QVCジャパン

飲むヨーグルトも作れる!自動メニュ-付ヨーグルトメーカー

3月14日の今日一番のとっておきTSV(Today’s special value)は、アイリスオーヤマから、飲むヨーグルトも作れる自動メニュー付きのヨーグルトメーカーが登場です。

最新モデルが登場。アイリスオーヤマのショップサイトか、QVCでしか手に入らない新色ミントも紹介されているので、気になっていた人は要チェックです。

(QVCサイトで見つからないときは公式サイトもチェック)

飲むヨーグルトも作れる!自動メニュー付 ヨーグルトメーカー スターター3付 特徴

手作りヨーグルトで何が大変かというと、それは「消毒」。雑菌が入ってしまうと、ヨーグルトをつくる菌がうまく働けずにヨーグルトが固まらなかったりします。

作る容器はもちろん、スプーンなども煮沸消毒しないといけません。これが面倒くさいんですよね。

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーは、専用容器もセット内容についていますが、市販の牛乳パックをそのまま使って作ることができるというところが魅力です。

牛乳パックを使う場合、開けてヨーグルトを投入してヨーグルトメーカーにセットすればOKなので、容器を殺菌する手間がありません。作った後の牛乳パックは捨ててしまえばOKなので管理が簡単です。

牛乳パックは1Lでも、500mLでもどちらでもOKですよ。

ゲストの利果さんによると、「作りたい容量の1割の種菌が入っていればOK」だそうです。

セットには種菌がプレゼントで3袋ついているので、牛乳があれば届いてすぐにヨーグルトを作ることができますよ。

【牛乳で作るヨーグルトの割り合い】
1000mLの牛乳に100mLの好みのヨーグルトを入れて混ぜればOK

※ヨーグルトを入れる前に、100mLの牛乳を減らして、ヨーグルト100mLを入れればOK

ポイントは、牛乳と種菌となるヨーグルトがしっかり混ざるように、しっかり混ぜることがおすすめになるそうです。

ちなみに、使えるものは種類別が「牛乳」と表示されているものを選べばOK。脂肪分が多いほうが固まりやすいそうです。

ヨーグルトは、果肉が入っていない、「プレーン」と表示されているものを選べばOK。お砂糖は入っていても入っていなくてもOKです。

ヨーグルトメーカー 最新モデルのポイント

これまでは温度設定を自分でする必要がありましたが、今回のプレミアムタイプは、「プレーン(ヨーグルト)」「カスピ海(ヨーグルト)」「甘酒」「塩麹」「飲むヨーグルト500mL」「飲むヨーグルト1000mL」は、自動メニューが用意されているので、ボタン一つで温度と時間を設定できるところが便利です。

「自動メニュー」のボタンを。押すたびにメニューが切り替わって、メニューに合わせた時間管理と温度設定になってくれます。あとは「スタート」ボタンを押せばOKです。

もちろん「おこのみ設定」として、1~48時間のタイマーと、25℃~65℃の温度設定ができるので、納豆やフルーツビネガーなど、自動メニューにないものも作ることができます。

【作れるもの参考】
ヨーグルト(カスピ海ヨーグルト、ギリシャヨーグルトなど)、飲むヨーグルト、麹(塩麹、醤油麹)、甘酒、その他発酵食品(納豆、塩レモン、果実酢、鶏ハム、天然酵母、西京味噌など)

自家製ヨーグルトのコストパフォーマンス

番組で試算されていましたが、1カ月で約9,783円お得になるそうですよ。比較例は、4人家族が30日間、毎日一人110gずつ食べた場合です。

【ヨーグルトメーカープレミアム】
牛乳 容量1L
価格 200円

市販ヨーグルト 容量110g
価格 120円

1カ月で約4,617円(1食約39円)

【市販のヨーグルト】
容量 110g
単価 120円

1カ月14,400円(1食120円)

3月12日から先行販売を実施した商品です

3月14日(水)のTSVは、アイリスオーヤマの「ヨーグルトメーカー」だったのですが、12日ぐらいから「TSV先行販売」ということでQVCのショップサイトに掲載されていました。

今まで、こんなことってありましたっけ?(汗)

そもそも「TSV」というのは、ご存じ「Today’s Special value」の略で、「その日限りのお買い得価格で登場する」特別な商品です。なので、基本的にその日に表示されているTSV価格では、その日1日でしか紹介されません。翌日になるとQVC価格などに戻ってしまうわけですね。

ファッション関係では、「コーディネート特集」などで先行情報がネットで公開されることがありますが、それでもTSVの商品は当日にならないと詳細がわからないものが多いです。

でも、今回のアイリスオーヤマの商品は、「TSV先行販売」ということで、TSVなのに「オンエアに先駆けて販売」されていました。

QVCのサイトには「一部のTSV商品」が対象になると書かれているので、これからも何か注目ポイントのあるTSVは、こんなふうに先行販売があると思われます。

でもこれって、そもそも「Today’s」にはならないのでは… いいの?(汗)

0時台の動き

電話対応は10秒前後の待ち時間が発生しているようですが、クイックアクセス、Webからの注文はスムーズにアクセスできるようです。

0時台はまだ在庫数のサインは出ていませんが、インフォメーションによると、ホワイトもミントも人気ですがホワイトが優勢みたいです。

でも、ミントは用意数が少ないそうなので、ミントが気になっている人は早めの検討がおすすめになるみたいですよ。

(QVCサイトで見つからないときは公式サイトもチェック)

■内容
飲むヨーグルトも作れる!自動メニュー付 ヨーグルトメーカー スターター3付
メーカー直販価格 5,378円(税込) → 2018年3月14日限りのTSV価格 3,999円(税込)

■カラー
ホワイト、ミント

商品内容
・本体
・本体ふた
・容器(900mL)
・容器ふた
・牛乳パック用クリップ
・水切りカップ
・スプーン(すり切り25mL)
・まぜ帽
・レシピブック

(プレゼント)
商品内容
ヨーグルト種菌:4.5g(1.5g×3包)
賞味期限:2018年11月末

サイズ
15.6×15.6×27.4cm

重量 630g(本体)

コード長さ 約2m

容量
牛乳パック:1000mLまで
専用容器:900mL

材質 ABS樹脂

消費電力 40W

ランニングコスト
1時間あたり1.08円
※新電力料金目安単価27円/kWh(税込)

セット内容
・自動メニュー付ヨーグルトメーカー

(プレゼント)
・種菌(3袋)

特集ページには、アイリスオーヤマに関する便利リンク集もあります。よかったらこちらも参考にしてみてくださいね。

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます