QVCジャパン

18KWG ダイヤモンド ホースシュー 4way ペンダント

12月7日の今日一番のとっておきTSV(Today’s special value)は、2017年QVCベストセラーに輝いたブリラーレ ダイヤモンドジュエリーから、「18K ホワイトゴールド ダイヤモンドホースシュー 4wayペンダント」が登場。

クリスマス前の華やいだ季節にぴったりのラッキーモチーフ、ホースシューのデザインです。

ホースシューヘッド … 11石で0.17ctUP
プチペンダントヘッド … 7石で0.08ctUP

トータルで0.25ctUPに加え、チェーンがついた3点セットの特別セットで登場です。この価格がなんとTSV価格で3万円台! まさにToday’s Special Valueですね。

でもこのセットができるまでは、やはりいろいろドラマがあったみたいですよ…。

今回のTSVは期間を置かずにすぐにお届けが可能なので、今日中の注文であればクリスマスにも間に合います。もちろん、保証期間3年間の修理保証カードもついていますよ。

2017年ベストセラー賞

ブリラーレダイヤモンドジュエリーの受賞は、今回初受賞です。

【BEST SELLER(ベストセラー)とは】
その分野でもっともカスタマー(視聴者)からの支持が高かったものがたった一つ選ばれる特別な賞です。発表時には、ベストセラーを受賞した記念特別セットや特別価格で登場する商品が目玉になるので、要注目。
以前は上半期、下半期で分野別に発表されることが多かったのですが、今年は15年目を迎えるということもあって、少し違うスタイルになっているみたいで、2月には複数の受賞回数を誇るオールスター版「BEST OF BEST SELLER」が発表されています。

今回の「ベストセラー」は、12月2日~10日がベストセラーウィークとなっていて、12月2日~9日までTSVの時間帯に1商品ずつ発表されていて、12月10日に一日かけてその他の商品が発表されました。

18K WG ダイヤモンド ホースシュー 4way ペンダント 特徴

ホースシュー(馬蹄)は、中世ヨーロッパから伝わるラッキーモチーフで、家の玄関に魔除けに飾ったりしていたアイテムです。

上向きにすると、「上から幸せが入ってくる」、「幸せを逃がさない」。下向きにすると、「悪いものが下から出ていく」なんて解釈があるようですが、アクセサリーでも人気のモチーフの一つです。

テーマが決まった当初は、ホースシューヘッドのみだったようですが…

【ブリラーレ】 手元で実際に見てみないと不安だというお客様にも安心してもらえるように、すぐにお届けということで。クリスマスだし、「ホースシューヘッド2万円」+「チェーン2万円」で4万円を超えるけど、このセットが3万円台になるとうれしいよね。

【QVCのバイヤーさん】 でも、なんかさみしいので、もう一声いきませんか?

【ブリラーレ】 じゃあ、スペシャルということで、ホースシューヘッドとプチペンダントヘッドの2点セットで3万円台ということでどうでしょう?(もちろん、このセットにチェーンはありません)

【QVCのバイヤーさん】 でも、すぐにお届けなのに、チェーンがないとすぐに使えないですよ?

QVCのバイヤーさん、交渉上手(笑)

そして、バイヤーさんの要求以上にこたえちゃうブリラーレもすごいですよ。

チェーンはコスト的に、最初はスクリュータイプで40cmのものが考えられていたみたいですが、カットボールの45cmのもので、スライダーアジャスター付きになったので、華やかで長さ調節もできます。

チェーンの取り外しも可能なので4wayで楽しむことができます。

・チェーンのみ
・チェーン+ホースシューヘッド(上向きに)
・チェーン+プチペンダントヘッド
・チェーン+ホースシューヘッド+プチペンダントヘッド

こんな感じで名前も「4way」ですが、実はさらにホースシューを下向きにしてチェーンを通せるように作られているので、実際は5wayに楽しめるという秘密の楽しみ方もあるんですよ。

結局、チェーンどころか、プチペンダントヘッドもついたのですねという感じですが、これもバイヤーさんの、「ホースシューの中が空いてますよ?」という一言がきいてるようです(笑)

今年もTSVでいろいろサプライズがあったブリラーレみたいですけど、「今年最後の締めくくりにふさわしいサプライズ」が実現したドラマでした。

ブリラーレの輝きは職人さんたちの技にあり

こうして、TSVで3万円台という破格のセットが誕生したわけですが、ダイヤモンドの輝きはブリラーレならではのものになっています。その秘密は、ブリラーレの職人さんたちの技にあるみたいですよ。

ダイヤモンドの価値を決める目安に、G.I.A.(米国宝石学会)の品質評価国際基準に基づいた「4C」があります。

カット=輝き(Cut)、カラット=重さ(Carat)、色(coller)、クラリティ=透明度(Clarity)です。

でも、ジュエルコンシェルジュの饗場さんによると、ダイヤモンドの輝きには、4Cに入らないポイントも重要なんだそうで、テリ(輝き)やメイク(カットによる輝きの美しさ)、そしてインクルージョンや透明感などいろんな要素が複合的に重なって美しい輝きを生み出すわけですね。

買い付けた時点では、いろんな段階の輝きのダイヤモンドがあるので、アソーター(ダイヤモンドを分類する人)が、一つ一つ石を拡大して見て、余分なインクルージョンやくすみのあるものを弾いて、輝きのきれいなところだけを選んでいきます。

こうして選び出された、輝きが確かなダイヤモンドに、さらに職人さんの手によって輝きが与えられます。今回のホースシューの場合、ダイヤの外側に、ダイヤの輝きをさらに反射させるような「鏡」を作り込んでいるそうです。

こうした加工は既製品では道具がないので、職人さんが自ら磨くための道具を作るのだとか。

饗場さんは、「つまようじみたい」と表現されていたので、かなり小さな道具になるみたいですね。

地金感が出ないように、ダイヤの輝きと同じ輝きで光るようにしているので、ダイヤモンドがより大きく輝いて見えるようになるわけですが、こうしたことは手間と時間がかかりすぎるので、他メーカーではやりたがらない技の一つになるようです。

外注だと工賃としてかかってくるのでコストになってしまいますが、ブリラーレは自社の社員さんが職人さんだから実現するようです。

そして、写真でも「爪留め」の部分がわかりにくくなっているのがわかると思うのですが、これもダイヤのきらめきと、職人さんの作り込みの技があるからこそ。爪を独立させず、デザインの中に作り込むことで、目立たなくなるように作り込んでいるんですね。

7つの石が集まってできているプチペンダントヘッドが、まるで1つの石のように見えるのはこのためです。

ごまかしではなく、すべてが輝くからこそのボリューム感。この輝きをTSV価格で手に入れた人は、ほんとうにラッキーな方といえそうです。

ブリラーレは、ダイヤモンドの華のある輝きにこだわったブランド。でも、どうして安いの?

「ブリラーレ(Brillare)」は、ブランド名の中に「Brilleance(輝き)」という言葉が入っているとおり、ダイヤモンドの美しい輝きを追求したブランドです。

QVCの視聴者が「ブリラーレ」のブランド名を見た時に、「あの輝きを追求したブランドね」と気が付いてもらえるように、2012年に商標を登録。

TSVごとに驚きの価格で登場するところが今回も支持を集めたわけですが… 「どうしてこんなに安いの?」というところが謎ですよね(笑)

QVCに登場する他ジュエリーでも、「自社で作ってダイレクトにQVCへ届けるから価格を抑えることができる」というブランドは多いわけですが、ブリラーレはもう一つ秘密がありました。

ジュエルコンシェルジュの饗場達也(あいば たつや)さんによると、ブリラーレの社長さんが「どんぶり勘定」という話も影響しているみたいですけど(汗)

ともあれ、ダイヤモンドの流通は、「ダイヤモンド鉱山」→「原石販売業者」→「サイトホルダー・カッター」と専門の会社を通って日本の流通に入ってきます。

「サイトホルダー・カッター」からダイヤモンドを買い付けるのは、一般的には「ダイヤモンドルース輸入業者」で、買い付けたダイヤは、さらに「製造業者」へと流れていきます。

ブリラーレは直接「サイトホルダー・カッター」から仕入れていて、45年のネットワークで、いいものがあるときに連絡が入るようになっているのだとか。

この時点でダイヤモンドルース輸入業者さんより、さらに安く購入しているところがポイントで、安くないと買わないそうです。

こうした独自のルートがあるからこそ、輝きを犠牲にせずに、ブリラーレというブランドでQVCのみに販売することができるんですね。

でも、最近はブリラーレが求めている「安くてきれいなもの」は数が少なく、値段も高くなってきているので、集めるのが大変になってきているようです。

「気に入ったものがあれば、見つけたときに手に入れるのがおすすめのブランド」ということになります。

0時台の動き

0時台ではまだサインなどは出ていませんでしたが、電話対応の注文は時々混み合っていたみたいです。8時の放送では半数以下に、11時の放送では11分を過ぎたあたりで残りわずか、25分を過ぎた辺りでウェイトリスト入りしてしまいました。

湯浅ナビは放送中に「今日、一日もつでしょうか?」といったコメントがチラッとあったのですが、やはり一日もたなかったみたいですね(汗)

0時台では在庫の減り方がわかりにくいときもありますが、そんなときはナビゲーターさんのコメントを参考にするのがいいみたいです。

■内容
18K WG ダイヤモンド ホースシュー 4way ペンダント
QVC価格 79,999円(税込)→ 2017年12月7日限りのTSV価格 39,999円(税込)

ダイヤモンド:合計0.25ctUP
ヘッドの縦×横
馬蹄:約13.0×10.0mm
チャーム:約7.5×4.5mm

長さ 約45cm( スライド式アジャスター付)

総重量 約1.9g

地金
18K ホワイトゴールド

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます