一粒ダークチョコレート

一粒ダークチョコレートは大きな袋にザラッと入ってます

・「2018 サロンドロワイヤル エクセレントチョコ8種 スペシャルセット」に入っていた「一粒ダークチョコ」

全部で210g 1袋にザラッと入ってます

サロンドロワイヤルの2018年のバレンタインセットを食べてみて、「意外といいねコレ」と思ったのがこちら。「一粒ダークチョコレート」です。

寒い季節にぴったりの一品ですよ。

このチョコ、手作りプレゼント派の人向けか自分用に楽しむチョコじゃないかな?

QVCのショップサイトの商品レビューには、プレゼントにするためか「小分けしてほしい」という声があるけれど、このチョコ、そのまま食べるなら自宅向け、人にあげるなら手作りチョコ菓子用と考えたほうがいいと思います。

というのも、この袋の形、管理人は見覚えがありますよ。ほら、コープさんでずっと前に購入した、ベルギー王室御用達のあのチョコです(笑)

(画像をクリックすると、もう少し大きな写真で見ることができます。戻るときは、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

ベルギーのチョコには、「TAB」と書いてありましたが、ダークチョコには「ツマミ」と書いてありますよ。

しかも、「ハサミは使わないでください」と丁寧に注意書きまで書いてあります。

(画像をクリックすると、もう少し大きな写真で見ることができます。戻るときは、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

「ツマミ」をピーっと引っ張ってみると、ベルギーのチョコと同じような開き方に。

1粒ダークチョコレートの中身

開けると中に小さなチョコがいっぱい

開けてみると、こんな感じ。

ベルギーのチョコで、その小ささを知らなければ、「ち… ちっさ!!!!!!!!!!」と、再び叫ぶところでした。

で、ベルギーのチョコの説明を思い出してみると、こんなことが書かれていたわけです。

このインペリアルチョコチップスは、職人の多くが使用している原料チョコを何も手を加えずチップ状のまま商品化したものです。いわば、ベルギー王室御用達チョコレートの原石です。

よく読むと、「職人の多くが使用している原料チョコ」で、「チップ状のまま」商品になっているのが、こういうタイプのチョコになるようです。

QVCの商品ページには、「小粒コインサイズ」と書かれていますが、ベルギーのチョコと同じぐらいかな。この大きさ、一般的には「チップ状のチョコ」と言うみたいですよ。

お菓子などに使う場合、タブレット状(板状)だと刻む手間があるけれど、チップ状ならその手間がなく、クッキーの生地やパンの生地にそのまま混ぜ込めばOK。大きさもそろっているので、「計量しやすい」というところも便利なところみたいです。

簡単にできる、今の季節におすすめのレシピは「ホットチョコレート」

(画像をクリックすると、もう少し大きな写真で見ることができます。戻るときは、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

以前はベルギーの小さなチョコを、「小さい小さい」と文句を言いながら、そのままポリポリ食べていましたが、あれからちょっぴり知恵がつきましたからね(笑)

今回はホットチョコレートにチャレンジしてみました。沸かした牛乳にチップ状のチョコを入れればOKです。

量は1人分でこんな感じかな。

牛乳100㏄にチョコ10gくらい … 少し薄めに、すっきりした後口で飲むならこれくらい

牛乳100㏄にチョコ15gくらい … けっこう濃いめ、チョコレートの味わいを楽しみたい場合はこれくらいで

沸騰直前で火を止めたところへ、ザラッと入れてかき混ぜるだけでも、けっこう溶けてくれますよ。

スプーンで溶かしてみた

けっこう簡単に溶けてくれます

チョコが溶けた後も、黒いツブツブした感じのものがいつまでも浮いて残りますが、これはチョコの油分らしく、飲んでみてもザラツキなどはありません。

管理人は気にせず飲んじゃうけど、丁寧に仕上げる場合は、チョコを入れた後、再び火にかけて泡だて器で混ぜたりするみたいです。

泡だて器を使うのはちょっと大変ですけど、特に気にしなければスプーンでガシガシかき混ぜるだけでOKなので手軽。電子レンジを使えば、もっと簡単にできそうですね。

ほっこりする飲み物ができあがるので、今の寒い季節におすすめですよ。

ちなみに、公式サイトには一粒ダークチョコレートは見当たりませんでした…

1粒ダークチョコレート

このチョコ、公式サイトにも取り扱いがないみたいです

この一粒ダークチョコレート、公式サイトを探してみたのですが見当たりませんでした。QVCのバレンタインのセットだけで味わえる、特別バージョンなんでしょうか。

ただ、板チョコのダークチョコレートの取り扱いはあったので、一粒ダークチョコレートもこれと同じ材料を使っているのかな? という感じ。

こういうのを見ると、バレンタインの贈り物にするなら、やはり公式サイトの板チョコのほうかな。

ともあれ、カカオの香りとコクを味わいたい人にぴったりのチョコだと思います。ほろ苦さがあるので、チョコ好きの人にぴったり。

砂糖不使用ということだけど、甘さはちゃんとあるので、そのままでもおいしくいただけます。板チョコと同じように、コーヒー、紅茶、アルコールと一緒にいただいてもよさそうですよ。

ちなみに、クーベルチュールチョコレートは鮮度によって風味が変わってくるらしいので、開封後1~2ヶ月以内に使い切るのがいいみたいです。ま、おいしいので1カ月もしないうちに食べてしまいそうですが(笑)

でも、せっかくのチップ状になったチョコなので、管理人もこれでクッキーとかパンを作ってみたいんだけど… そのままでもおいしく食べてしまっているので、材料がそろってやる気になったときに作れるだけ残っているかどうかが問題です。

(時季を外すとQVCサイトのサロンドロワイヤルは取り扱いがなくなることが多いみたいです。そんなときは公式サイトをチェック)

当ブログにはQVCに関する特集ページもあるので、よかったらこちらも覗いてみてくださいね。

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます