はちみつまぶして作ったお塩の石けん

2tの力でギューッと作られる「はちみつまぶして作ったお塩の石けん」

先日、泡立て体験をさせてもらった「はちみつまぶして作ったお塩の石けん」をモニターする機会をいただきました。

水や熱を加えず、2tの圧力で作る硬いせっけんなので、石けんの中に水が入りにくいのが特長です。

なので、風呂場に置いておいてもOK、しかもネットに入れたままでもOKというお話だったので、素直にネットに入れたまま、お風呂場に置きっぱなしで使ってみました。

その結果がこちら。じゃーん。

湿気の多いお風呂場に置きっぱなしでも、ほんとに崩れない!

(画像をクリックすると、もう少し大きな画像で見ることができます。戻るときは、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

上の2枚はパッケージから出してラッピングをはいだところ。真ん中の2枚は、1カ月ほど使い続けたところ。下の2枚は1カ月後の石けんを使った直後の様子です。

ネットに入れっぱなしだったのでネットの網目のあとがついていますが、角が少し丸くなったかな? という程度。ほんとに石けんに変化がありません。すごいコスパのよさです(汗)

オレンジ色の粒々したのはアスタキサンチンということですが、1カ月使っても、まだまだいっぱい見えてますよ。

使い始めはこんな感じ

(画像をクリックすると、もう少し大きな画像で見ることができます。戻るときは、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

開けた時はこんな感じで、ラッピングされた石けんがネットに入って箱に納められています。

ぴっちりしたラッピングですが、石けんの裏に貼ってあるシールをめくると、ラッピングに穴が開くので、きれいに取ることができますよ。

ラッピングのはがし方

石けん裏に貼ってあるシールをはがせば簡単にラッピングを取ることができます

出してみると、こんな感じ♪

え? ラッピングしてるのと変わりなく見える? でもこれで外してるんですよ!(汗)

ラッピング外したところ

わかりにくいかもしれないけど、ラッピングを外しています

2tの力で押し固めているので「硬い」というだけあって、見るからに硬そうな石けんですよね。

発泡剤が入っていないので、そのままでは泡立ちにくいですが、泡立てネットで泡立てれば全然問題なく泡立ちますよ。

現在、初回セットには吸盤付きの大きめネットがプレゼントで付いてくるキャンペーン中だけど、付属の小さなネットでも全然不自由なく1カ月使うことができました。

(画像をクリックすると、もう少し大きな画像で見ることができます。戻るときは、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

大きめネットに比べて、長さがほぼ同じだからかな?

もちろん、プリーツがあって幅も広めに作られている、プレゼントの大きめネットのほうがずっと泡立てやすいんですけどね。

泡立てネットのプレゼントは1人1個、初めて「はちみつまぶして~」の石けんを購入する人限定でプレゼントされるものですが、これならプレゼント終了しても使い勝手は大丈夫そうですよ(笑)

おすすめの使い方は、泡パック♪

パウダー状の塩

石けんに使われているお塩はサラサラのパウダー状

20%もの高濃度のお塩が配合されている石けんですが、お肌には特に刺激はなく、しみたりピリピリしたりすることはありません。

洗い上がりはすっきり汚れが落ちてる感じで、しっとりしつつも、ツルッとした感じがします。

このツルッと感はプルミエグランでも感じたんだけど、塩石けんならではかな?

「はちみつまぶして~」の石けんは使われている塩がパウダー状になっているせいか、それほど乾燥を感じることはありませんでした。

ただ、泡パックをすると、口の周りや鼻の頭に乾燥した感じがあったかな。

…泡パック?

そう、「はちみつまぶして作ったお塩の石けん」で管理人がちょっと気に入った使い方が、泡パックなのです♪

(画像をクリックすると、もう少し大きな画像で見ることができます。戻るときは、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

水を少なめにしてしっかり泡立てると、左の写真のようにかなり硬めの泡になってくれます。

ネットに石けんを入れて10回ほどゴシゴシして、後はネットから石けんを外してゴシゴシしていくだけなので簡単ですよ。

これを顔の上にパックするようにのっけるだけです。

「はちみつまぶして~」の石けんはシンプルレシピですが、美容成分が配合されてますもんね。

高い抗酸化作用が美容成分として注目されている「アスタキサンチン」の他、お肌の潤いをキープしてくれる「ヒアルロン酸」や「はちみつ」が入ってるわけですから、ただ汚れを落として洗い流しちゃうのはもったいない!(笑)

というわけで、たまに泡パックして1分ほど置くのがお気に入りです。

お風呂だと水分が多いので、もう少しゆるめの泡になったりもしますが、目を開けなければ全然OK。たれてきても目にしみたりすることはありません。

で、泡パックしているその間は、首やデコルテ、腕や脇くらいまでなら残りの泡をのばすことができるので、時間の無駄もありませんよ。

泡をのっけて置いておくだけでも、メガネの鼻パッドのあたりにできるベタっとした所もすっきり落ちてるし、ほんとこれ、ちょっといいです。

泡パックをやった後は、口の周りや鼻の頭に乾燥を感じるけれど、化粧水でケアすればOK。普通に泡立てて汚れを落とすだけなら、そんなに乾燥を感じることもありません。

「はちみつまぶして~」の石けんは普通の石けんと同じ感覚で使えるので、というか湿気で崩れない分、さらに使いやすいので、「塩洗顔をするのは初めて」という人にもおすすめですよ。

【関連記事】

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます