この記事は、[神戸フランツ] ブログ村キーワードに参加しています

神戸苺トリュフ

女性向けギフトの鉄板チョコ、神戸フランツの「神戸苺トリュフ」

フリーズドライのいちごにホワイトチョコがかかったお菓子ってよく見かけますよね。

でも、ホワイトチョコの甘みが強かったり、フリーズドライのいちごがいまいちだったりすることがあるので、どこがおいしいメーカーなのか覚えておかないと、意外と選ぶのが難しいお菓子だったりします。

女性にプレゼントして喜んでもらうなら、見た目はもちろん味わいも重要! 毎年10万箱以上を販売している、神戸フランツの「神戸苺トリュフ」はおすすめですよ。

神戸フランツ「神戸苺トリュフ」のおすすめポイント

割ってみた

きれいな色をしたフリーズドライいちごが入ってます

程よく酸味のきいたフリーズドライのいちごに、独自技術で開発されたミルク感たっぷりの滑らかなホワイトチョコレートでコーティングされたトリュフチョコです。

フリーズドライのいちごは新鮮ないちごを使っているだけあって、香りがよくて色もきれい。程よい酸味のきいた味わいで、サクサク感がしっかりあるので食べ応えがあります。

苺本来のおいしさが楽しめるので、苺好きな人への贈り物におすすめです。

コーティングされているホワイトチョコは神戸フランツのプレミアムチョコレート。甘さは控えめです。どことなく高級感があるんですけど、ブースのスタッフさんのお話では香料もフランスのものを使っているということだったので、そのせいかな?

コクがあるのにしつこさは全然ないので、いくつでも食べることができちゃうんですよ。ある意味、危険なスイーツです(笑)

神戸苺トリュフの外見

一見、真っ白なトリュフチョコです

パッと見では中に何か入っているのかわからないので、ホワイトチョコと思って食べると本格的な苺の酸味にびっくり。

「何これ、おいしい!」と、喜んでもらえること請け合いです。

ショップサイトでは「『苺ミルク』の懐かしい味わい」と紹介されていますが、練乳っぽい甘みのきいた味を想像していると少し違うかも。

大人の味わいの本格チョコが楽しめますよ。

手渡しプレゼントにおすすめ

パッケージ

フランツのオリジナルBOXなのでおしゃれ

パッケージは、フランツオリジナルBOXです。港町神戸にぴったりの、イカリのマークのフランツロゴが雰囲気ありますよね。

宝石箱を思わせるようなかなりしっかりした箱で、黒いタグのついた真っ赤なゴムで留めてあります。

箱サイズは縦100mm×横100mm×高さ60mmくらいなので、手にとってみると、「ちょっと小さいかな?」という気がするかもしれません。でもこれ、実はちょうどトートバッグにぴったり入るサイズなんですよ。

実際に入れてみると、こんな感じ。カバンの中には、縦に2つ重ねて入っています。

神戸苺トリュフのパッケージ

カバンの中に無理なく入るサイズ感

ショップサイトで購入するとオリジナルショッパー(手提げ袋)を付けてもらうことができますが、ショッパーに入れてもそれほど嵩張ることはないんじゃないかな?

いつものカバンから、さり気なく出してプレゼントすれば、ちょっとしたサプライズを演出することができますよ。

展示ブースのスタッフの方のお話では、昨年度はバレンタインやホワイトデーの贈り物としても大人気だったのだとか。

これからの季節は、クリスマスプレゼントにぴったりですよね。

神戸フランツのバレンタインシーズンは2月10日~2月14日。ぎりぎりになると完売してしまったり、天候や交通の状態によっては配送が遅れることもあるようです。

確実にバレンタインに利用したい!という人は、予定している日よりも早めに受け取れるように注文するのがおすすめですよ。

実際にいただいてみました

オリジナルBOX

箱には神戸フランツのロゴが入ってます

お土産にいただいたので、帰ってからじっくりと味わってみました。

(画像をクリックすると、もう少し大きな画像で見ることができます。戻るときはブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

箱の中もとってもおしゃれ。中袋は窓が開いていて、中のチョコが見えています。船の窓のようなデザインがプリントされていておしゃれですよね。

中身に対して中袋がずいぶん長く見えますが、食べ残したときにクルクルと巻いて、テープなどで留めておけば、ちょっとの間なら置いておけるようになってます♪

神戸苺トリュフ

いちご1個まるごと入っているので、けっこう大きい

いちごが1個まるごとゴロンと使われているので、手のひらにのせてみるとけっこう大きいですよね。

冷蔵庫に入れてたりすると、「硬くて歯が立たない!(汗)」という状態になりますが、1時間ほど常温に置いておけば、食べやすい程よい硬さになってくれます。

チョコの味わいや香りのことも考えると、冷やしすぎるより常温でいただくほうがおいしいですよ。

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます