250分の1サイズ!立体版 mini laboデザインのエッフェル塔が登場

ミニラボ エッフェル塔

ミニラボのエッフェル塔が現実の世界に出現!

ミニラボ・ファンミーティングにも、そして3月15日に開催されたベルメゾン勉強会のミニラボコーナーにも展示されていたのが、上の写真に写っているミニラボのエッフェル塔です。

ミニラボ結成10周年記念のアイテムで、実際のエッフェル塔の250分の1サイズ。高さは131cmほどの置物です。

高さがけっこうあるけれど、そんなに邪魔に感じなかったのは、広い会場内にあったからでしょうか…(汗)

お部屋のアクセントとして

管理人などは、「これは一体、何に使うんだろう…」と途方に暮れてしまうのですが、商品ページを見てみると、ガーランドやツタを巻き付けてお部屋のワンポイントにしたり、クリスマスにはイルミネーションを付けてクリスマスツリー風に楽しんだりできるようです。

※ガーランドというのは、花や葉っぱ等をつなげて作られた飾りのことです。保育園のお誕生日会なんかで、三角形の紙をつなげて壁に飾ったりしますよね。あれはフラッグガーランドと言うようです。

しかも、先月に放送されたドラマ、「問題のあるレストラン」にも登場したそうですよ。

ドラマに? どんな場面で? そして、何に使ったんだろう?←謎なのはやっぱりそこ

エッフェル塔だけど、本物のエッフェル塔とは少し違うんです

ミニラボの原画に出てくるエッフェル塔を忠実に再現しているので、実は本物のエッフェル塔とは大分違うんですよ。

例えば、ミニラボのエッフェル塔には旗が翻っています。

象徴でもある旗

イラストと同じ、旗が翻る頂上

そして、バルコニー部分はモコモコと丸みを帯びたデザインに。ここはちょっとした棚のようになっているので、物を置いて飾れるようになっています。

耐荷重量は1kgほどあるようです。

バルコニーデザイン

バルコニーはモコモコデザイン

展示ではlapinちゃんがバルコニーの端にちょこんと載ってるように飾られていました。

オーナメント

オーナメントとして飾られていたlapinちゃん

でもこれ、載ってるんじゃなくて、ぶら下がってるんですね。後から写真を確認したところ、フックにひっかけてあるのを発見。

バルコニーそばのフック

ぶら下がってます

ぶら下がってます。

こんなふうに、ちょっとしたオーナメントや小物をひっかけることができるわけですね。1個のフックの耐荷重量は0.5kgほどです。

ミニラボキャラクターの編みぐるみ

足元を飾っていたシモンくんたち

ミニラボのロゴもちゃんとありますよ。写真ではシモンくんたちでわかりませんが(汗)1階のバルコニー部分にミニラボのロゴが入ったプレートが付いていています。

お部屋にスペースがある人は、一年の四季をミニラボのエッフェル塔と過ごすのもいいかもしれませんね。色はブルーとマスタードの2種類あります。

当ブログでは、特集記事にミニラボに関するお得情報をまとめているので、こちらも参考にしてみてくださいね。

コメント