QVCからの荷物

QVCから千代の一番が届きました

QVCで千代の一番を購入しました。

普通はその日一番のお買い得になる「TSV」とか、その日限りの特別価格「Today’s Plus」とか、お得な価格になるのを狙って購入すると思うんだけど、今回はすでにコープさんの千代の一番を購入していて味比べしてみたかったので、50包のものを1袋購入。

「QVCのお買い得価格」というと、ものすごい数のセットをよく見かけますが、QVCの公式サイトではネット限定でこういう少なめの取り扱いもあるんですね。

というわけで、QVCロゴの入った段ボールの中に、緩衝材と一緒に入っていたのはこんな箱でした。側面には賞味期限が書かれていますよ。

(画像をクリックすると、もう少し大きな写真で見ることができます。戻るときは、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

開けてみると、こんな感じ。華やか♪

箱の中

箱はシンプルだけど、中は華やか

いちばん上に載っているのはレシピが書かれたリーフレットなので、料理のレパートリーがいまいちの管理人でも、届いてすぐに材料をそろえてチャレンジすることができます。

50包と入っていたレシピ

50包って結構大きいです

今回は送料無料のQVC価格で購入したので、2,700円也。

大手メーカーの顆粒状のおだしなら、8g×20袋入りで298円なので、おだしに2,700円のお値段をかけるというのは、ちょっとびっくり… ですが、50包もありますからね。

★コープの宅配で購入した「味彩」は10包で578円(税抜)
送料は他の商品と一緒に持ってきてもらってるのでなんですが、個配利用料がこれに該当するとして191円。我が家はサポート割引が適用されているので95円。

★コープの店舗で購入した「ゴールド」は10包で530(税抜)円
店舗購入なので、送料はなし。というか、商品の中に込み?

★QVCは50包で2,700円
今回ははじめて特典で送料無料で購入。通常は一律648円(税込)

というわけで、送料無視で商品の価格だけ見てみると…

★味彩は10包で578円(税抜)⇒税込624.24円⇒1包は四捨五入で62.42円
★ゴールドは10包で530円(税抜)⇒税込572.4円⇒1包は57.24円
★QVCは50包で2,700円(税込)⇒1包は54.00円

となります。1包あたり税込みで見ると、QVCのほうが少し安いくらいかな?

コープさんにもゴールド50包1袋を取り扱っていることがあるみたいなので、そういうのと比較するとまた違うかもしれませんが、とりあえず極端にどちらかが高いということはないみたいですね。送料がかかる場合、QVCは一律648円(税込)なので、この点がコープさんに比べると少しお金がかかるかなという感じ。

でも、お取り寄せする場合、これくらい送料がかかってしまうのは仕方ないし(汗)この点、QVCでは他にまとめ買いするものがある場合、送料無料のものと買えば、一緒に届けてもらうものはすべて送料無料になりますからね。

さらにTSVやToday’s Plusといったお買い得価格を狙えば、本体のお値段ももう少し安くなるわけです。

例えば、「QVC千代の一番増量セット レシピ本付き[計220包]」がTSVで登場したときは、QVC価格20,280円(税込)がTSV価格で7,998円(税込)で、送料無料になっていました。この場合、レシピ本は無視して単純に1包あたりで計算すると…

★220包セット⇒1包は四捨五入で36.4円くらい

となります。54.0円から36.4円。ずいぶん身近になってきました(笑)

ちなみに、大手メーカーの顆粒だしは…

★20包⇒1包14.9円

安っ(汗)

そして使う量は、「水またはお湯600mlに小袋1/2(4g)」なので、使用量で見ると、さらにコンパクトな価格になりそうです。

でも、原材料名を見ると、鰹節粉末(かつおエキス)、酵母エキス、小麦タンパク発酵調味料、酵母エキス発酵調味料、調味料(アミノ酸等)となっていて、一応、「調味料」が入っているものの、実際に使う際は「調味料はほとんど入っていない」といった感じで使いますよね。

味噌、醤油、煮物を作るときには、みりんや砂糖、お塩なども使います。

一方で、千代の一番の場合、調味料がしっかり入っているので、パッケージの説明によるとこんな感じの使用量になります。

みそ汁の場合 … 水約800mlにだしパック1包。味噌は少なめでOK。
お吸い物の場合 … 水約700ml~800mlにだしパック1包でOK。
おでん、スープの場合 … 水約500ml~600mlにだしパック1包でOK。

なので、料理全体のバランスから見ると、顆粒だしに比べて調味料にかけるお金は少なくてすみそう。

さらに、使っている材料が吟味された本格的なおだしということも考えると、それほどびっくりする価格差があるおだし… というわけではないみたいです。

これからの季節だと、年末年始のちょっと特別な料理や、人が集まるときのとっておきの料理、いつもの食卓でも、お年を召した方に食べてもらうきちんとした料理や、味覚ができあがっていく小さなこともに食べさせる料理などなど、千代の一番が活躍してくれそうな場面はたくさんありそうですよね。

sumi父も、千代の一番で作った味噌汁をのんで、「あっさりしていて、けっこういいな」と言っているので(笑)我が家では、これからもうまく取り入れていこうと思います。

【関連記事】


この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます