QVCジャパン

ホールフードマシーン バイタミックス S30

10月27日は、ホールフードマシーン「バイタミックス」からコンパクトなS20がTSVに初登場。渡邉ナビによると、通常のショーでもまだ2~3回しか登場していないらしいですよ。

これまでは持ち歩けるTO-GOカップが2つついていたのが1つになって、価格は5万円台での初TSVです。

TO-GOカップはQVCサイトにも別売りがあるので、複数必要な人は最新情報のリンクをチェックしてみてくださいね。

ホールフードマシーンバイタミックス S30 特徴

・野菜や果物などを液状にする … ブレンダー(ミキサー)
・ダイコンをおろす … おろし
・コーヒーをひく … ミル
・ナッツを砕く、ピーナッツを砕いてピーナッツバターをつくる、お米を砕いて米粉をつくる、ニンジン、タマネギ、キャベツなどをみじん切りにする … フードプロセッサー
・ホットスープやアイスもできる … スープメーカー

などなど、1台で何役もこなしてくれるホールフードマシーンです。

ちなみにスープは、バイタミックスを長めに動作させるだけで食品の摩擦であたたかいスープが出来上がります。バイタミックスの定格時間は8分なので、けっこう長く動作させることができるみたいですよ。

アイスクリームは、冷凍の果物をバイタミックスにかけるだけで、なめらかなアイスとして食べることができます。

スープメーカーなどは、なかなかハードな使い方をするみたいですが、商品には7年保証がついているので、安心感があるところも魅力。

カラーは以下の4色展開です。

ホワイト … 家電は白と決めている人はホワイトがおすすめ

ブラック … 人気カラーですが、数少なめスタート

レッド … おしゃれにキッチンを彩ってくれる、濃いめのカラー

ブルー … ゲストの南さんによると、トレンディドラマの小道具に使われたカラーなのだとか。数も少なめのスタート

バイタミックスはアメリカで創業95年の歴史がある老舗ブランドで、有名コーヒーチェーンやレストランでも採用されている実力派。世界の140カ国以上での販売実績を誇っています。

主流はTMCというシリーズなのですが、日本の台所には少し大きめで、価格もけっこうするところがネックでした。

S20シリーズはパワーは落とさずに、TMCシリーズに比べて幅も4cm近く小さい15.2cm。高さは10cm近く低くなってコンパクトになっているところが魅力です。

渡邉ナビによると、ゲストの南さんは 特別なバッグにS20を入れて持ち歩いているそうで、出張の時やロケの時にも愛用しているそうですよ。

一般の人はさすがに持ち歩くことはないと思いますが(汗)台所でコンパクトに使えるところは魅力ですよね。

コンパクトになった分、正面のスイッチ類も一つだけになって、操作が簡単になっているところも注目ポイントです。

魅力は、食材の栄養をまるごととることができるところ

番組で紹介されていた白澤抗加齢医学研究所 所長の白澤さんによると、バイタミックスは、食物の細胞壁を壊していることが電子顕微鏡によって確認されているそうで、栄養素を効率よく抽出することができるのだとか。

普段捨ててしまっている皮や種などをスムージーに加えることができるので、野菜や果物の栄養をまるごととることができるというわけですね。

厚生労働省の施策「健康日本21」では、成人の1日あたりの野菜の平均摂取量は350g以上が目標値とされていますが、バイタミックスはドレッシングなどに野菜や果物を入れることができるので、野菜たっぷりのサラダを手軽に作って平均摂取量を達成することができるところも魅力です。

お手入れが簡単なので毎日使える

お手入れは、コンテナに水かお湯を入れて、中性洗剤を2~3滴垂らし、本体にセットして30秒~60秒回せばOK。その後よくすすいでから乾かします。

さらに、コンテナの下の部分「ブレードベース」が取り外し可能になっているので、刃の掃除もしやすく衛生的になっています。

0時台の動き

4色の中では「いちばん数が少なめ」と案内されていたブルーが0時台で早々に完売。

その他のカラーにはまだサインは出ていませんでしたが、人気のブラックに関しては、「0時台で注文をお願いします」というインフォメーションが入っていたので、人気色が気になっている人は0時台が勝負になるみたいです。

■内容
ホールフードマシーン バイタミックス S30
QVC価格 63,720円(税込)→ 2017年10月27日限りのTSV価格 52,660円(税込)

■カラー
ホワイト、ブラック、レッド、ブルー

商品内容
・本体
・コンテナ1.2L(蓋付)
・TO-GOカップ0.6L(蓋付)
・ブレードベース
・タンパー
・レシピブック

サイズ
幅:15.2cm
奥行き:22.9cm
高さ:40.6cm

重量 3.7kg

消費電力 650W
定格時間 8分
コード長さ 約1.15m
ランニングコスト
1回の運転2分、1日3回使用を想定で約2円/日
※新電力料金目安単価27円/kWh(税込)

材質
本体表面・タンパー: ABS樹脂
コンテナ・キャップ:コポリエステル
フタ:合成ゴム
ブレード(刃):ステンレス

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます