ふんわりとろけるシリーズ

2016年秋冬デビュー、ふんわりとろけるシリーズ

ここ数年、ベルメゾンでは「とろける」シリーズのファブリックが人気です。

超極細マイクロファイバー繊維なので、やさしい触り心地が魅力。触り心地のよさだけではなく、マイクロファイバーの繊維の間にあたたかな空気の層を作るので、とてもあたたかいのが特長です。

一般的な綿カバーのお布団ではちょっと寒いのでアンカみたいな暖房器具を使っているという人はおすすめですよ。

ベルメゾンが発表している10月30日週の売れ筋ランキングでも、「とろけるような掛け布団カバー」が第2位にランクインしているわけですが、2016年秋冬シーズンはさらにワンランク上の「ふんわりとろけるような」アイテムが登場しています。

大阪で開催された勉強会で実物を見ることができたので、この記事では注目のアイテムをご紹介します。

どこが違う? 「ふんわりとろけるような」シリーズの特徴

「ふんわりとろけるような」シリーズでは超極細マイクロファイバーが使われていますが、「ふんわりとろけるような」シリーズでは、極細マイクロファイバーにレーヨンをブレンドしています。

レーヨンといえば、シルクに似た光沢と手触りが特長。吸湿性がよく、からだに沿ってきれいに流れてくれるドレープ性にも優れています。

心地いい肌触りに、軽さとやわらかさがプラスされて、使い心地が格段にアップしています。

こうしたマイクロファイバー製品は、パチパチと静電気が起きやすいのですが、「ふんわりとろけるような」シリーズでは静電気防止糸を編み込んであるので、パチパチしにくいところも魅力なんですよ。

さらに吸湿発熱糸を編み込んであるので、ぬくもりも快適さもワンランクアップしているところも要注目です。

ふんわりとろける体験中

管理人も体験してみました♪

というわけで、一式全部「ふんわりとろけるような」シリーズにして寝ると、こんな感じになります。手を出してますが、引っ込めてぬくぬくしてるとマジで寝てしまいそうになりますよ(汗)

ジーンズにトレーナーという服装でもぐりこんだのですが、ふんわりと包まれている感じがすごいです。

十分あたたかいので、軽めのパジャマでこの中に入れば暖房器具もほとんど必要なく、ほんとに快適に眠ることができそうです。

ふんわりとろけるような枕カバー2枚セット

ふんわりとろける枕カバー

お手ごろ価格でふんわり感が試せる枕カバー

枕カバーは顔に当たるものなので、小さくても心地よさを実感することができるアイテムです。

それなりの大きさがある布団カバー類はちょっとしたお値段になってしまうのですが、枕カバーはそこそこの価格で手に入るので、「まずはちょっと体験してみたい」という人にはおすすめですよ。

リストマーク とろける肌ざわりで、ぐっすり眠れる枕カバー。

とろけるような枕カバー2枚セット

ふんわりとろけるような掛け布団カバー

ふんわりとろける掛け布団カバー

ぬくぬくアイテム、掛け布団カバー

こちらも、展示されていたブルーは完売となっている人気アイテムです。

他にもアイボリー、ベージュといったカラー展開がありますが、再入荷待ちか12月中旬に入荷予定という状態。

「とろけるような」シリーズでは、今季でも6種類のカラーバリエーションがあって、枕や敷布団カバーと自由にコーディネートできるのに比べ、「ふんわりとkろけるような」シリーズはあえて3種類の落ち着いた色合いに抑えられています。

完売してしまっていますが、「ブルー」なんて冬物アイテムではちょっと珍しい色ですよね。これは青色の「やすらぎ」効果を重視しているからです。

心理的にいうと、青色は気分を落ち着かせたり睡眠を促したりする色なんですね。

「青」といってもグレーがかった落ち着いた色合いなので、意外と「寒そう」という印象はなく、肌触りのよさもあってちょっと高級な感じがしていました。

リストマーク とろける肌ざわりの掛け布団カバーで、朝までぐっすり。

とろけるような掛け布団カバー

ふんわりとろけるようなくり襟タイプのロング毛布

ふんわりとろけるようなくり襟タイプのロング毛布

肩口をあたたかく過ごしたい人におすすめ

こちらはアイボリーが完売、その他の色も12月中旬に入荷予定ということなので、実際に手に入るのは少し先になる商品です。

分厚いお布団をかけても、「すき間ができてスースーして寒い」というとき、このアイテムが活躍してくれますよ。

襟元がくり抜いてあるので、肩まですっぽりと覆うことができる、昔よく利用された掻巻(かいまき)のような機能があるのです。

冷えがちな肩も、これなら冷気をシャットアウトしてあたたかく眠ることができますよね。

足元も、くるっと巻きこんで眠ることができるように、約230cmと通常よりも丈が長くなっています。

背の高い男性は、「普通の寝具だと足が出てしまう」というお悩みがあるようですが、この「くり襟タイプのロング毛布」なら大丈夫。

いつもの寝具にプラスαして使うことができるところもおすすめです。

リストマーク 2018年秋冬はハーフ、シングル、ダブル、シングルロングとそろってます

とろけるような毛布

ふんわりとろけるようなボックスシーツ

ふんわりとろけるようなボックスシーツ

敷カバーも「ふんわりとろける」シリーズにすると、超快適に

こちらもブルー、アイボリー、ベージュ全てのカラーが再入荷待ちか12月中旬に入荷予定となっている商品です。

掛け布団を購入するなら、やはり敷布団も「ふんわりとろけるような」シリーズで揃えるのがおすすめなんですよね。

なぜなら、心地いいプレミアムな肌触りにはさまれていると、ものすごく快適だから(笑)

管理人も勉強会で、実際に「ふんわりとろけるような」シリーズ一式でそろった寝具に横になってみたのですが、ほんとにふんわりしとして気持ちよく、「もうこのまま寝てもいいですか?」という感じだったんですよね。

ベッドなどで、マットレスを使っている人は、やはりボックスタイプのシーツがすっきりと覆うことができるのできれいです。

リストマーク 掛け替え簡単!とろける肌ざわりのボックスシーツ。

とろけるようなボックスシーツ

ふんわりとろけるような敷布団カバー

そして、お布団を利用している人なら敷布団カバーがおすすめ。

こちらはシングルの他に、セミダブルやダブルといったサイズから選ぶことができるようになっているのですが、セミダブルやダブルといった大きめサイズに売り切れが出始めているようです。

その他のものも、再入荷待ちか12月中旬に入荷予定なので、実際に手に入れるには少し先になってしまうアイテムです。

リストマーク ひんやりしない、とろける肌ざわりの敷布団カバー。

とろけるような敷布団カバー

当ブログでは、特集記事に寝具・布団・ベッドに関するお得情報をまとめているので、こちらも参考にしてみてくださいね。

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます