この記事は[ホットコット] ブログ村キーワードに参加しています

2016年ホットコット

2016年秋冬シーズンのホットコットが全面的にリニューアル!

ベルメゾンの「あったか冬インナー」といえば、いまや「Hotcott(ホットコット)」というイメージですよね。2011年に発売されて以来、5年間で547万枚を販売している人気アイテムです。

このホットコットが、今秋から全面的にリニューアル。

これまで45%だった綿混紡率を95%にアップしています。

でも綿って、自分で発熱する素材ではないんですよね。それが95%になったからって、ほんとにあたたかいの?というところを大阪で開催された勉強会で教わってきました。

天然素材の綿が95%にアップ! さらにお肌に優しくなっているところが魅力

冬のイメージ秋が深まって、段々寒くなってくるこの季節、あったかインナーが活躍してくれるシーズンですよね。

でも、この季節になると、「なんか、お肌がかゆいなー」ということがありませんか?

千趣会が株式会社マクロミルでアンケートをとったところ、女性のヒートインナーを着ている人で「かゆみ」を経験している人は、3人に1人もいるということがわかったのだとか。

もしかすると、「冬になるとかゆくなる」という人は、あったかインナーが原因になっているのかもしれません。

大抵のあったかインナーはアクリルレーヨンを使った発熱素材に綿をプラスαしているので、静電気が起きやすいのがデメリット。

「乾燥した冬場にパチッとくる嫌なもの」という程度にしか意識していない人がいるかもしれませんが、アオハルクリニックの小栁衣吏子先生によると、衣類の毛羽立ちや静電気による刺激は「かゆみ」の原因になってしまうことがあるそうなので侮れません。

この点、天然素材の綿は肌触りがよく、繊維の先が丸いのでチクチクすることがありません。さらに、人の肌とコットンが摩擦しても、摩擦帯電序列が近いため帯電することがなく、静電気が起きにくいというメリットもあります。

かゆみを感じている人は、できるだけ天然繊維を含んだインナーを選ぶのがいいみたいですよ。

この点、綿混紡率が95%にアップしたホットコットは、かゆみ対策を考えている人にぴったりのインナーと言えそうです。

お肌によくても、ほんとにあたたかいの?

ホットコットの生地

より薄くて軽いから、着膨れせずにすっきり着こなせます

あったかインナーとして肝心なポイントは、やはり「ほんとにあたたかいのか?」というところなのですが、実は天然のコットンには発熱する機能はありません(汗)

あるのは保温する機能です。

コットン繊維の中は中が空洞になっているので、適度な空気の層を持っています。このため、軽くて保温性に優れているんですね。

でも、最近では「発熱綿」というものがあるんですよ。

今年度リニューアルしたホットコットは、天然のコットンに発熱綿を独自配合したオリジナルの「吸湿発熱綿」を使っているので、綿自体があたたかいという特長があります。

ただ、発熱綿は加工した綿なので、綿ならではの肌触りのよさが失われているところが欠点。

この点をコットンの王様とも呼ばれる高品質のスーピマ綿などを使ったオリジナルの糸で、肌触りの良さを落とすことなく、従来の商品に比べると0.8℃もあたたかい新ホットコットになっています。

実際の計測結果の数字だけでなく、1000人を対象にした着用モニターでも、98.1%の人が「従来品よりあたたかい」と回答しているそうですよ。

管理人も展示されているいろんなタイプのホットコットを触らせてもらったのですが、どれもしなやかな手触りで気持ちよかったです♪

とはいえ、コットンの中でも最高グレードのスーピマ綿を使っているなんて、お値段も高くなるのかな? という点が気になるところですよね(笑)

ベルメゾンでは原材料の選定から生産地・供給元まですべてを自社で管理するSPA型商品開発という方法をとっているので、価格は税込でも1枚990円(税込)、キッズは790円(税込)とかなりのプチプライス。

メンズ、レディース、キッズ、産後用の全38タイプが登場して、家族で選びやすくなっているのも特長です。

ポリウレタンが5%ほど入っていて、フィット感があって動きやすいので、お父さんの仕事着のインとしても活躍してくれそうですよ。

ヒートインナーでも、あたたかくて着心地がいいものを探している人は要チェックです。

ホットコットはまとめ買いがお得!

ホットコットは、2枚購入でそれぞれの本体価格より5%OFF、3枚以上の購入でそれぞれの本体価格より10%OFFと、まとめ買いするほうがお得になっています。

シーズン中の洗い替えを考えている人や、家族であったかインナーを揃えたい人は要チェックのキャンペーンです。

※綿100%シリーズやパジャマは対象外なので、この点は要注意

当ブログでは、特集記事にインナー、パジャマに関するお得情報をまとめているので、こちらも参考にしてみてくださいね。

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます