ふんわりとろける枕カバー

とろけるシリーズはファブリックが多し

2016年秋冬は「ふんわりとろける」シリーズも登場して、ますますその勢力を増しているベルメゾンの「とろける」シリーズですが、これまでその多くはファブリック製品が主でした。

つまり、インテリア系なので、ちょっとお値段がするんですよね(汗)

「でも気になるなー、どんな感じでとろけるのか試してみたいなー」という人にとって、今年度は要注目。家の中や外出先で楽しめる、新しい「とろける」シリーズが次々と登場しているんですよ。

この記事では、リビングでとろけるアイテムを中心にご紹介します。

・ベルメゾンのとろけるシリーズを味わう!リビングでより身近にとろけるアイテム2点(この記事です)
超プライベート空間「トイレ」の中でとろけるアイテム3点(別記事に掲載)
外出するときの寒さ対策に手放せないとろけるネックウォーマー(別記事に掲載

ごろ寝空間をとろける空間にしてくれる「とろけるようなごろ寝マット」

「とろけるようなこたつ厚敷布団」、「とろけるようなごろ寝マット」

お部屋でとろけるアイテム2点

リビングでとろけるおすすめアイテムは「とろけるようなごろ寝マット」と「とろけるようなルームシューズ」の2つ。写真は、「とろけるようなごろ寝マット」です。

ごろ寝が好きな方には「とろけるようなごろ寝マット」はおすすめですよ。

もちろん、管理人も実際に寝転んで確かめてみました(笑)

(画像をクリックすると、もう少し大きな画像で見ることができます。戻るときはブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

寝転んでみると、こんな感じ。展示されていたのは通常サイズの約65cm×180cmですが、特に狭さを感じることもなく意外と快適です。もう少し大きなものがいいという人には、ワイドの約80cm×180cmもありますよ。

プーさんの座椅子もごろ寝マットになってしまうほど、ごろ寝マット押しで種類が豊富なベルメゾンですが、肌触りのよさでいうと、やはり「とろける」シリーズがふわふわで気持ちいいですね♪

これからの季節は、上にちょっとかけるものがあればOK。枕がなくても快適ですよ、これ。

(画像をクリックすると、もう少し大きな画像で見ることができます。戻るときはブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

マットにはヒモがついているので、収納する際はクルクル巻いてひもを結べばOK。けっこうボリューム感のあるマットなのですが、所々凸凹しているので、けっこうきれいに丸くまとまってくれます。

ちなみにごろ寝マットの下にあるのは、「とろけるようなこたつ厚敷布団」。こちらは大物ファブリックなので1万円前後するアイテムです(汗)

残念ながら11月16日現在、完売してしまったので、気になる人は来季にチェックしてみてくださいね。

とろけるようなこたつ厚敷布団

かなりたっぷりした厚みの「こたつ敷布団」

このたっぷりの厚みとふわふわの手触りは最高。サイズも、約190×190cm、約190×230cm、約190×260cm、約230×230cm、約230×270cm、約230×300cmとバリエーションがあります。(※2016年バージョンのサイズ展開です)

ただし、注意点として洗濯に少し難があるようです。

というのも、これだけの大きさがあるので、洗濯機で洗うことができないことに加え、クリーニングも不可なんですね(汗)

コインランドリーに持っていくか、お風呂場やベランダのような場所で手洗いするしかないので、小さな子がいるお家だとお手入れがちょっと大変かも。

でも、それほど汚す心配がない人は、こたつで気軽にとろける体験ができるのでおすすめですよ。

リストマーク どこでもぬくぬくごろ寝

とろけるようなごろ寝マット

足元をとろける空間にしてくれる「とろけるようなルームシューズ」

「とろけるようなルームシューズ」

脱ぎ履きしやすいスリッパタイプのルームシューズ

もっと気軽にとろける体験ができるアイテムとして選ぶなら、こちらがおすすめ。「とろけるようなこたつ厚敷布団」のそばに揃えてある、「とろけるようなルームシューズ」です。

(画像をクリックすると、もう少し大きな画像で見ることができます。戻るときはブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

「ルームシューズ」という名前ですが、脱ぎ履きしやすいスリッパタイプ。中敷きの芯材には低反発ウレタンが入っているので、とろけるような肌触りと相まってとても気持ちのよいルームシューズです。

つま先も躓きにくいように、反りかえった形をしています。

ルームシューズのつま先

つま先は少し反りかえった形状をしています

ただ、大きさは少し小さめになるようです。

ショップサイトの口コミにもありますが、管理人(22.5cm)でMがぴったりかなーと思ったサイズ感なので、それ以上の足サイズの方はLサイズを選ぶのがよさそうです。

でも、このスリッパ、手洗いが可能なんですよね。普通のスリッパだと芯材に紙が使われているので洗濯することができないものが多いのですが、この点はちょっとポイントが高いですよ。

なので、活躍するのはお部屋だけにとどまらないようです。次の記事では、もう一つのおすすめ空間をご紹介します。

リストマーク ぬっくぬく、足先まで甘やかそう。

とろけるようなルームシューズ

【関連記事】

当ブログでは、特集記事にベルメゾンのカーテン・ラグ・ソファーカバーのお得情報をまとめているので、こちらも参考にしてみてくださいね。

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます