至福のひと時をほおばる プレミアムフレンチトーストの会

今回は、フランスパンを使ったフレンチトーストの作り方を教わりました

この秋冬に、自分のためにつくるおやつとして「なかしましほさんと作った おやつレシピでアレンジもできるパンケーキミックスの会」が登場した2015年フェリシモの秋冬コレクションですが、ちょっと贅沢な雰囲気で自分のためにつくるおやつも紹介されていましたよ。

それは、前回も極上のフレンチトーストを作ってもらったあのコレクション、「至福のひと時をほおばるプレミアムフレンチトーストの会」です。

(参考)3ステップで簡単に本格派!フェリシモのプレミアムフレンチトーストはいかが?

プレミアムフレンチトーストの開発に携わったスタッフさんは、調理師免許を持っていて、さらには料理学校に通って腕を磨いているそうなので、フェリシモのパティシエと勝手に呼ばせていただきますが(笑)

彼の解説するおいしいフレンチトーストのコツはこんな感じ。

・しっかり計量する
・よく混ぜる
・じっくり漬け込む
・焼くときもじっくり時間をかけて弱火で焼く

おいしいフレンチトーストをいただくためには、忍耐と忍耐と技術が必要みたいです。大変ですね。

でも、プレミアムフレンチトーストの会で届けてもらう「フレンチトースト用の漬け込み液」を使えば、好みのパンを20分ほど浸して焼くだけでOK。

誰でもおいしい極上のフレンチトーストができるのです。

フランスパンでもおいしくできるんですよ

前回は普通の食パンを使った作り方だったのですが、今回はちょっと変わってフランスパンを使った楽しみ方を教わりました。

フランスパンを縦半分に切ったものを「フレンチトースト用の漬け込み液」に漬け込みます。

フレンチトースト用の漬け込み液に漬けているところ

フランスパンは縦に切って、フレンチトースト用の漬け込み液に漬けます

アルミホイルなどを上手に使いながら、弱火でじっくり焼き上げていきます。ここはやはり忍耐と技術がちょっとだけ必要みたいですね…。

弱火で焼く

弱火でじっくり焼くのがコツ

そして、おもむろに登場したのが炎。

え? ちょっと待ってください。初心者でもできるんですよね?(汗)

ソテー中

なぜかいきなり炎が(汗)

その炎で調理されているのは、イチジクとバナナ。

あの… それ、初心者でもできるんです… か?(汗)

イチジクやバナナをソテー

イチジクやバナナがソテーされています

そして、カラメルソースと粉糖をかけて、クルミをほどよくパラパラとかけていきます。手際がいいです。さすがパティシエ。

一手間かけてます

カラメルソース、粉糖、クルミをかけています

バニラアイスを添えて、できあがり。市販のアイスでいいそうですよ。

できあがり

アイスを添えてできあがり、残念ながらピントがぼけてます(汗)

途中、少々高度な技が入ってきたようですが…。

・「フレンチトースト用の漬け込み液」を使えば、フランスパンでもおいしくフレンチトーストができる

ということがわかって、よかったです。フランスパンって、かたくて食べにくいけど、これならおいしくいただけますよ。

「至福のひと時をほおばるプレミアムフレンチトーストの会」を取り寄せているという方は、よかったら参考にしてみてくださいね。

リストマーク おいしさの黄金比率でつくる、ふわっふわのフレンチトースト


フェリシモ 至福のひと時をほおばる プレミアムフレンチトーストの会

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます