QVCジャパン

iconicon

東京ソワール ロングジャケット付きウォッシャブルアンサンブルicon

5月26日(土)のTSVは、年に1度の登場となる東京ソワールの盛夏用フォーマルが登場。今年は「ロングジャケット付きウォッシャブルアンサンブル」が紹介されていました。

昨年のジャケットはショート丈だったみたいですが、今回はお値段据え置きでロング丈になっているのでかなりお買い得のTSVになっているみたいですよ。

真夏用のブラックフォーマルは使う期間が短い… ということで、揃えていない人も多いそうですが、今回登場したアンサンブルは絽素材(ろそざい)なので、ワンピースもジャケットもどちらも普段着にカジュアルダウンさせることができる着回しのよさが魅力になるようです。

ワンピースの注目ポイント

上半身は着物で使われている絽織(ろおり)の素材に夏裏が施されていて涼しげ。「腰から下は透けるのが気になる」という声にこたえて、スカート部分はスカート部分は透けにくい裏地がついています。

絽素材を使うことで、通年素材のものと比べると、通気性が約4倍違うそうですよ。

サイズ選びに関しては、薄い絽素材を使っているので、気になる部分 ウエストならウエストサイズから号数を選ぶのがコツ。サイズを迷った際は、ワンサイズ上を選ぶのがおすすめになります。

ワンピースのフロント部分には、衿元からかなり深いタックがとってあって、左のタックの中にはファスナーが隠れています。前開き機能になっているんですね。

手を後ろに回さなくてもOKなので脱ぎ着が楽で、自分でできるところが特徴になります。

シルエットはプリンセスライン。裾は適度なフレアが入って、おじぎをしたときにきれいなシルエットを表現してくれます。

ウエストは高めの位置に切り替えを配置。袖には裏がなく、透け感がありますが、気になる人はジャケットと合わせて着るといいみたいですよ。

裾が透けているので、軽やかさと涼しさを感じさせるデザインです。

番組中、ワンピースはジャケットほどのコーディネートが出てこなかったのですが、ジャケットと組み合わせるとお呼ばれの席にも着ることができそうな雰囲気です。

サイズは7~21号までありますが、同じシルエットに見えるようにパターンを変えて作っているのだとか。東京ソワールでは、縫いも人から育てているのだそうです。

QVCジャパン

ジャケットの注目ポイント

今年はロングで登場しているところが注目ポイント。トレンドを押さえつつ、体型カバーもさりげなくしてくれるみたいですよ。

前はラッフルでアクセントになっているので、縦ラインを出しつつきちんと感も感じさせてくれます。

ホックは1つ、鍵ホックは3つで、こちらも脱ぎ着が楽なデザインになっているところが魅力です。

番組では着回しができるアイテムとして、ワイドパンツと合わせたり、ワンピースと合わせたり、様々なコーディネートが紹介されていたので要注目ですよ。

薄くて軽いので、手に持っていてもコンパクトで邪魔にならないみたいです。

アンサンブルなので、ジャケット、ワンピース、それぞれ単品でコーディネートできるところがいいですよね。

絽織(ろおり)って?

からみ織の一種で、盛夏の代表的な着物の生地。高級感があって、古くから親しまれている素材です。

カジュアルからセミフォーマルまで幅広く利用される「紗」(しゃ)と違って、フォーマル向けとして留袖や訪問着、小紋などに利用されています。

ゲストの増田さんによると、昔は殿方を直接見ることを避けるために「袖几帳」(そでぎちょう)をしたそうですよ。「袖几帳」というのは、袖をかかげて顔を覆い隠すこと。でも、絽素材なら透けて見えるので、相手の顔がわかるわけですね(笑)

この他、重ね着したときに下の模様がきれいに見えるところを楽しんだりしたみたいです。

まとめ

ワンピースとジャケットはそれぞれ透け感があるのに、両方を重ねると袖と裾の透け感しか気にならなくなるところはさすが。フォーマルウェアとしてだけでなく、カジュアルダウンして着回しができるというところもいいですよね。

夏は汗が気になるところですが、ウォッシャブルなので、ネットに入れて洗濯機で洗うことができるところも注目ポイントです。

上手に洗濯するには、他の洗濯物とは別にして、このセットだけを洗うのがコツになるみたいです。

■内容
東京ソワール ロングジャケット付き ウォッシャブルアンサンブル
QVC価格 89,640円→2018年5月26日限りのTSV価格 8,998円

■セット内容
盛夏用ブラックフォーマル
・ジャケット
・ワンピース

◆カラー:ブラック
サイズ:7、9、11、13、15、17、19、21

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます