6月28日の月

7月31日(金)は、ブルームーンです。

月に2回巡ってくる満月のことを「ブルームーン」(Blue moon)と呼ぶのですが、その理由は諸説あって本当のところはわからないようです(汗)

火山の噴火や隕石が原因で、大気中の塵をとおして月が青く見えることも「ブルームーン」というようですが、これはかなりレアな現象みたいですね。でも、どうして両方ともブルームーンというのかは不明。

ともあれ、月2回のブルームーンは数年おきに巡ってくるので、比較的簡単に見ることができます。

最初の月も、次の月もブルームーン

たまに “2回目の月を指して「ブルームーン」という” と解説されることがありますが、これは1946年に発行された天文雑誌「SKY & TELESCOPE」に掲載された記事の間違いがもとになっていて、どちらの月もブルームーンと呼んでいいみたいですよ。

ただし天文学や気象学にはブルームーンという言葉はなく、俗語の1つという扱いになるみたいです。

でも、このブルームーン、青く見える月より比較的見る機会がある… とはいえ、ほどよい時間に程よい満月で見ることができるのは、やっぱりレアなことになるみたいですよ。

もちろん、天気がよくなくては見ることができませんが、さらにレアなことに月食と重なる年もあるようです。

直近のブルームーンと、この後数年のブルームーンの、満月の時刻と月の出の時刻を簡単に調べてみました。

2015年のBlue moon

2015年07月02日 満月 11:19
東京 月の出 18:56
大阪 月の出 19:12

07月31日 満月 19:42
東京 月の出 18:25
大阪 月の出 18:41

2018年のBlue moon

2018年01月02日 満月11:24
東京 月の出 17:00
大阪 月の出 17:20

01月31日 満月 22:26
東京 月の出 16:50
大阪 月の出 17:10 

※01月31日は皆既月食となります。お天気がよければ、部分食の初めから終わりまでを日本全国で見ることができるみたいです。

大阪では、欠け始めが20時48分、皆既始めが21時51分、食の最大が22時29分、皆既終わりが23時07分、食の終わりが00時11分となります。

2018年03月02日 満月 09:51
東京 月の出 17:53
大阪 月の出 18:12

03月31日 満月 21:36
東京 月の出 17:45
大阪 月の出 18:03

2020年のBlue moon

2020年10月02日 満月 06:05
東京 月の出 17:54
大阪 月の出 18:12

10月31日 満月 23:49
東京 月の出 16:50
大阪 月の出 17:09

2023年のBlue moon

2023年8月2日 満月 03:31
東京 月の出 17:59
大阪 月の出 18:14

8月31日 満月 10:31
東京 月の出 17:24
大阪 月の出 17:39

2026年のBlue moon

2026年5月2日 満月 02:23
東京 月の出 12:23
大阪 月の出 12:43

5月31日 満月 17:45
東京 月の出 12:29
大阪 月の出 12:48

管理人は7月2日のブルームーンを見逃しちゃってるので(ちなみに写真は最初の満月を迎える前の6月28日のお月さま)、31日は頑張って2回目のブルームーンを見ようと思います。その前に台風来るけど、31日のお天気は大丈夫かなぁ(汗)

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+