QVCジャパン

iconicon

ブランフィーネ スキンワイパー ピンク [ハンディー美顔器]icon

8月27日の日のTSVは、今年の2月にデビューして以降、3回連続完売というピカ子さんのハンディ美顔器が初めてのTSVで登場です。

新色ピンクは今回のTSVのために用意されたものなので、なくなると終了してしまう限定カラーになるのだとか。カラーが気になっている人はお早めに。

※通常は全体が白い色をしています

ブランフィーネ スキンワイパー 特徴

この美顔器で提案されているのは、「お顔の筋肉を鍛えましょう」ということ。

1分に8000回の細かなバイブレーションと、3秒毎に変わる3種類の微弱な電流(微弱EMS)のダブルの効果で、顔の筋肉に刺激を与えてくれます。

キャップを開けると、銀色のプレート「通電板」があるので、そこに指を添えて、反対側にあるスイッチをON。後は口元や目元など気になる場所を10~30分ほどなでていけばOKです。スイッチには点々が3つついているので、手触りでもわかりそうです。

お肌に当たる丸い2つのボールは並行ではなく、高さに差があるので、目元やほうれい線など細かな所まで攻めやすいのが特徴。

ちなみに首などにも使えるのですが、首に沿って縦になぞるのではなく、シワに合わせて横にあてるのがいいそうですよ。

オンメイクでも使えるし、ジェルなどは基本不要。使う場合も、手持ちの化粧水やジェルなどを使うことができます。

乾電池なので携帯しやすく、サイズも乾電池を除いて約35g、長さ13.8×直系2.5cmというコンパクトなタイプなので、気になったときに手軽にケアできるところが魅力です。

ピカ子さんによると、ご自身も100万円クラスの美容器を使ったり、EMSのジムにも行っているそうですが、準備が面倒だといつしか使わずに放置してしまったり、30分、1時間、と時間がかかったりすると面倒に感じてしまうものなのだとか。

いくらお金をかけてもやらなくては意味がないため、面倒な準備などは必要とせず、「コンパクトで、いつでも手元に」という点にこだわって開発されたみたいです。

EMSは顔に合わせて微弱の設定ですが、ピカ子さんによると、「1種類だと慣れてしまって顔の筋肉が甘えてしまう」そうで、3秒毎に3種類の異なる周波の微弱電流が採用されています。

しかもアナログのEMS電流は曲線の波ですが、曲線よりも効率よく筋肉に物理的な刺激を与えるために、山型の波を持つ電流が選ばれています。

また、顔の筋肉を鍛えることを考えると、冬の寒い時期より体温も高い夏の季節が効率的ということで、デビューも春の季節が選ばれたそうですよ。

ピカ子さんによると、美容液を選ぶのもいいけれど、最高の美容液は血液なので、血流を促すことを考えるのがおすすめになるようです。

このように、筋肉を鍛えることを重視しているアイテムなので、EMSの電流には少し痛みを感じる人もいるようですが、手持ちのジェルや化粧水を使うと刺激を和らげることができるそうです。

ただし、まぶたは皮膚が薄いので直接には使わないほうがいいとのこと。まぶたのたるみなどが気になる人は、眉毛に沿って(アイブロウライン)ケアしてやるといいそうです。この他、目の周囲へのアプローチには、こめかみなど、少し離れたポイントから攻めるのもいいみたいですよ。番組でもピカ子さんが紹介していましたが、スキンワイパーの形状は髪の毛の間にも入りやすいみたいです。

そして、顔用のため、ボディにはEMSなどの刺激も弱すぎるので、使えるのは顔~デコルテの範囲になります。

【追記】
現在、完売とともにQVCサイトから過去の商品ページがなくなって、書き込まれていた口コミも見ることができなくなっています。当ブログでは、前回完売した際に売れ筋ランキングに入ってきたときの口コミの様子をざっくり簡単にメモしています。

ほんとにざっくりですが(汗)よかったらこちらの記事も参考にどうぞ。

(参考)美しさに磨きをかけるアイテムが多数ランクイン・QVC売れ筋ランキング

記事には痛みのある人の意見しか拾っていませんでしたが、何人かは「自分に合ってるみたいだから続けたい」という人と、「痛くて使えない」という人の意見がありました。痛さを感じる人は、かなり痛いみたいです。ピリッじゃなくて、バシッと感じるみたい。

ただ、「ジェルを塗ると痛みを感じずに使えた」という意見も、このときすでに書き込まれていました。

【追記】
今度は番組の動画へのリンクが見当たらないみたいです。その日の午前中にはリンクがあったのですが(汗)

うちには動画はありませんが、一応0時台で管理人が見たスキンワイパーの当て方を書き出してみました。よかったら参考にしてみてくださいね。

※スイッチの反対側にある銀色の「通電板」に指を添えて使います。当たっている指は親指、人差し指、どちらでもOK。力を入れず、なでるような感じで使うみたいです。

当てる時間は同じ場所を長くやってもそれほど変わらないらしく、1つのパーツにつき10分~15分くらいが目安になるようです。

・ほうれい線 … (長いほうを上、短いほうを下)ほうれい線の始まり、小鼻の横辺りから→頬の曲線に沿って上へ→もみあげの辺りまで

・下瞼 … (長いほうを上、短いほうを下)目頭の下辺りから→目の下のたるみに沿って→目尻→眉尻の辺りまで

・目の下 … (長いほうを上、短いほうを下)目の下、キワに近い所を「目頭→目尻→目頭→目尻」という感じで、長いほうでなぞる

・眉毛 … (長いほうを上、短いほうを下)長いほうを眉毛の上に当て、眉毛を挟むようにして、眉頭→眉尻→こめかみの辺りまで

・耳の上 … (長いほうを上、短いほうを下)こめかみの辺りから→耳の上へ。髪の毛を後ろに一つに結んだときにできる流れに沿って横へなぞる

・小鼻 … (長いほうを上、短いほうを下)小鼻の横を小鼻の小さな弧に沿って上下になぞる

・唇 … (長いほうを上、短いほうを下)長いほうをリップラインの上、短いほうを唇にあてて、リップラインを挟むようにして横へ

・フェイスライン … (長いほうを上、短いほうを下)顎先→フェイスラインに沿って耳の下の付け根辺り、そこからそのまま下へ首筋に沿って鎖骨のそばまで。

耳の下の付け根→そのまま下へ首筋をなぞるときは、長いほうが外、短いほうが内という感じで、やや倒してなぞる感じでもいいみたいで、自然に添わせればOKみたいです。

・首 … 縦ではなく、シワに沿って横へ動かす

0時台の動き

ピカ子さんによるとTSVに備えて数を揃えたそうですが、それでも数は少ないみたいなので、気になる人は早めの検討がおすすめです。

■内容
ブランフィーネ スキンワイパー ピンク【ハンディー美顔器】
メーカー直販価格 11,880円(税込)→ 2018年8月27日限りのTSV価格 6,998円(税込)

・本体×1
・単4電池1本(テスト用)

■サイズ(約)
直径2.5×高さ13.8cm(キャップ含む)

重量 約35g(電池除く・キャップ含む)

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます