QVCジャパン

iconicon

ドクターシーラボ ACGマチュアリフト プラチナルクス2個icon

7月19日のTSVは、シーラボのマチュアリフトの新ライン「プラチナルクス」が昨年に引き続き登場。純度99.99%のプラチナを配合しているので、透明なゲルにプラチナ箔が浮かぶ、見た目にも涼し気なマチュアシリーズの贅沢な新ラインです。

前回は10周年記念での登場ということだったので、「もしかしてこれ1回だけ?」なんてことを心配してた管理人ですが(汗)今回はQVC最安値で登場。

ゲストの石野さんによると、「お洋服の買い替えはできるけれど、お肌の買い替えはできない」ということで、暑い夏もお肌のケアをしっかりしたいけれど、手間をかけずに手軽に本格ケアをしたい人におすすめですよ。

1個2カ月半なので、2個セットで5カ月の使用目安になります。

今回のTSVはまとめ買いがお得

今回のTSVは2個セットを1つだけ購入する場合は通常どおり送料648円(税込)の送料がかかりますが、TSVどうしを2セット、もしくはTSVと以下の商品を1点同時に購入すると送料無料になる特典があります。

アクアコラーゲンゲル マチュアリフト プラチナルクス・概要

「マチュアリフトプラチナルクス」は、QVC独占販売となるオールインワンゲル「マチュアリフト」シリーズの1つで、昨年デビューしたばかり。

しっとり系の「アクアコラーゲンゲル マチュアリフトGOLD III」と、さっぱり系の「アクアコラーゲンゲル マチュアリフト アロエクール」のちょうど中間くらいのテクスチャーになります。

生産は春夏季節限定で今季の生産は終了しているため、あるだけなくなりしだいで終了となってしまうので、この点は要注意です。

使い方は適当につけていっていいみたいですけど、石野さんによると、乾燥しやすい目の下から使うのがおすすめ。後は顔全体に下から上に持ち上げるようになじませていくとOKみたいですよ。

このとき、指先につけてのばすのではなく、手のひら全体を使って顔全体に沿わせるようにのばすのがコツになります。

塗った後、すぐファンデーションを使うことができるサッパリとした使い心地が特徴。多めにつけて、マッサージをするのもいいみたいですよ。

シーラボでは美容サロンもあってプラチナのお手入れもできるけれど、やはり高価。毎日通ってケアするわけにいきませんが、「マチュアリフトプラチナルクス」は毎日気軽に使うことができるところが魅力。

春~秋口にかけて使うのがおすすめのサラッとしたテクスチャーですが、サラッとした使用感が気に入った人は1年中使ってOKのアイテムです。

配合されているのは、様々な肌悩みを考えた美容成分

「お肌の状態をよくしたいけれど、『アクアコラーゲンゲル マチュアリフトGOLD III』はべたつくので夏は使えない」という人のために開発されたのが「プラチナルクス」です。

石野さんによると、「今現在ある肌悩みはもちろん、まだお悩みでない部分もケアできることが理想」ということで、「プラチナルクス」には純度99.99%のプラチナの配合に加え、様々な美容成分が配合されているのが特徴。

それもお肌の専門家から見て、それぞれ必要な成分をバランスよく、いろんな成分が配合されているところがポイントになります。

金のリフトやフラーレン、ナールスゲンをはじめとする「ハリ・弾力肌」へ導く成分の他、「ツヤ・キメ肌」に導く成分や、「肌・毛穴ケア」の成分を配合。

さらにお肌のうるおいのことを考えて、6種類のコラーゲンと6種類のヒアルロン酸、さらに4種類のセラミドを配合した「スーパートリプルモイスチャーライジングシステム」が採用されているのですが、6種類ずつ入っているのはシーラボでもマチュアシリーズだけなのだとか。

角質層のいろんな所に分子の大きさの違うものを入れることによって、「うるおいをチャージしていく」という発想になります。お肌の保湿をしっかり考えていきたい人におすすめですよ。

0時台の動き

今回は特にインフォメーションはなかったのですが、「電話が込み合っています」のマークが時々出ているみたいでした。

番組で紹介された口コミでも、「安いときにまとめ買いしたい」という声が多かったので、リピートしている人がどれぐらいまとめ買いしているかで在庫の動向も変わりそうです。

■内容
ドクターシーラボ アクサコラーゲンゲル マチュアコラーゲンゲル マチュアリフト プラチナルクス 2個
QVC価格 17,928円(税込)→ 2018年7月19日限りのTSV価格 9,998円(税込)

・シーラボ ACGマチュアLP(スパチュラ付):120g×2

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます