あまり拡大して見なくていいと思うんですけど(汗)五徳周りのトップ面は、焦げた汚れも入ってくるので、頑固な油汚れになりがちですよね。

管理人が掃除をサボってるせいもあって、我が家のガスコンロも、バーナーリングとトップ面の境目あたりから油汚れがにじみ出てきておりました。

そういえば、この間、おかゆを作ったときに吹きこぼしちゃったんですよねー(汗)

パルテックスは、掃除してついた油汚れも落ちるのか?

(画像をクリックすると、もう少し大きな写真で見ることができます。戻るときは、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

というわけで、パルテックスでこの汚れを拭いてみました。水を通して絞ったものです。

こういうのは、キッチンペーパーでゴシゴシしても汚れをとることができるわけですが、「お手入れが楽ちん」ということで、このパルテックスについた汚れが落ちるんですよね。

けっこうギトギトした汚れなんですけど、ほんとに落ちるんでしょうか?

けっこう低い水温で落としてみた

低い水温で洗ってみた

気温2度の中、冷たい水だけで洗ってみた

ということで、水をためて、ゆらゆらトントンと汚れを落としてみました。

この時の気温2度。水温もかなり低いせいか、水でトントンしてるだけでは落ちきらないようです。水面にも油が玉になって浮いていて嫌な感じ(汗)

パルテックスも、「基本的には水だけで汚れが落ちる」ということになっていますが、やはりひどい汚れを扱う場合は、中性洗剤を併用するのがいいみたいですよ。

薄手タイプの説明書きには、こんなふうに書かれていました。

・汚れがひどい場合は、中性洗剤と併用する
・汚れたら水洗い、または中性洗剤で洗う

こうした油汚れはどちらかというと頑固系なので、パルテックスにシミを残さないためにも中性洗剤を併用するほうがいいみたいです。

洗剤で洗ってみたのがこちら。

(画像をクリックすると、もう少し大きな写真で見ることができます。戻るときは、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

光が弱い場所で撮影しているので、写真だとちょっとわかりにくいかな。

左の写真を見るとよく落ちてるように見えますが、右の写真をよく見ると、うっすらと茶色い色が残っているのがわかりますか?

油汚れだもん、仕方ないよねと、ザブザブ濯いで絞ったのが下の写真。

すすいで絞ったところ

指差してるのが、汚れが少し残った所です

指差してる辺りに汚れが少し残っているのですが、これだけ落ちればOKですよね。

いろいろ使ってみた結果、大体こんな感じで汚れを落としやすくなるようです。

冷たい水 < 水 < お湯 < 中性洗剤を使う

キッチンペーパーだと後は捨てるしかないから、かなりもったいない気持ちでいっぱいになるのですが、こうして繰り返し使えるパルテックスなら、どんどん拭いていこうかなという前向きな気持ちになることができます(笑)

以前、家事の解説本で読んだ話では、ガスコンロのお手入れをするタイミングは使ったすぐ後、まだあたたかいうちが汚れも落ちやすいそうなので、比較的熱に強いパルテックスは、この点でも最適ですよね。

最初の汚れが酷いと、水だけだとさすがに洗剤を使ったようにキュキュッとした感触には仕上がらないかな? という感じでしたが、それでも翌日には油のぬめった感じはだいぶなくなってきていて、この調子で日々こまめに拭き取っていれば、洗剤もあまり使わなくて済みそうです。

あと、「汚れがひどいから」とパルテックスをきれいにするために漂白剤を使うのは、生地を傷める場合があるため不可みたいです。この点は要注意です。

当ブログにはQVCに関する特集ページもあるので、よかったらこちらも覗いてみてくださいね。

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます