストレージ」の他に「SDカード」の領域が現れています。

ってことは、microSDカードは認識されています。

SDカードを認識している状態

SDカードを認識している状態はこんな感じ

でも、SDカードが見えない…。

YOGA TABLET8のmicroSDカードスロットの開口部

わかりにくいけど、これ、microSDカードが入ってます

後でネット上を探してみると、爪がしっかりしてる人は爪を挿し込んでmicroSDカードの頭を押して取り出すことができるようなのですが…。

管理人の爪は友達から「カエルみたい」などと言われたこともあるほど(カエルにほんとに爪があるのかどうかは別として)丸くて短くてふにゃふにゃな爪で、取り出すことができないのでした。

やばい、なんか壊したかも!!!!

マジでそう思ったので焦りました(汗)週が明けたら、レノボさんに…。

microSDカードが取り出せなくなったので、分解してください。

と、お願いしようと思っていたんです。
でも、なんとか解決したのでメモしておこうと思います。

ダミーのSDカードは救世主

使うのは、これ。付属品として付いている、ダミーのmicroSDカードです。

付属のダミー

タブレットに付属してたダミーのSDカードです

これで、奥に入り込んだmicroSDカードの頭を押してやると…。

出ましたーーーーーーーー!!!!!(涙)

microSDカード救出

microSDカードの救出に成功!

今年、一番うれしかった瞬間なので、出た直後を写真に撮っておきました。

確かにね、最初に見たとき、なんかおかしいなと思ったんですよ。microSDカードスロットにだけこんなものが入ってるんですもんね。MicroUSBポートとか、マイクロホン・イヤホン端子なんて、開口したままで何も入っていないのに。

ダミーが入ってるところ

ダミーって、普通のSDカードより大きいんですね…

ともあれ、動画や音楽を多く入れておきたい人にとっては外部ストレージの容量が使い勝手の決め手となるのですが、その使い勝手が少々心臓に悪いです。

ダミーの代わりに取り出せる道具が他にあればいいんですが、そこは精密機械。もしない場合は…。

ダミーは捨てちゃダメ!

…なのでした。

【関連記事】
YOGA TABLET8レビュー 持ち運び重視か、スタンド視聴重視か
YOGA TABLET8レビュー ユーザー補助に挑戦
YOGA TABLET8レビュー レノボの「電源管理」でさらにバッテリーを節電する
YOGA TABLET8レビュー 電子書籍の読書スタイルを変える?
YOGA TABLET8レビュー 重さを感じさせないデザインは、本当に重くないのか?
>YOGA TABLET8レビュー トラブル発生!マイクロSDカードが出てこない!!
YOGA TABLET8レビュー 画像はいまいち?カメラとビデオ
YOGA TABLET8レビュー タブレットで文章を書くことは楽しめるのか?
YOGA TABLET8レビュー 使いこなしのコツはタブレットの動きに慣れることにあり
YOGA TABLET8レビュー ネット接続までの長い道のり

持って、立てて、倒して 3つのスタイルで楽しめるYOGA TABLET

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます