QVCジャパン

7月28日のTSVは、お盆前のシーズンでは定番となった東京ソワール「前開き スタイルカバー ウォッシャブルワンピース」が登場。

体型をカバーしながら美しいシルエット&上品な揺れ感があるドレスオンドレスのデザインが魅力のウォッシャブルワンピースです。

今年は大きめサイズの19号、21号が増えているところも注目ポイント。喪主の方も着ることができる、盛夏用の正礼装のブラックフォーマルです。

清涼感&体形カバーのデザイン

ロングのシフォンを羽織っているような、ドレスオンドレスになったウォッシャブルワンピースです。前開き仕様になっているので、脱ぎ着が楽なデザイン。

身生地には少し厚みのあるジョーゼット素材、ロングのシフォンには薄い透け感のあるジョーゼット素材と2種類の素材を使用して、軽やかな落ち感ときちんと感を表現しています。

裏地には夏裏地を使用しているのでベタつき感がなく、ウエストから下は、足さばきのいいツルツルした裏地で透けにくくなっています。

身生地の腕部分は袖を上げても動かしやすいよう、アームフリーのノースリーブ仕様に。ロングのシフォン部分に縫い付けていない袖がついている形になります。

袖は肘を隠す程度のサイズ感で、透け感のあるシフォンで涼し気です。

普通は正礼装ではノースリーブはあり得ないデザインになりますが、ジャケット風デザインにロングのシフォンを羽織っているようなデザインなので、正礼装として着用することができるのだとか。

涼やかで透け感のあるデザインですが、濃染加工(のうせんかこう)で黒の中の黒を表現しています。

QVCジャパン

アイデア次第で、お祝い事から悲しみの席まで幅広く活躍してくれます

正礼装のブラックフォーマルとして使えるワンピースですが、着回しがきくところもポイントです。

衿元に華やかな白いコサージュを合わせると、華やかなパーティーシーンにも、ウエストを細いベルトで締めると、ちょっとしたお食事会などのドレスとして。そして、少し抑えたコサージュに、パールのネックレスを合わせると、卒入学のフォーマルウェアとして使うことができます。

喜びの席から悲しみの席まで、ジュエリーや小物で普段使いで幅広く活躍してくれます。

ゲストの増田さんによると、通勤着に使うことも可能だそうですよ。

気になるUV遮蔽率は、生地が重なった所では98%、薄い素材の所では81.1%、ワンピース部分だけだと89.2%となっているところもうれしいポイント。

裾の裏地には、何度洗っても大丈夫なようにロック始末をしているので洗濯機洗いOK、汗をかくたび手軽にお手入れすることができます。

サイズの選び方は、自分が一番大きいと思う部位(バスト、ウエスト、ヒップ)の大きいサイズに適応しているサイズをサイズ表の中から選べばOK。

暑い夏なので、迷う場合はワンサイズ大きめがおすすめになるようです。

大きなサイズを選ぶと、前下がりになったり、後ろ下がりになったりしがちですが、東京ソワールは7号なら7号、9号なら9号のそれぞれの黄金比率で仕立てているので、うつくしいシルエットを生み出してくれます。

0時台の動き

0時台のインフォメーションはこんな感じ。今年初登場の大きめサイズからなくなっていっているみたいですよ。

13号 … 半数以下
15号 … 半数以下
17号 … 半数以下
19号 … 半数以下
21号 … ウエイトリスト

■内容
東京ソワール 前開き スタイルカバー ウォッシャブル ワンピース
メーカー直販価格 46,440円(税込)→ 2018年7月28日限りのTSV価格 13,900円(税込)

■カラー
ブラック

■サイズ
7、9、11、13、15、17、19、21

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます