QVCジャパン

iconicon

フレーバーストーンマルチ5点セットicon

7月20日のTSVは、フレーバーストーンが登場。

スーパーストーンコーティング(フッ素樹脂加工)で、食材がくっつきにくいので油を減らしたヘルシー調理をすることが可能。ベースのアルミニウムにより熱伝導率がよく、料理がムラになりにくく、均一に調理することができる調理器具シリーズです。

調理後の表面の汚れもサッと落とせるので、お手入れが楽なところもいいですよね。

カラーはレッドとブロンズゴールドの2種類。

今回は、ソテーパン20cm、ソテーパン24cm、ミルクパン16cm、そして24cmと16cmのガラス蓋がついてくるセットです。

フレーバーストーン・概要

「マルチ熱源対応」ということで、ガス、電気、セラミック、IHに対応しています。6層構造はこんな感じ。

【スーパーストーンコーティング(フッ素樹脂加工) 6層構造】

(トップ3層)
・トップコーティング:フッ素樹脂加工
・ノンスティックコーティング:フッ素樹脂加工
・プライマーコーティング:フッ素樹脂加工

(ベース3層)
・アルミニウムコアベース
・耐熱シリコンポリエステルベース
・ステンレスベース

トップコーティングにはマーブルの模様の見た目と、「ストーン」という名前が付けられていることから、フッ素樹脂の強度や耐久性を上げるために、何か粒子が入ってるんじゃないかな? と思うのですが、何が入っているのか説明している所が見つかりませんでした。

前回放送の山越ナビも「ストーンコーティング」と言っていたんだけど… 模様がついてるだけじゃないですよね(汗)

ちなみに、マーブルコーディングの場合は大理石の粒子、ダイヤモンドコーティングの場合はダイヤモンド粒子を使ったフッ素樹脂加工です。

このように、わからない点はありますが、デュポン社のテフロン加工だとフッ素加工は2層以上の構造で耐久性が高いと言われているので、3層構造のフレーバーストーンも耐久性が期待できそうです。

耐久性に関しては、JISの耐摩耗性テストに準じたテストで50万回をクリアしています。(JIS 2010準用)

ステンレス板を使った50万回の耐摩耗テストで、JIS規格では3,000回でOKみたいですが、キャッチコピーの「50万回」というのは延長して確認してるみたいです。

そして、ベースの3層には、ソテーパンの場合5mmアルミニウムが入っているので、熱伝導がよく、底に厚みがあるので、食材に均一に火を通すことができるところが大きな特徴になるようです。

フッ素加工なので、やっぱり注意点はある

アルミニウムの熱伝導がいいので、中火~弱火で調理が可能です。弱火で調理することができれば、省エネにもなるし、最近の異常に暑い季節は助かりますよね。

ただ、さとうナビがチラッと言ってたように、「強火は避ける」必要があります。なぜなら、フッ素樹脂加工だから。

フッ素樹脂の欠点は、やわらかくて熱に弱いことなので、急激な温度変化や空焚きは厳禁です。コーティングの寿命を一気に縮めてしまいます。

番組でも、焦げ付かせたチーズを浮き上がらせる際に、「水」ではなく、「ぬるま湯」を使うように説明されていました。

なので、フッ素樹脂加工としての注意点は守る必要があります。一応、書き出すとこんな感じ。

・使用する際は中温以下で
・調理後は料理を入れたままにせず、すぐに取り出す
・洗ったら、すぐに水気を拭き取る
・金属製の調理器具は使わない

フッ素樹脂加工の寿命を延ばすために、シリコンヘラを使うようにしたり、尖ったものでつつかないようにしたり、といったことに気をつければ、快適に使えそう。

番組では、カレーの残りをスポンジの硬いほうで洗ってたみたいなので強度はそこそこありそうですが、フッ素樹脂加工の寿命のことを考えた場合、日々のお手入れではやはりやわらかいスポンジの面を使うのがよさそうです。

この他、底に厚みがあるので、使う時にある程度重さを感じるみたいですよ。

この辺は、おいしく調理できるポイントでもあるので、軽いフライパンに慣れている人は、重さに慣れる必要があるかも。鉄のフライパンを使い慣れている人は、問題ない範囲だと思います。

今回のセットには専用ガラス蓋がついているので、届いたセットで余熱調理がすぐにできるという点がちょっといいですよね。

0時台の動き

インフォメーションによると、前回に引き続きブロンズゴールドが人気みたいです。

でも、レッドは少なめスタートということなので、ブロンズゴールドもレッドも気になる人は早めに検討するのがよさそうです。

■内容
フレーバーストーン マルチ 5点セット
メーカー直販価格合計 16,980円(税込)→ 2018年7月20日限りのTSV価格 7,993円(税込)

・ソテーパン 20cm
・ソテーパン 24cm
・ミルクパン 16cm
・24cm ガラス蓋
・16cm ガラス蓋
・料理研究家の有坂翔太さん監修のスペシャルレシピブック

(IH200Vまで/電気調理器 対応可)

■カラー
ブロンズゴールド、レッド

■サイズ(内径×深さ×全長)
ソテーパン20cm:約20×4×37.0cm、底の厚さ5mm
ソテーパン24cm:約24×4×43.8cm、底の厚さ5mm
ミルクパン:約16×7×33.5cm、底の厚さ4mm
ガラス蓋 24cm:直径 約24cm
ガラス蓋 16cm:直径 約16cm

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます