QVCジャパン

AN 1枚で洗練! バルーン袖異素材プルオーバー

2月10日は、「エンジョイライフ!女性の味方」ということで、家事や仕事に忙しい毎日でも輝き続けるすべての女性を応援する一日でした。

幅広いカテゴリーから女性のための商品が紹介される、この日のTSVはアネラリュクスの新作が登場。ニットの異素材でできたプルオーバーです。

QVCジャパン

ボリューム袖だけど、着やせ&体形カバーを考えたデザイン

前身頃と肩は「ミラノリブ」、袖と後ろ身頃は「ビンテージサテン」を使った異素材のプルオーバーです。

「ミラノリブ」というのは、袋編みとゴム編みを交互に組み合わせた編み方で、イタリア・ミラノ発祥のしっかりと目が詰まった編み方のこと。伸縮性がないので型崩れしにくいのが特徴です。

ジャケットやワンピースに使われる素材で、シャツやブラなどの透けが少ないところが魅力ですよね。今回のプルオーバーでは、しなやかさを重視して綿混素材が採用されているようです。

袖と後ろ身頃に使われている「ビンテージサテン」は、肌触りがよく、上品なサテンの光沢感が魅力。

今の時期は、肌にヒヤッとした感じがありますが、裏にカットソーの生地を入れているので、ひんやり感を感じないように工夫されています。このカットソーは、汗ばむときには汗を吸ってくれるので、表に汗染みもできにくいというメリットもあるみたいですよ。

前身頃には、縦に深くタックをとって縦長効果がありながら、胸元にボリュームがあるので着痩せして見えるデザインになっています。

着痩せ、肉感を拾わないよう配慮されたデザインは、ちょっとうれしいですよね。

襟の部分も工夫ポイントで、立ち襟だと首が短い人は、かえって首が短く見えてしまうので、立ち襟風のものをデコルテに沿うようにデザインすることで、首が長く見え、小顔効果も期待できます。

左右の胸の部分にはポケットが1つずつあり、ポケットの口には隠しレースがあしらわれています。この部分はポケットの中に入れて、シンプルな印象に着ることもできるみたいですよ。

袖口はリブなので、リブなので短くたくし上げてボリューム袖にして着ることができます。

でも、袖には7本のタックが入っているので、長く伸ばすとボリュームダウンして、コートを着る際に脇がゴロつかないようになっているのも、朝夕が寒い今の季節にうれしい工夫ですよね。

カラー展開は以下の5色です。

AN バルーン袖 い素材プルオーバー カラー展開

アイボリー … 目の詰まったミラノリブで仕上げてあるので、インナーも黒や赤でない限り透けにくいとのこと。

アネラピンク … 今年のトレンド色。イエローやラベンダーと合わせて。デニムやホワイトと合います

カーキ … ホワイト、ブラックと合わせるのもおすすめ

ピーコック … 隠れ旬カラー。上下でピーコック、ホワイト、グレート合わせても

ネイビー … ホワイトと合わせて春マリンの着こなしに

0時台の動き

電話対応は時々「ただ今、お電話が混みあっております」のサインがでていました。スムーズに注文したい人はクイックアクセスかQVC.jpからがおすすめになるみたいです。13分過ぎに表示されていた「お買上げ数カウンター」は、2100を超えていました。

カラーでいうと、0時台はアネラピンクを中心に、明るいカラーに人気が集まっていたみたいですよ。人気カラーが気になっている人は、0時台の早めの検討がおすすめになるようです。

インフォメーションによると、アネラピンクは0時台がおすすめになるみたいですよ。

アイボリー 5 残りわずか、7 完売
アネラピンク 5 ウェイトリスト、7 完売、9 ウェイトリスト、11 13 残りわずか、15 ウェイトリスト
カーキ 7 ウェイトリスト、15 半数以下
ピーコック
ネイビー

■内容
AN 1枚で洗練! バルーン袖 異素材プルオーバー
メーカー等希望小売価格15,660円→2月10日限りのTSV価格7,990円

■カラー
アイボリー、アネラピンク、カーキ、ピーコック、ネイビー

■サイズ
5、7、9、11、13、15

商品寸法(ヌード)cm
バスト×着丈
5:(70~79)×63
7:(74~82)×64
9:(78~86)×65
11:(83~91)×66
13:(89~97)×67
15:(96~104)×68

素材
ニット部分:アクリル 55%、綿 45%
布帛部分・袖裏:ポリエステル 100%
お手入れ 手洗い可

特集ページには、アンミカ(AHN MIKA)さんに関する便利リンク集もあります。よかったらこちらも参考にしてみてくださいね。

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます