バイオフライス フェミニン キュートなプルオーバー

(2018年サマーセールに再び登場!)

ここから記事本文

7月5日のTSVは、今シーズン初出しのバリュープライス、TSV価格で登場のコットンファクトリーです。

オンエアは3回しかないので、気になる人はネットなどから在庫を確認して、早めの検討がおすすめですよ。

樋口さんの「バイオフライス」って何?

樋口繊維工業株式会社のオリジナルブランドの一つ、「コットンファクトリー」の夏を代表する素材です。

強い撚りをかけた「強撚の綿」を使うのですが、コットンファクトリーのバイオフライスの場合、1mの中で1380回転を入れるそうですよ。

強撚糸には2000回転とか3000回転のものもあるみたいなので、そういうのに比べると、「強撚」といってもそれほどギュウギュウと撚っているわけではないみたいですね。

それでも回転を入れることで縮みが出るので、ゆっくりと糸を伸ばしながら編む必要があるため、特殊な機械が必要になります。

ちなみに、バイオフライスを作る織機は本商品の生地メーカーに2台しかなく、1日に6反しか編み立てができないそうですよ。

編み上がった生地は、そのままではざらっとした質感ですが、さらに洗い加工の一つである「バイオ加工」を加えることで、ふわっとやわらかな感触に仕上げられたのが、コットンファクトリーのバイオフライスになります。

コットン100%なのに、しっかりしたストレッチ性があり、きめ細かなシャリっとした感触が特徴で、強撚の綿ならではのドレッシーな落ち感が楽しめます。

触れた時にひんやりとした感覚のある接触冷感により、涼やかな着心地も魅力。

汗をかいてもすっと吸ってくれるので肌離れがよく、生地が肌に張り付かないのでボディーラインを拾わないところも人気の秘密です。

洗濯は手洗いが可能。樋口さんによると、リピーターの方からは、「樋口さんの製品の中ではお手入れが楽なほう」という声があるそうなので、初めて樋口繊維工業のブランドを利用する人は、コットンファクトリーのバイオフライスから試してみるのがいいかもしれません。

吸水性がいいので洗う時は生地がかたくなるようですが、平干しで陰干しをすると、もとの手触りに戻りますよ。

2017年バージョンのデザインの特徴

2017年のプルオーバーは、襟元から袖にかけて女性らしいシルエットを作る工夫が詰まっています。

袖と身頃を縫い付ける袖付け部分がなく、袖の先にはギャザーを寄せることで倍の分量の生地をとっているので、なで肩でも肩が張った人でも、それぞれの肩に自然に馴染んでくれるシルエット。

さらに、襟ぐりのツケの所は1.6cm、深い中心の所は2.5cm、袖口は1.5cmと、襟ぐりの太さと袖口の太さを変えているので、袖を華奢に見せるデザインになっています。

0時台の動き

それぞれのカラーで、小さいサイズの35、大きいサイズの46から残りわずかやウェイトリストのサインがつき始めています。

中でも、オーシャンとマリーイエローはすべてのサイズで半数以下というインフォメーションがありました。

放送も全部で3回という少なめの用意数みたいなので、気になるカラーがある人は早めの検討がおすすめです。

■内容
バイオフライス フェミニン キュートなプルオーバー
メーカー等希望小売価格15,120円(税込)→2017年7月6日限りのTSV価格8,989円(税込)

■カラー
オフホワイト、マリーイエロー【新色】、カクテルピンク、オーシャン、ミッドナイトネイビー、スミクロ

■サイズ(号数目安)
36(7号)、38(9号)、40(11号)、42(13号)、44(15号)、46(17号)

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます