QVCジャパン

7月19日のTSVは、さまざまな場所でハワイのある生活を提案する「キャシーマム」のハーフケットがQVC先行販売で登場です。

ちなみに、ハーフケットがTSVになるのは3回目みたいですよ。

今回はキルトによく使うハワイの代表的なお花がデザインされていて、これまでの肉厚な無撚糸を使ったシャーリング加工ではなく、暑い季節にぴったりの薄手で乾きやすい生地を採用しているのが特徴です。

応用範囲の広いハーフケット

サイズは約90×140cmですが、この大きさが絶妙。タオルケットだと洗濯も大変ですが、洗う時も手間にならない大きさです。

大きめのバスタオルとして、ビーチタオルとして、ソファーラグとして、そしてタオルケット代わりに、また、ベビーベッドでベッドカバー代わりにも使うことができます。

薄手なので、お出かけ先で持って歩くときも活躍してくれそう。

ベッドの足元や掛布団の首元に敷いたり、柄を見せながら2枚重ねて敷いても雰囲気が変わって素敵です。番組では「レフアグレー&ハイビスカスサックス」の組み合わせで紹介されていました。

2枚重ねにするなら、ソファーラグもおすすめになるみたいですよ。番組では、「ティアレグリーン&プルメリアパープル」の組み合わせで色合いも涼し気です。

この他、ラグの上に敷いてもOK。季節で替えるのはけっこう大変なラグですが、ハーフケットを上から敷くことで、そのまま夏に対応することができます。

番組では、「モンステラブルー&ククイピンク」の組み合わせで紹介されていました。

QVCジャパン

ハワイアンキルトでも鉄板の色を採用

ゲストのキャシーさんによると、今回のハーフケットはハワイアンキルトでも鉄板の色が選ばれているのだとか。

「さっぱりと掛けて、洗ってもすぐ乾く、さらっとした肌触り」が今回のテーマになっているだけあって、薄手で軽い使い心地が特徴になるようです。

でも、ただの「薄いタオル」ではなく、首元には繻子が施され、キルト柄がデザインされているので、高級感がありますよ。

反対側はカラーが反転して模様が浮かび上がるので、また違った印象で楽しめそうです。

柄の所は無撚糸、グランドの所は普通糸、輪郭の所は落とし加工が施されています。

レフアグレー

レフアグレーのカラーパターン

ハワイ島の島花「レフア」の花は、ハワイ原産のお花です。

溶岩が流れた後、最初に芽を出す逞しさがあり、キラウエア火山の周囲に多く見ることができるので、女神ペレを象徴する植物とされています。

ちなみに木の部分は「オヒア」、花の部分は「レフア」といって、一つの植物なのにハワイでは別々の名前で呼ばれています。それは、もともと「オヒア」と「レフア」は人間で恋人同士だったから。

火山の神ペレに一目惚れされたオヒアは、その求婚を拒否したため、女神の怒りを買って醜い木に変えられてしまいます。恋人を失って泣き続ける「レフア」に同情した他の神々は、ずっと一緒にいられるようにと、レフアをオヒアに咲く花に変えてやったという悲恋の伝説がもとになっています。

ハーフケットは赤い色が印象的ですが、やわらかい色が選ばれているので、優しいイメージです。波が打ち寄せる岩の上にレフアの花が浮かんでいる様子をイメージしているそうです。

ハイビスカスサックス

ハイビスカスサックスのカラーパターン

ご存じ、ハワイを代表するお花、「ハイビスカス」がモチーフです。ハイビスカスは東南アジアが原産ですが、白いハイビスカスはハワイ原産なんだそうですよ。

海の上にお花が落ちて揺れているイメージで、線を意識したデザインにこだわっているのだとか。躍動感を感じさせるデザインが魅力です。

ちなみに、お花の中には蕾も描かれているのですが、蕾がデザインされるのは珍しいそうです。

ティアレグリーン

ティアレグリーンのカラーパターン

タヒチの国の花「ティアレ」がモチーフのデザインです。「ティアレ」は、タヒチ語で「花」を意味します。

印象的な白い花は「くちなし」の仲間で、強い香りがあります。香水にも使われているそうですよ。

レイに使われる他、耳飾りにも使われるお花です。

ブルメリアパープル

ブルメリアパープルのカラーパターン

レイにも使われる香りのいいお花で、キャシーさんによると「ウェルカムのお花」です。

爽やかなライラック系のパープルが採用されているので、夏にぴったりの色合いが魅力です。

モンステラブルー

モンステラブルーのカラーパターン

葉っぱに大きな穴が開いているので、明るい未来が見えると言われている縁起のいい植物です。観葉植物は、会社を興したり、新しいお家を建てたりするときにお祝いに贈ると喜ばれるのだとか。

パキッとしたブルーは、男性にもおすすめのデザインになります。

ククイピンク

ククイピンクのカラーパターン

ククイはハワイでは昔、お金の代わりに使っていたので、お金持ちになると言われているデザインになるのだとか。

葉っぱと、たわわに実った実が印象的なデザインですが、実際のお花は小さな白い花がたくさん咲くものの、その中で実を結ぶのは実は一握りなのだとか。

キャシーさんによると、「愛ってそういうもんよね」とのこと。深いです(汗)

印象的な濃いピンクは、キャシーさんが「欲しい」と思った色が出せたそうで、なかなか出せないピンク色になるようです。

パキッとした色合いなので、男性にもおすすめのデザインです。

0時台の動き

ティアレグリーン 半数以下
プルメリアパープル 半数以下
モンステラブルー 半数以下

1回目のTSVは0時台に完売、2回目のTSVは一日もったのですが、カラーが選べなかったためお叱りの声があったのだとか。

なので、今回はかなり数を用意していたということなのですが… 0時台ですでにかなり減り方が早いみたいですね(汗)

■内容
キャシーマム カラフルハワイアン ハーフケット
QVC価格 4,860円(税込)→ 2017年7月19日限りのTSV価格 3,999円(税込)

■カラー
1. レフアグレー、2. ハイビスカスサックス、3. ティアレグリーン、4. ブルメリアパープル、5. モンステラブルー、6. ククイピンク

■サイズ
約90×140cm
重量 約490g

特集ページでは、各ブランドの解説や放送予定をチェックする便利リンク集があります。キャシーマムに関する情報もあるので、よかったらこちらも覗いてみてくださいね。

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます