QVCジャパン

iconicon

マルチクッキングカプセルグルラボマルチセット ヘルシープレート増量icon

8月21日のTSVは、電子レンジのあたため機能で、煮る、炒める、ゆでる、炊く、油で揚げない揚げ物などを仕上げてくれる「グルラボ」が初TSV。

QVC先行販売となる新色のオレンジも登場しているので要注目です。

マルチクッキングカプセル グルラボ 特徴

カプセル内をやや高圧に保ち、高温の蒸気でむらなく加熱してくれるので、煮る、炒める、ゆでる、炊く、油で揚げない揚げ物など、いろいろなメニューが簡単にできるマルチクッキングカプセルです。

蓋をする際は、本体の縁にある凹みと、蓋の凹み部分を合わせるように注意しながら蓋をすればOK。

この部分は空気調節口になっていて、レンジで調理する際、適度に蒸気を逃しながら、圧力を保ちながら高温蒸気でむらなく加熱調理することができます。

蒸気で調理するので、ふっくらジューシーに仕上がるところが魅力。

本体部分は、耐熱温度が-40℃~230℃もある「シンジオタクチックポリエチレン」(SPS樹脂)を使用しているので、作ったものを冷凍保存することができて、電子レンジのオーブン機能にも対応してくれますよ。

※オーブン調理は230℃まで。蓋の耐熱は150℃までなので、オーブン機能使用時には蓋は外す

使い方

★あたため機能(700W)で…

焼き魚(サバ)
グルラボにヘルシープレートを入れて、その上に切り身をのせて2分加熱

豚肉の生姜焼き
お肉は凍った状態のものでもOK、グルラボに並べて好みのタレをかけて2分半加熱

揚げ物
グルラボにヘルシープレートを入れて、生のお肉に唐揚げ粉をつけて並べて2分半加熱

肉じゃが
適宜切ったジャガイモ、タマネギ、お肉を入れて、だし・調味料を入れて3分加熱

単に加熱するだけでなく、ジャガイモを蒸した後、そのままミキシングボールの感覚でキュウリやタマネギ、ニンジンなどの野菜、調味料を混ぜていけばポテトサラダを作ることもできるみたいですよ。

空気調節口の部分は水切り(ストレーナー)にも使えるので、パスタをゆでて、湯切りすることができます。

スクエアディッシュも230℃までのオーブンで使用することができるので、オーブン皿として使うことができます。

ラージとスモールを重ねて収納できるので、スペースをとらずに収納することができるところもいいですよね。

冷蔵庫、冷凍庫で保存する際は、空気調節口の部分を反対にして蓋をすれば、密閉して保存することができますよ。

0時台の動き

フッ素加工のように金属の調理器具が使えないといったこともなく、食品を混ぜ合わせるミキシングに使えるというところが手軽ですよね。洗い物も少なくてすむみたいです。

トマトやカレーなど、着色しやすい食材はなるべく早めに別容器に移して洗うようにするか、酸素系・塩素系どちらの漂白剤も使ってお手入れすることができるみたいですよ。

でも、新色のオレンジは着色してもそれほど気にならないかもしれませんね(ものぐさな発想)

そのせいか、先行販売カラーのオレンジの人気がけっこうすごいみたいで、0時台で半数以下ということなので、オレンジが気になっている人は早めの検討がおすすめです。

■内容
マルチクッキングカプセル グルラボ マルチセット【ヘルシープレート1枚増量】
QVC価格 6,480円(税込)→ 2018年8月21日限りのTSV価格 4,998円(税込)

・ラージカプセル×2
・スモールカプセル×2
・スクエアディッシュ×1
・ヘルシープレート×1
・クッキングガイド(150種のレシピブック)×1

(プレゼント)
・ヘルシープレート×1

■カラー
ホワイト、オレンジ

■サイズ 横×縦×高さ
ラージカプセル:18.8×16.7×8.9cm
スモールカプセル:15.6×13.7×7.2cm
スクエアディッシュ:19.9×18.0×3.2cm
ヘルシープレート:13.0×12.0×1.0cm

(重量)
レージカプセル:161g
スモールカプセル:107g
スクエアディッシュ:118g
ヘルシープレート:22g

(容量)
ラージカプセル:約1.3L
スモールカプセル:670ml
スクエアディッシュ:900ml

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます