この記事は、[箸] ブログ村キーワードに参加しています

お箸とご飯

お箸の所作は食事のうえでも大切なマナー

お箸をきれいに持てる人ってすてきですよね。

お箸の所作の美しさは、「ご両親のしつけがいきとどいているんだな」と感じさせるものですが、そのためには自分に合ったお箸を選ぶのも大切なポイントになります。

子供にお箸の持ち方を教える場合も、持ちにくいお箸では正しい持ち方を覚えるのも大変。その子に合ったサイズのお箸を選ぶのがおすすめですよ。

ベルメゾンデイズの「おいしく食べる箸」は、この辺の使い勝手をかなり考えたお箸になっているようです。

どの大きさがいい? お箸のサイズ

ベルメゾンデイズの「おいしく食べる箸」

ベルメゾンデイズの「おいしく食べる箸」は男性用、女性用、子供用の3タイプ

自分に合うお箸としてまず思い浮かぶのはお箸のサイズですよね。

日本のお箸は男物と女物でサイズが違いますが、こんな区別はナイフやフォークにはありません。日本のお箸ならではの問題と言えますが、使いやすいお箸のサイズは、男性で23cmくらい、女性で21cmくらいと言われています。

これは江戸時代に生まれた「決まり寸法」がもとになっていて、人差し指と親指を直角にして、人差し指の先と親指の先を結んだ長さを一咫(ひとあた)といい、この1.5倍がその人にとってちょうどいいお箸のサイズとされています。

でもこれは当時の身長と手の大きさが基準なので、当時と体格がかなり違う現在は大体の目安と考えるのがいいみたいで、実際に持ってみて「使いやすい」と感じたお箸がベストです。

新しくお箸を購入する場合は、今使っている使いやすいお箸のサイズをもとに選ぶと選びやすくなりますよ。

ベルメゾンデイズの男性用のお箸は約24cm、女性用のお箸は約22cmなので、目安から言うと1cmほど長め。でもこれも実際に使ってみて、「使いやすい」という声を集めた結果の数字になるようです。

ちなみに、子供の場合はこんな感じの目安になります。

【子供用のお箸の目安】
2歳 お箸の長さ 13cm (身長100cm以下)
2~4歳 お箸の長さ 14cm
5~6歳 お箸の長さ 16cm
7~9歳 お箸の長さ 18cm

ベルメゾンデイズの子ども用のお箸は約18cmなので、7~9歳くらいが目安になるみたいです。

意外と重要、箸先の形

先細箸

先細箸は魚の小骨も取り除きやすい箸先です

きちんとした持ち方をしていても、箸先が開いてしまうような丸いお箸だと、小さなものを挟むのは難しいもの。麺類を食べるときに、滑り止めの工夫がされていない塗り箸では食べることができません。

使いやすいお箸として、自分に合ったサイズという他に、「挟みやすい」、「滑らない」といったポイントも重要になります。

ベルメゾンデイズのお箸は「先細箸」です。

箸先が多少太くても、使い勝手にそれほど影響しないんじゃない? と思うかもしれませんが、この部分は意外と重要なんですよ。

箸先が細ければ小さな面積に適度な力をかけることができるので、箸先をぴったり合わせることで滑り止めの加工がなくても素材をしっかり挟むことができるのです。

昔から正しい箸さばきができている目安として、「箸先五分、長くて一寸」なんてことを言いますよね。

これは今の長さで言うと、大体1.5~3cmくらい。現在はもう少しゆるくなって、4cmまででもOKと言われているみたいですが、お箸の使い方では、箸先を汚さずに食べることがよいとされています。

これを実践するには安定した箸さばきが必要。先が細くなっているお箸なら、小さなものでも摘みやすいので、箸を汚さずに魚の小骨もきれいに取ることができます。

ベルメゾンデイズのお箸は、箸先の細さも人によって使いやすいように、男性用は約2mm、女性用は約1.5mm、子供用は小さな手でも扱いやすいように2.5mmになっています。

木製なのに先が細いお箸「積層箸」

箸先

木製だけど箸先が細い、積層箸

こんなふうに使いやすさで定評がある先細箸ですが、素材でいうと竹製のものが多いんですよね。これは、竹の繊維が密で縦方向の力に強いから。竹自体にも「しなり」があるので丈夫なのです。

木製やプラスチックのお箸だと、箸先を細くすると強度が足りなくて折れてしまいます。

ただ、竹箸って軽いんですよね…。

これはメリットでもあるのですが、管理人が以前購入した竹製の先細箸は、お箸が軽過ぎて使いにくく、引き出しにしまいこんでいます(汗)

箸先が細くても握りが細かったりすると、軽さがいまいち手に合わないみたいです。

この点、ベルメゾンデイズのお箸の素材は、木質が均一な北海道の樺の木が使われているためか、持ってみても適度な重さがあって扱いやすかったです。

樺の木は反りや狂いが少ないので、家具材やフローリングなどの内装材、ドアなどの建具に利用されることが多い木材ですけど… 木製なんですよね。

木製って箸先を細くすると弱いんじゃなかったっけ?

もちろん、ただの木製だと強度が足りなくてお箸の先を細くすることはできないのですが、しっかりした細さになっているのは「積層箸」だからです。

積層箸って何? どんな魅力があるの?

積層箸

積層箸は耐久性と耐水性に優れています

積層材(集成材)というのは、数ミリほどの薄い板状の木片を複数貼り合わせたものを言います。繊維の方向を交互に重ねた合板と違い、同一方向に重ねているのが特徴です。

合板は面として強度がありますが、積層材は縦の方向に強度を発揮してくれるので、お箸にぴったりの素材なのです。

ただ、耐水性の低い接着剤で張り合わせてあるだけだと、水が入ったとたん木片がてんでに膨張して反り返ってしまうので、二度と使えなくなってしまいます。

積層箸に使われる積層材は圧縮加工しているので、耐久性と耐水性に優れているのが特長。

一般的なお箸だと、反りや狂いを起こす原因になるので食器洗浄機不可ですが、積層箸なら食器洗浄機OKというのも耐久性と耐水性に優れているからです。

この他、耐水性に優れていることで、こんなメリットもあるんですよ。

積層箸は水を吸収しないので、箸先も毛羽立ちにくい

塗り箸が古くなってくると、先っぽが毛羽立ってきて白っぽくなりますが、これは塗りが剥げて木に含まれている油分が抜けてしまったから。漆の場合、長く使うためには、木地を傷める前に塗り直しをする必要があります。

塗りがないものであれば、表面がざらついている場合はサンドペーパーで仕上げて、ティッシュや布に食用の油を付けて、何回かに分けて塗り込むお手入れが必要になります。

この点、積層箸は水が入り込みにくいので毛羽立ちにくく、変色も少ないのが特長です。

木の材質そのものが楽しめる

積層箸はいろいろな色を付けることができるのですが、色は塗り箸のように表面をコーティングするのではなく、材料自体に色をつけて作られます。

なので、塗り箸のように使っているうちに箸先の色が落ちてきた… なんてことが起こりません。

「おいしく食べる箸」のカラーバリエーションは、墨色、朱色、木肌色と落ち着いた色合いなので、長く楽しめそうですよね。

お箸は毎日、直接口にするものだから、「塗り箸よりも素材感のあるシンプルなものがいいな」という人は要注目のお箸です。

リストマーク 7月9日現在、6%~16%OFFで値下げ中!

おいしく食べる箸[日本製]

【関連記事】

当ブログでは、特集記事にベルメゾンのキッチングッズのお得情報をまとめているので、こちらも参考にしてみてくださいね。

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます