家具の梱包

大型家具のパーツはデカい分、梱包材もデカいので大変

ソファはそう度々買い替えるものではないので、やはり購入の際には慎重になりますよね。

それなりのお値段だと、それなりの寿命しかなかったり、サイズ感が違うとお部屋に合わなかったり、そもそもお部屋に入らなかったりしてしまうので注意が必要です。

でも、材質や座り心地、サイズ感などは、愛用できるか否かに直接関わってくるので、皆さん細心の注意を払っていると思いますが、意外と搬入時のサービスにまで気を配る人は少ないのではないでしょうか?

例えば、「通常の配送」か、「開梱設置」までしてくれるのか? これ、意外と重要ですよ。

通常の1人配送の場合

管理人も通販でベッドを購入したことがあるのですが、通常は配送の人は1人です。

ベッドだと板状にパーツに分かれているので、えっさえっさと運んで来てくれましたが、玄関先で受け取ればそれで終了です。後は自分で部屋まで運んでいって組み立てないといけません。

ソファの場合、ベッドに比べるとパーツの大きさが変わってくるようですが、大きいものだと配送員の人からお手伝いをお願いされてしまう場合があるようです。

玄関から部屋まで運んだら、梱包を開けて組み立てるのですが、これが意外と大きくて重いので、多分初めて目にした人は気が遠くなると思います(管理人は気が遠くなったので、組みたてる前に、まずはご飯にしました・汗)

家具を設置した後は、包んでいた段ボールや緩衝材の量が意外とあります。

仕分けるのも面倒臭いし、ゴミに出すまで、けっこう場所をとってしまいます。

開梱設置の場合

ソファ通販「CASACASA」(カーサカーサ)の場合、配送員2人体制で運んで来てくれるので、多少大きめサイズになっても、丁寧に取り扱ってもらえます。

お部屋の中まで運んでくれるので、設置したい場所を指示すればOK。必要があれば、先に開梱して運び込むなど、状況に合わせて対応してもらえます。

開梱・組み立て・指定する位置へのセッティンといった作業も、2人体制なら早くすむみたいですよ。

そして、重要なポイントとして、設置した後に出てくる梱包のゴミは持ち帰ってくれるのです。

大きなパーツを包む梱包材ってけっこうかさばりますもんね。これがすぐに片付くのはかなり快適です。

「これまで畳の生活だったけど、フローリングのお部屋に引っ越すからソファを検討したい」という人は、是非チェックしておきたいポイントです。

【関連記事】

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+