QVCジャパン

iconicon

マニフレックス ピローDMグランデicon

6月9日は、毎月9日のお楽しみ「Lucky9 Oの日」です。

6月は、「使ってみたい」、「試してみたい」、魅力的な商品をご紹介ということで、24時間すべての番組に特別価格の商品が登場する一日。

この日のTSVは、マニフレックスから「ピローDMグランデ」が登場です。

片面はマニフレックスの高密度素材「エリオセル マインドフォーム」、もう片面はさらに高密度な新素材「マニジェルフォーム」の2素材をミックス(デュオミックス)した枕です。

3月に一度登場しているみたいですが、今回はQVCにおいて最安値になるみたいですよ。

マニフレックスのピローグランデ・概要

ゲストの山根社長によると、欧米では「いい枕」といえば羽根枕かマニフレックスなのだそうで、羽根枕だとニオイや虫の心配がありますが、マニフレックスはその心配がないところが魅力です。

芯材に高反発なエリオセルマインドフォームを使っているのですが、これはマットレスに比べてさらに高反発でやわらかい感触を両立させた素材になるみたいですよ。

・一般的な敷寝具の反発力 6~10kg/m3
・マットレスに使われている「エリオセル」 反発力 31kg/m3、やわらかさを表す数値は170ニュートン
・枕に使われている「エリオセルMF」 反発力 75kg/m3、70ニュートン

大きさはヨーロッパの一流ホテル仕様の70×45cmのラグジュアリーサイズで、頭、首、肩にかけて包み込むように支えてくれるのが特徴。

ノンシェイプタイプなので、頭をのせる位置や方向を選ばないので、どんな体型の人にも、どんな年齢の人にも、寄り添うような追従性で安眠姿勢をサポートしてくれます。

身体にかかる圧力を均一に分散させてくれるので、体のどこかに負担をかけたり、圧迫することなく自然な姿勢で体を休めることができます。

一般的な低反発素材のように、気温で弾力性が変化することがなく、気温10度~40度まで、性能や感触は全く変わらないので、温度によって寝心地が変わったりしないところも魅力。

通気性に優れたオープンセル構造に加え、全容積の約20%にも相当するエアーホールが枕全体に設けられているので、ムレにくく一年中快適に使うことができます。

DM(デュオミックス)は、2種類の異素材を一つに合体した枕

iconicon

ピローDMグランデは、ピローグランデにも使われている「エリオセルMF」に、さらに「マニジェルフォーム」を加えた枕です。

名前に「ジェル」とついていますが、水分のあるジェルではなく、ドライな感触が特徴になるみたいです。

接着剤を使うことなく、2つ(デュオ)の異なる機能を持った素材を合体(ミックス)させたので、名前も「デュオ・ミックス」になるみたいですよ。

エリオセルと同じく、水で発泡させた高反発フォームは、つくる過程で人の体や環境に有害な物質を使用することがなく、また燃焼させても有毒なガスを発生しないことから、エコロジーに関する国際検査機関「エコテックス認証」のエコテックス スタンダード100の認証を取得しています。

「マニジェルフォーム」は、通常のエリオセルの持つ体圧分散性能はそのままに、身体からの熱が伝わりにくく、伝わっても冷めやすい構造をしているのが特徴で、夏でも涼しく快適に過ごすことができます。

やわらかいけれどしっかりとした弾力があるみたいですよ。

ただ、ピローグランデはクルクルと巻くことができましたが、異素材をミックスしているせいか、デュオ・ミックスは巻くことができないそうで、お届けも大きな箱に入って届けられます。

重さも約1.6kgのピローグランデに比べ、約1.9kgと少し重くなるみたいですね(汗)

芯材は洗えないので、この点は要注意。保護するためにシンカーパイルのベロア生地のカバーがついています。

でも、寝具ではかなり長い3年という長期保証が設けられているところはかなり安心感あり。表と裏をリバーシブルに使えるという点も魅力の商品です。

■内容
マニフレックス ピローDMグランデ
QVC価格 21,600円(税込)→2018年6月9日限りのTSV価格 17,851円(税込)

・本体
・純正ピローケース

■サイズ
(本体)幅71.0cm×縦42.5cm×長さ14.5cm
(専用ピローケース)幅95cm×縦50cm

■重量
(本体)約1.9kg
(専用ピローケース)250g

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます