2019年4月7日放送のTSVもまとめています。よかったらこちらの記事もチェックしてみてくださいね。

ここから記事本文

6月5日(火)のTSVは、ブラウンの光美容器です。初登場の機種が初TSVで登場。

本日中の注文であれば、分割払い手数料はQVCが負担してくれる10回分割OKの商品です。

※QVC指定の信販会社、またはQVCショッピングカードの利用に限る

ジェルやゴーグル、カートリッジの交換なども必要なく、気になる部分に当てるだけで手軽にムダ毛ケアをすることができる光美容器です。

ネットの番組表では0時台は電動歯ブラシの番組名になってましたが、やっぱり光美容器で合ってたみたいですね。

最後のほう何分かで「ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ プロシリーズ」が紹介されていたけど、もしかしてそのせい? じゃないですよね(汗)

ちなみに電動歯ブラシは今日まで価格で、ブラシも新しいタイプになっているのが特徴になるみたいです。⇒ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ プロシリーズicon

ブラウン光美容器の特徴

「フラッシュ自動調整システム」で、光の強さを機械が調整してくれるので、気になる所を家で手軽に本格ケアできるところが魅力です。

一般的な光美容器は光の強さを自分で調節するものが多く、エステでは肌見本を見ながら肌の色を合わせて光の照射をしていますが、ブラウンの光美容器は「フラッシュ自動調節システム」で自動調整してくれます。

肌のトーンを自動で識別して、肌色に合わせた光を照射してくれるのは手軽でいいですよね。

肌の色が濃いと、肌の色が薄い部分に比べて光の刺激を受けやすく、肌にダメージを与えてしまうのが心配ですが、日焼けして肌の色が濃かったりすると照射できないようになっているというところも安心ポイント。

取扱説明書に肌の色の表が掲載されているので、こちらを見ても参考になるみたいです。

あと、照射する部分の両サイドに青い部分があるのですが、ここがフラッシュ自動調整システムのセンサーになっています。

ここがきちんと当たっていないと光美容器も動作しないので、この点も安心感がありますよね。

使っていない状態が続くと、10分ほどでスタンバイモードになるので省電にも。解除する場合は何かボタンを押せば戻ります。

やっぱり、使いやすさが魅力

総フラッシュ回数は25万回ですが、これは全身500ショットぐらい週1回の使用で、10年くらい使うことができる目安になるようです。

長い毛がある人は一度剃ってから使うとOK。最初は週に一度の頻度でOK。気にならなくなってきたら、もう少し間隔を空けてもいいみたいです。

お手入れする部位に合わせてモードが選べるところも便利そうですよ。

・基本フラッシュモード:1回1回フラッシュボタンを押して照射 … 脇など

・連続フラッシュモード:フラッシュボタンを押したまま連続して照射 … 脚など広い面積に

・やわらかフラッシュモード:1回1回フラッシュボタンを押して照射、自動で出力を押えたモード … 内太ももなどデリケートゾーンなど

やわらかフラッシュモードは、敏感肌の人にもいいみたいですよ。美容器自体も、西貝ナビによると「強いところでも、ピンっと爪ではじくぐらいの感覚」だそうです。

番組では口の周りを照射してましたが、やはり限界はこの辺までということみたいですね。目の周りなどは使用不可。デリケートゾーンもVゾーンのそばくらいが使用できる範囲になるみたいです。

使用後は、日焼け止などで肌に直接日差しが当たらないように注意するのもお忘れなく。

ともあれ、痛いのが苦手な人や、カミソリで黒ずみができたり、毛抜きでブツブツ肌になるのが気になる人におすすめの商品になるようです。

0時台の動き

0時台は、電話対応は時々混み合っているようですが、タイミングを見れば大丈夫かな?という感じ。クイックアクセスやWebからであればスムーズに注文することができるようです。

■内容
No.654184 簡単ムダ毛ケア ブラウン光美容器 シルク・エキスパートN
メーカー希望小売価格 59,184円→2018年6月5日限りのTSV価格 29,999円

商品内容
・本体
・アダプター
・電源コード
・専用ポーチ

サイズ 高さ 20.5×幅 7.0×奥行 5.0cm

重量 本体:308g

コード長さ 約3メートル
※ AC アダプターを含む

消費電力 60W

ランニングコスト
1時間あたり約1.6円
※新電力料金目安単価 27円/kWh(税込)

使用に適している体の部位
女性:アシ、ウデ、ワキ、ビキニライン、顔( 頬骨より下の部位)
男性:肩から下の部位(胸、背中、ウデ、おなか周り、アシ)

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます