イリスビスから、最大9.0mm珠、TSVでは最も長い90cmロングネックレス登場 2018年2月8日のTSV

18K WG 和真珠ネックレス

【商品概要】
2月8日の今日一番のとっておきTSV(Today’s special value)は、イリスパイラの妹ブランド「IRIS・bis by イリスパイラ」(イリスビス バイ イリスパイラ)から、和真珠のロングネックレスが登場です。

ヨーロッパで有名になり、各国のセレブリティーの支持を集め、世界中で高い評価を得ているイリスパイラの妹ブランド「IRIS・bis by イリスパイラ」が手に入るのは、独占販売しているQVCのみ。

朝倉ナビによると、用意数を限定して、ある程度型を決めることで、このTSV価格が実現したのだそうですよ。

お届けは注文後約8週間。3年の無償サービスが利用できる修理保証カードがついています。60cmも、90cmも、この日のお買い物に限り、10回払いの分割手数料をQVCが負担するサービスの対象商品となっています。

商品詳細

イリスビスの魅力は、イリスパイラと同じく、調色や着色はもちろん、しみ抜きさえ施していないナチュラルカラーであることが大きな特徴。

今回のTSVは、グレー系カラーのバロック真珠で、7.0~9.0mm珠で仕上げられています。

巻きがしっかり巻いているからこその干渉色があるので、グレー系といっても金属のような光沢を見せてくれますよ。

朝倉ナビによると、日本の伝説には、海に光るものがあったので見ると貝があり、貝殻を開けると中から真珠が現れたという話があるそうですが、そんな光を感じさせる虹色の光をまとっているところが魅力です。

60cmと90cmの2パターンの長さがありますが、90cmのネックレスはTSVでも最も長いロングネックレスになるみたいですよ。さらに、6~8mmが主流のアコヤ真珠から見ると、かなり大粒となる9mm珠ですが、これはイリスビスでもあまり紹介されていないサイズになるようです。

90cmのものは、45cmのネックレス2本以上の長さがあるので、二連にしても充分余裕を持って身につけられるところが大きな魅力。真珠層が厚くて丈夫なので、ねじりを入れて身につけることも可能です。

身につける際にアレンジできるところは、ファッションのうえでもおすすめですよ。

60cmは、「イリスビスが初めて」という人におすすめ。金具で留め外ししなくても、被って身につけることができる使い勝手のよさがあります。

バロック系は真珠層が厚いがゆえに、動きによって干渉色の変化が生まれるところが魅力。滝野さんによると、真珠の表面の違いによって、1つの珠の中でも輝きの世界が変わってくるそうです。

ただ、「似たようなものであっても、同じものにならない」のがバロックの難しいところで、同じようなものをそろえて、組み上げていく作業はとても大変なことになるようです。

さらにイリスビスの真珠は巻きが厚いゆえに、真珠に穴を開けるのもけっこう大変なのだとか。

ちなみに、90cmだと100ピース前後の真珠を使うことになります。

滝野さんによると、邉見さんのサロンでは、1珠の値段はどんなに安くても5万円くらいになるそうです(汗)

イリスビスの真珠は、品質はイリスパイラの真珠と同じものなので、世界が認めた価値を身につけることができるという大きな魅力があります。

イリスビス バイ イリスパイラの真珠は、日本産の真珠です

「和真珠」というと、普通のものと何か違った真珠のように感じる人がいるかもしれませんが、日本産のアコヤ真珠です。

ただ、一般的な真珠は「ラウンド型で、ほんのりピンク色をしている」のに対し、イリスパイラの真珠は不定形(バロック)で、虹色の光を感じさせる素晴らしいテリを持っているのが特徴です。

一般的な真珠と違う点は、「時間」をかけて真珠を育てていること。

通常は1年程度で浜揚げしてしまうのですが、イリスパイラの真珠は何年も寝かせて、貝が真珠層を幾重にも巻いていくのを待つのです。

ゲストの邉見さんによると、「白くて丸いものが真珠なのではなく、真珠層が重なり合って、干渉色豊かで光沢のいいものが真珠」なのだとか。

日本の真珠であっても、そして貝の中に入れる核が丸いものであっても、時間をかけて自然に真珠層が重なっていくと、自然と不定形(バロック)になり、貝殻の色を反映して、色もいろんな色をまとうようになるそうですよ。

もちろん、巻きが厚ければきれいになるというわけではなく、巻きが厚くてもボケた真珠になってしまうものはたくさんあります。

揚げるタイミング、その貝の性質などもあるので、どんな真珠がとれるのかは、実際に貝殻を開けてみないとわからないのだとか。

厚く巻いた中でも光沢がよく、干渉色が豊かな珠だけがイリスパイラの真珠となり、その軟化のオーダーメイドで使わなかった珠などを中心に、イリスビス バイ イリスパイラの真珠になるというわけです。

ちなみに、滝野さんの友人の方で宇和島で養殖をしている人の話では、今年は33%ぐらいしか真珠ができなかったのだとか。

一般的な真珠でその割り合いなので、養殖期間を長くとることは、それだけリスクも高くなってしまうようです。

0時台の動き

0時台は混み合うサインはほとんどなく、説明をじっくり聞きながら検討できる感じでしたが、イリスビスの価値をご存じの方は多いそうで、朝倉ナビによると、前回、前々回ともTSVは完売してしまっているそうです。

気になるアイテムがある人は、早めの検討がおすすめになるみたいですよ。

インフォメーションによると、0時台は90cmのネックレスに人気が集中しているそうです。

口コミ評価メモ

【口コミ評価メモ 2018年4月~2018年4月】

No.648287 18K WG 和真珠ロングネックレス 90cm【グレー系 7.0~9.0mm珠】のみ評価がついていました。

高評価を1とすると、低評価は4という感じでした。

ジュエリー類はレビューがつきにくい傾向があるので判断しにくいのですが(汗)

低評価をつけたコメントによると、「TVで見たものより色にばらつきがある」、「形が流れたような雫型の玉が多いためか歪んだ連になっている」といった声があるようです。

ただ、評価する声には、「まん丸に程遠い形状だけれど、不思議な魅力」を感じるそうです。また、ロングでも重くないというところも気軽に楽しめる要素になっているみたいですよ。

一見、「大げさではないけれど普通とは少し違う」ところに魅力を感じるそうなので、丸い形にこだわらない、強いメタリックな輝きと、テリのある干渉色を楽しみたいという人におすすめのジュエリーになるようです。

特集ページには、イリスビスに関する便利リンク集があります。よかったらこちらも参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

商品の内容チェック

No.648286 18K WG 和真珠ネックレス 60cm【グレー系 7.0~9.0mm珠】
QVC価格 163,000円(税込)→ 2018年2月8日限りのTSV価格 99,999円(税込)

和真珠:7.0~9.0mmUP
長さ 約60cm
幅 大:約9.0mm、小:約7.0mm
総重量 約36.3g

地金
18Kホワイトゴールド
付属品
・真珠検査証
・ブランドイメージブック

No.648287 18K WG 和真珠ロングネックレス 90cm【グレー系 7.0~9.0mm珠】
QVC価格 245,000円(税込)→ 2018年2月8日限りのTSV価格 149,999円(税込)

和真珠:7.0~9.0mmUP
長さ 約90cm
幅 大:約9.0mm、小:約7.0mm
操縦y楼:約49.6g

地金
18Kホワイトゴールド

付属品
・真珠検査証
・ブランドイメージブック