QVCジャパン

iconicon

ドルチェ牛革横金具踵2WAYスリッポンicon

8月16日のTSVは、ドルチェから牛革横金具踵2WAYスリッポンが登場。側面の金具の下にゴムがあるので、スリッポンで履けるシューズです。

踵が内側へ折れるので、ミュールやサボ風にも履くことができますよ。

ドルチェ 特徴

ステッチダウン製法というのは、靴先進国と言われているドイツ、イタリアで昔から作られている製法で、甲革(アッパー)を外側に折り、中板や底と縫い付けるので、革が本来持つやわらかさ、伸縮性を生かすことができるのが特徴です。

革にテンションがかからないので、履く人の足をやさしく、やわらかく包み込むので、軽くて履きやすい靴にすることができます。

ドルチェは素足に近い歩行ができる靴を目指して中板を使っていないため、靴底全体がやわらかく、屈曲性があるので、歩くときに靴がついてきてくれるのが特徴です。

中敷のかかと部分に局面が設けられているので、包み込むように踵部分を支えて倒れを防止、着地時の衝撃を分散してくれます。

中敷の中央部分には膨らみが設けられているので、足裏を広げて、土踏まずの横アーチを保持。

中板を使わない、やわらかい靴底なので、足の屈曲に沿って自然な歩行を促して、歩行のサポートをしてくれます。

牛革横金具踵2WAYスリッポン 特徴

ドルチェならではの牛革&ステッチダウン製法のスリッポンシューズです。

足の甲の両サイドにはゴム布が設けられていて、外側のゴムの部分には上から隠すように金具のパーツが設けられて、アクセントになっています。金具の裏にもゴムが入っているので、靴の着脱が楽ちん。

踵部分は折り曲げて、サボ風に2WAYで履くことができるので、気分によって形を変えたり、机の下で足を休めたいときなどに活躍してくれますよ。

甲裏はクッションのあるメッシュ素材になっているので、足当たりがやわらかく、革本来の通気性を損なわない快適な状態をキープしてくれます。さらに、かかと部分に起毛素材を設けているので、カパカパしにくくなっているのが特徴です。

ワイズは3Eとゆったりめ。金子さんによると、外反母趾、内反小趾の人におすすめしたいとのこと。

日本人の一般的なワイズは2Eなので、一般的なワイズの人はワンサイズ下を選ぶのがおすすめ。サイズを迷った場合も、ワンサイズ下を選ぶのがおすすめになるようです。

0時台の動き

遊び心のきいたダークミックスに人気が集まっているようです。この他、今年のトレンドのシルバー、定番のブラックも人気なので、気になっている人は早めの検討がおすすめです。

ダークミックス … 22 ウェイトリスト、 22.5 完売、23 残りわずか、23.5 24 24,5 25 残りわずか

■内容
ドルチェ 牛革横金具踵2WAYスリッポン
メーカー直販価格 14,904円(税込)→ 2018年8月16日限りのTSV価格 8,998円(税込)

■カラー
ダークミックス、ブラック、グレー、レッド、アイボリー、シルバー

■サイズ(cm)
22、22.5、23、23.5、24、24.5、25

重量:約270g(23.0cm片方)
ソール厚さ:約1.5cm
ヒール高さ:約4.0cm
ワイズ:3E

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます