アドバイザーのイメージ小さな子どもさんが何人かいて、これから卒業式や入学式を何度か予定しているという人は、どうしても体型が変わりやすいもの。

そのことを考えると、ワンピースタイプは体型が多少変わってもカバーしてくれるデザインです。上着で変化を付けることができるので、マンネリ感も防げるのでいいですよね。

注意点は、明るい色合いの服を選ぶ場合。

明るい色合いは写真写りはいいのですが、薄い色合いは膨張して見えるので体型カバーではいまいちになります。ジャケットに濃いめの色を選ぶと、体型をすっきり見せることができます。

着回し重視なら3点、4点セットのスーツがおすすめ

着回し力を重視するなら、3点、4点のアイテムがまとめてセットになったスーツがおすすめ。組み合わせで卒園、卒業だけでなく、入園、入学式にも対応でき、保護者会や授業参観などの学校行事にも対応することができます。

素材やデザインによっては通勤に対応できるものもあるので、コストパフォーマンスを重視する人にもおすすめです。

それからもう一つ、複数アイテムがセットになったスーツの利点は、他のママ友と「被らない」というところがうれしいポイントです。

たとえ同じセットでも、組み合わせが違えば同じ服に見えないところです。

選択する際に注意が必要なスーツは?

反対に、選択する際に注意が必要なのはパンツスカートです。

まだまだ寒い日がある卒業式や入学式のシーズンには重宝するスタイルですが、デザインによってはお尻や太もものラインが強調されてしまう場合があります。

ベルメゾンでは「ももはり」さん向けのお悩み解消スーツがあるので、デザインで選ぶのもありですよ。

スカート丈は膝くらいがスタンダードですが、短すぎると座った時に丈が短くなりすぎたり、屈んだ時にお尻が気になったりすることも。小さな子をつれてお式に出席する場合はちょっと大変なので要注意です。

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+