台風前の雲のようす

台風前の雲のようす

強風で家が揺れる… という話を聞くことがあります。近年、ゲリラ豪雨を伴うような低気圧の場合、強風が発生することがあるみたいですが、そのせいでしょうか?

実は、家は風に対して、多少は揺れるものみたいですよ。建築上でも、風でわずかな変形が発生することを前提に設計されているようです。

なので、きちんと工事されていても、強風で横から力がかかると、壁や床、それに柱をつなぐ部分が動いて揺れを感じることがあるようです。

風に弱いのは、屋根と窓

とはいえ、強風で大きな影響が出ることもあります。被害を受けやすいのは、「屋根」、「窓」、そして「外壁」です。このうち、室内に影響が出るのは、「屋根」と「窓」です。

屋根の形や屋根材によっても風に対する強度が変わってますが、強風の影響を受けやすいのは屋根の端の部分。 そして、屋根の面と面が交わって出っ張った棟の部分です。

瓦が飛散したり、トタン屋根が飛んだりする話をニュースで見かけますが、風速40mで屋根瓦が飛び、60mになると屋根そのものが飛ぶことがあります。

強風が吹く前に、瓦の劣化がないか、ズレなどがないかチェックして対策しておく必要がありますが、家が揺れるほどの強風時にできることは残念ながらありません(汗)

水の被害の場合、建物の上の階にいるほうが安全ですが、風の被害の場合、建物の下の階で奥まった所にいるほうが安全というケースが多いみたいです。

ただ、瓦や屋根が飛ぶ事態になると住宅内にいても危険なので、そんな中でも風の影響が少ない場所、例えばお風呂場やトイレなど、柱が多くて狭い空間に避難するのがおすすめです。毛布やお布団など、身を守るものがあるといいですよ。

台風の場合、雨と風、どちらも影響があるわけですが、状況によってより安全な場所へ移動するのがいいということになります。ラジオなどで最新の情報をチェックしながら判断するのがおすすめです。

建物の下の階で奥まった所で様子を見る→「天井に穴が開いた」「雨漏りが始まった、屋根に何か異変が起きたのかも」というときは、より風の影響が少ない場所へ移動する

(浸水被害が発生した場合、上の階へ逃げることも考えておく)

次に大きな影響があるのは窓です。

特に台風などは風の吹上能力が高いため、室内に風が入ると部屋の内側から外側に向けて、浮き上がるような風圧がかかって建物に大きな影響を与えてしまうことがあります。

万一、窓ガラスが割れて、室内に入り込んだ風の行き場がなくなった場合、天井や屋根を飛ばしてしまう恐れがあるため、窓をすべて開けたほうがいい場合もあるようです。

そうならないためにも、まずは窓の鍵をしっかりとかけて、窓と窓の間に隙間ができないようにします。

万一、飛来物などでガラスが割れても、暴風で窓全体が割れて飛散しないように、防災用のフィルムを窓に貼ったり、応急的に段ボールを窓の内側に貼ったりして対策します。

※窓ガラスの飛散フィルムがあると安心ですが、建築などで使う養生テープを応急的に使ってもいいみたいです。布製のガムテープでもいいのですが、剥がすときがちょっと大変。洗剤を混ぜた水に濡らしながら、カッターナイフのような平たいもので擦り取ります。ただ、大きくカバーするフィルムと違い、テープは部分的なので、貼ることでかえってガラスの強度を弱めるという意見もあるので、この辺はもう少し情報を集めてから判断したほうがよさそうです

こうした対応が間に合わなくても、カーテンをきっちり閉めておくだけでもガラスの飛散はだいぶ違うみたいですよ。

ともあれ、二次被害を出さないためにも強風が吹いている間は窓からできるだけ離れた場所で、ガラスなどが直接飛んでこない場所で過ごすことも大切です。

それからこれも強風が吹く前の対策になりますが、窓のガタツキやひび割れなどがあるときは、早めに修理してメンテナンスしておく必要があります。これは外壁も同じで、ゆるみや接着が甘くなっている所があれば、強風にさらされる前にメンテナンスする必要があります。

このように、日頃のメンテナンスはかなり大切。もちろん、強風にさらされた後は、破損した場所がないか点検することも大切です。

まずは揺れに対して、建築ミスはないか?

建築ミスに関しては、個人で判断する術はほとんどないので、専門家に診断を依頼することになります。

免震構造の建築物は風揺れを発生させやすいことがありますが、そうした免震構造ではなく、周りの家が揺れていないのに自分の家だけが揺れていたり、不安を感じるほどの揺れがある場合は、専門家に依頼するのがいいみたいです。

屋根や2階が重かったり、壁が少なかったり、家の構造として風に揺れやすい条件があるので、こうした場合は強度も含めて相談するといいかもしれません。

家の問題に関する問い合わせ先としては、その家を施工した建築会社や設計事務所(確認申請書などに書かれているようです)が挙げられます。

交渉で問題が発生した場合、自治体の建築指導課などに相談窓口があるようなので、チェックしておくと安心です。

家に影響は出ていない? 強風後のメンテナンス

・外壁にひび割れなどが発生していないか?

ひび割れも0.5mm以上になると、そこから雨水が入り込んで内部を傷めてしまう恐れがあるので、ひび割れが発生していたら修理を検討する必要があります。

・屋根に剥がれが出ていないか?

雨水が入り込んで内部構造を壊してしまうので、剥がれなどの破損が発生したらただちに補修が必要です。

・雨どいに破損はないか?

強風のあと、雨どいが外れてしまっていることがあるようです。雨水を上手く排出できずにあふれた状態が続いていると、雨水が伝ったところから家の構造を腐敗させる原因になることも。

壊れていたら、すぐに修理する必要があります。

・バルコニーやひさしが壊れていないか?

風に飛ばされてきたゴミなどで排水口が詰まっていることがあるようです。今後のためにも、排水口は要チェック。

それから、床材や手すりにすき間がないかも確認する必要があります。そのままにしておくと、家の防水性に影響が出る恐れがあります。

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+