QVCジャパン

5月9日は「Lucky9 Qの日」です。今月はスペシャルプライス”Qの日価格”のアイテムが登場するというとこで、全ての番組で特別価格のアイテムが紹介されるので要注目ですよ。

この日の今日一番のとっておきTSV(Today’s special value)は、Momasa Lace(モマサレース)が登場です。

レースのカーテンですが、昼も夜も外から見えにくいのが特徴。猪野又ナビによると、TSVでの案内は3年ぶりとなる商品です。

昼も夜も見えにくい 遮熱レースカーテン 高級仕様 特徴

帝人フロンティアの素材「涼しやSE」を使用することで、採光性20%、防透視性582LX以下。縫製・編み立てをすべて国内で仕上げた、Momasa Lace(モマサレース)のレースのカーテンです。

デザインはナチュラルリーフ柄なので、和室洋室を問わず使用することができます。

カーテンの上部の「立ち上がり」部分は一般的な75mmよりさらに高い90mm。裾の折り返し幅は10cmたっぷりとっている高級仕様です。さらに形態安定加工が施されているので、カーテンの裾まできれいなドレープが出るのが魅力です。

アジャスターフックは差し込まれた状態で、タッセルも2枚ついているので、届いてすぐにカーテンレールへ付け替えることができますよ。

アジャスターフックは13段階で6.5cmの微調節が可能。糸に防炎剤を練り込んで、選択しても防炎加工が落ちにくいタイプで、防炎マークも取得しています。

レースですが、日射、UV に対する機能性があります

昼でも夜でも外から見えにくい構造に加え、日射に対するカーテンの断熱性は、未使用の場合と比べて8.9℃の差があるので、冷房の温度を高めに調節することが可能。

また、保温性試験でも、未使用の場合と比べて4.6℃の差があるので、暖房の効率をよくしたいという人にもおすすめです。

さらに紫外線カット率も厚地部分で93.1%あるので、これから暑くなってくる季節にぴったりの機能性が魅力。

これだけの機能性がありながら、光も風もある程度とおすので、部屋が暗くなりにくく、風を通すこともできます。

耐光堅牢度(たいこうけんろうど)も5急以上あるカーテンなので、日焼けによるカーテンの変色がしにくいところもうれしいポイントです。

サイズ選びのポイント

カーテンの幅は、窓枠ではなく、カーテンレールのランナー部分の端から端を測ります。後は、窓の高さを計って、合うものを選べばOK。今回のTSVは、カーテンの幅が100cmと150cmの2種類。

丈は100cmの場合176cm、198cm、218cmの3種類、150cmの場合176cm、198cm、218cm、238cmの4種類があります。

100cm×2枚組は、200cmまでのカーテンレールの幅に対応。150cm×2枚組は、300cmまでのカーテンレールの幅に対応しています。

窓の高さは、それぞれ以下のサイズ感になります。

【幅100cm】
カーテンサイズ 丈133cm … 大人の腰の高さに設けられた「腰高窓」におすすめ。窓の下端は床面から80~90cmの所にある窓です。

カーテンサイズ 丈176cm … 床面から始まる引き戸の「掃き出し窓」におすすめ。176cmはショート丈で、団地などでベランダなどに面した部屋に設けられることが多いサイズです。

カーテンサイズ 丈198cm … 床面から始まる引き戸の「掃き出し窓」で、198cmはロング丈。お部屋を明るくするため、一般的なものより高さをとって大きな窓にしていたり、一軒家に設けられた掃出し窓に設けられることが多いサイズです。

カーテンサイズ 丈218cm … 床面から始まる引き戸の「掃き出し窓」で、欄間付き掃き出し窓になったタイプです。こちらはホームセンターでもあまり取り扱っていない大きめサイズになります。天井にボックスがあるタイプもこちらのサイズに該当する場合がありますよ。

※欄間付き掃出し窓のタイプは商品番号が変わるので、Webの商品ページも他カーテンとは別ページになります

【幅150cm】
カーテンサイズ 丈176cm … 床面から始まる引き戸の「掃き出し窓」におすすめ。団地などでベランダなどに面した部屋に設けられることが多いショート丈で、少し幅が広い窓におすすめです。

カーテンサイズ 丈198cm … 床面から始まる引き戸の「掃き出し窓」で、ロング丈で、なおかつ少し幅が広めの窓におすすめです。

カーテンサイズ 丈218cm … 掃出し窓の上に、採光や採風を目的とした欄間を付けた「欄間付き掃き出し窓」の場合におすすめのカーテンです。

カーテンサイズ 丈238cm … 掃出し窓の上に、採光や採風を目的とした欄間を付けた「欄間付き掃き出し窓」で、大きめサイズの窓に。新築マンションなどで天井まで大きく窓をとっている場合もこちらが該当する場合があるようです。

※欄間付き掃出し窓の238cm丈は商品番号が変わるので、Webの商品ページも他カーテンとは別ページになります

【口コミ評価メモ 2016年5月~2019年1月】

評価する声が1とすると、低評価は0.2という感じでした。

既成品サイズの100cm幅の他、150cm幅、高さもちょっと珍しい欄間付きのものもTSVになっていたこともあって、それまでオーダーしていた人も安く購入できたというケースがあるようです。

建物の大規模補修工事があるからと購入した人や、介護で人目を遮りたい人など、様々なニーズがあるようです。

試しにTSVで購入した後、通常のQVC価格で別の部屋にも買い足している人も意外といらっしゃるみたいですよ。

共通の評価ポイントは、その遮熱性。部屋の暑さを感じていた人は、軽減していると実感する人が多いようです。日差しをけっこう遮ってくれるようで、それまで眩しさを感じていた人も快適に過ごせるようになったという声がありました。

ただ、その分、お部屋が少し暗くなったように感じる人も。青空は見えるようですが、一般的なレースのカーテンに比べると外が見えにくくなるようです。

ある程度、風通しはあるようですが、「風が通りにくい」と感じる人が何人かいらっしゃるようでした。

それから、「夜も外から見えない」と評価する人がいる一方で、お部屋の照明の位置や明るさにもよるかもしれませんが、レースのカーテンだけで夜の目隠し代わりにするのは難しいと感じる人が何人かいらっしゃるようです。

具体的に紹介している人によると、ランプスタンドやスポット照明付近が外から見えるそうで、コットンドレープを室内側にかけ、ナイトカーテンとして組み合わせて使うと満足のいく使い心地になるそうです。

6年ほど使って今回買い替えをしたリピーターの方によると、月一ほど頻繁に洗っていても形が崩れなかった点を評価されてました。

使い勝手の中では、ラベルが真ん中にきてしまうという声がありました。丸見えではないけれど、気になる人には気になってしまうようです。

0時台の動き

0時台は電話対応が時々混み合っているようですが、タイミングを見れば大丈夫かな? という感じ。

クイックアクセスやWebからであれば、スムーズに注文することができるみたいです。

■内容
No.613889 昼も夜も見えにくい 遮熱レースカーテン 高級仕様 幅100cm 2枚組 幅100×丈133cm
メーカー直販価格 8,700円(税込) → 2018年5月9日限りのTSV価格 4,280円(税込)

商品内容
・本体×2枚
・アジャスターフック×14個
・タッセル×2個
素材
ポリエステル 100%

No.613889 昼も夜も見えにくい 遮熱レースカーテン 高級仕様 幅100cm 2枚組 幅100×丈176cm
メーカー直販価格 9,800円(税込) → 2018年5月9日限りのTSV価格 4,760円(税込)

No.613889 昼も夜も見えにくい 遮熱レースカーテン 高級仕様 幅100cm 2枚組 幅100×丈198cm
メーカー直販価格 10,700円(税込) → 2018年5月9日限りのTSV価格 5,330円(税込)

No.613890 昼も夜も見えにくい 遮熱レースカーテン 高級仕様 幅100cm 2枚組 幅100×丈218cm
メーカー直販価格 11,700円(税込) → 2018年5月9日限りのTSV価格 6,180円(税込)

No.613891 昼も夜も見えにくい 遮熱レースカーテン 高級仕様 幅150cm 2枚組 幅150×丈176cm
メーカー直販価格 16,700円(税込) → 2018年5月9日限りのTSV価格 9,520円(税込)

商品内容
・本体×2枚
・アジャスターフック×18個
・タッセル×2個
素材
ポリエステル 100%

No.613891 昼も夜も見えにくい 遮熱レースカーテン 高級仕様 幅150cm 2枚組 幅150×丈198cm
メーカー直販価格 17,900円(税込) → 2018年5月9日限りのTSV価格 10,180円(税込)

No.613891 昼も夜も見えにくい 遮熱レースカーテン 高級仕様 幅150cm 2枚組 幅150×丈218cm
メーカー直販価格 18,900円(税込) → 2018年5月9日限りのTSV価格 10,760円(税込)

No.613892 昼も夜も見えにくい 遮熱レースカーテン 高級仕様 幅150cm 2枚組 幅150×丈238cm
メーカー直販価格 19,900円(税込) → 2018年5月9日限りのTSV価格 11,330円(税込)

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます