QVCジャパン

11月9日は、毎月9日のお楽しみ「Lucky9 Qの日」です。

今月は QVC.jp の商品レビューで評価の高いアイテムや口コミの多い商品を紹介する一日。多くの人が品質や価格に納得した商品ブランドが登場する24時間になります。

この日のTSVは、エビス(EBiS)の馬プラセンタ「モンローブロンド プレミア100R」が登場。

モンローブロンドがTSVで紹介されるのは一年半ぶりということで、かなり久々ですが、この間、9月にバージョンアップしていて、馬プラセンタエキス末を純末で10%増量されているところに要注目です。

馬プラセンタ「モンローブロンド プレミア100R」 特徴

モンローブロンドの馬プラセンタは、公益財団法人JHFA(日本健康・栄養食品協会)品質規格に合格しているサプリメントで、1カプセルで60種類の栄養成分がとれるところが魅力です。

そのうち、15成分は栄養機能食品になっています。

1箱1カ月目安なので、今回のTSVのセットで4カ月目安になります。ちなみに賞味期限は2019年6月末までです。

W微粉砕製法で、より高配合に

プラセンタエキスを抽出した後、粉末化する際の製法を「W微粉砕製法」にしたことにより、より高配合になっています。

「密度にこだわった、吸収を考えた特殊な製法」という以外、説明がなかったので詳細はわかりませんが(汗)

大麦若葉などの場合、「圧搾」すると絞りカスの中にある程度の栄養素が残ってしまうのに比べ、「微粉砕」にすると、それまでカスとして廃棄していた栄養素も製品の中に含めることができるというメリットがあるみたいです。

モンローブロンドの場合、この製法にすることで、1カプセルの馬プラセンタエキス純末100%の量が205mg→226mg配合へと10%増やすことができたのだとか。

といっても、カプセルの大きさが変わるわけではなく、そのままの大きさで増量が可能になっているそうで、この点、飲み心地はリニューアル前と変わらないようです。

ただ、バージョンアップに伴って「ニオイも少し軽減できた」ということですが、ショップサイトのクチコミによると、リニューアル後もニオイに関して合わない人もいるみたいなので、初めて利用する人は今回ダブルTSVになっている2箱セットから利用するのもいいかも。

関連商品に関する詳細は、商品の詳細情報のリンク先をチェックしてみてくださいね

この他、バージョンアップとともに箱もリニューアルして、少し大きくなっています。

利用者から、「もう少し文字を大きくしてほしい」という要望にこたえての変更なんだそうですよ。

モンローブロンドが馬にこだわる理由

プラセンタとは、お母さんと子どもをつなぐ胎盤のことです。胎盤を介して、子どもは健康に大きく育つための栄養を母親からもらい、必要のなくなった老廃物を母親へ渡して処理してもらいます。

日本でプラセンタとして利用されているのは馬と豚の2種類ですが、ゲストの渡邉さんによると、世界的に見ると馬と羊の利用が多いのだとか。

でも、羊は牛と同じく病気の面で問題があるので、日本では製造が許可されていません。そのため、馬に注目しているそうですよ。

特に産地にもこだわって、ニュージーランド産のサラブレッドのものが使われています。

番組では、「ニュージーランドでは馬を食べる習慣がなく、パートナーとして扱っている」としか紹介されていませんでしたが、調べてみると、ニュージーランドは酪農の国なので、日本と少し違う馬との文化があるみたいです。

ニュージーランドでは馬がパートナーって、何をしているの?

ニュージーランドの面積は日本の約4分の3ほどしかありませんが、人口は476万人程度(2017年3月統計局)で、酪農製品や食肉などが主要貿易品目という酪農の国です。

日本でもオーストラリアに次いで、乳製品を多く輸入しているみたいですよ。

酪農スタイルも、日本のように大規模な牛舎は使わず放牧が基本。柵で仕切った広大な牧場で酪農経営をしています。

このため、広い場所に散らばっている牛や羊を移動させたり、柵から柵へ移動させたりするのに馬が必要なんですね。

馬を育てる場合も、高値がつくものでない限り、放牧が基本になるようです。

大きな都市から少し離れると、こうした環境が広がっているためか、馬を通した文化は身近にあるようで、個人でも馬を所有して乗馬を楽しむ人がいるそうで、こうした個人所有の馬を預かってくれるファーム(農場)やポニークラブ(乗馬クラブ)もあるようです。

夏は各地で乗馬のショーが行われたり、冬は猟犬と馬を使ったハンティングが行われたりする他、競馬や馬車で競うハーネス競馬などレース競技の他、ポロ競技もあるみたいですよ。

このように、いい環境で育つ馬のプラセンタを使用しているという点は魅力があると思うのですが、ただ、ちょっと気になる点もあって。それは「バランスを考えている」というところ。

サプリメントアドバイザーの資格を取得されたときのエピソードとして、「1つの成分を大量にとるのではなく組み合わせが重要」と学んだことで、「両手にてんこ盛りの量になってしまう」「バランスを考えた結果、17粒になった」というんですね。

サプリメントは食事を補うものなわけで、バランスをとるのもまずメインは食事じゃないかと思うのですが…。

栄養バランスを考えた1日1粒、でも通常の食事はこの設計の中に入っているのかなというところがちょっと気になったのでした。

QVCの商品ページにも、「妊娠3か月以内又は妊娠を希望する女性は過剰摂取にならないよう注意してください」とか、「銅の吸収を阻害するおそれがありますので、過剰摂取にならないよう注意してください」といったことが注意事項に書かれているので、1日の摂取目安量はかなりきっちり意識したほうがいいサプリメントになるみたいです。

0時台の動き

0時台は特にサインは出ていなかったので、番組の説明をじっくり聞くことができる感じでした。

■内容
馬プラセンタ「モンローブロンド プレミア100R」 4箱セット
メーカー等希望小売価格 43,200円(税込)→ 2017年11月9日限りのTSV価格 14,248円(税込)

※この日に限り送料無料

セット内容
モンローブロンド プレミア100R: 4箱(120カプセル)
※ 一箱あたり:13.2g
( 440mg× 30カプセル)

目安量 1日1カプセル

賞味期限:2019年6月末

馬プラセンタ「モンローブロンド プレミア100R」 2箱セット
メーカー等希望小売価格 21,600円(税込)→ 2017年11月9日限りのTSV価格 9,298円(税込)

※この日に限り送料無料

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます