QVCジャパン

8月24日のTSVは、パピリオのステイブロウがプレゼント付きのスペシャルセットで登場です。

昨年に引き続き夏に登場のステイブロウですが、やはりこの時期に数を揃えるのは大変みたいで、2月のTSVに比べると、用意数少なめでスタートしているようです。

パピリオ ステイブロウ リフィル4本付き スペシャルセット 特徴

今年の2月のTSVでは、ステイブロウに4本のリフィルのみのセットでハンドエッセンスはついていなかったのですが、今回は前回のセットに加えハンドエッセンスがついたお得な内容で、お値段そのままのスペシャルセットになっています。

カートリッジ式で削らなくてもいいのに、やわらかすぎず硬すぎず、ほどよい芯の硬さで描きやすいのが特徴。

カラーコート成分が色成分をコーティングしてくれるので、汗、水、皮脂、こすれに強く落ちにくいところが魅力です。

この秘密は、スムースオイルに「カラーコート成分」と「色成分」が配合されているから。

眉を描いてから30秒~1分くらいでスムースオイルが蒸発するので、お肌にのった色成分をカラーコート成分がしっかり保護して1日中維持してくれるんでうsね。

使用しないときは、スムースオイルが蒸発してしまわないように、蓋を回してしっかり閉めておく必要があります。

リフィルのつけ替えは、キャップを回さずにリフィル部分を引き抜けばOK。新しいリフィルをカチッと音がするまで差し込めば取り替え完了です。

カラー展開は2種類

ゲストの稲田さんによると、ステイブロウの芯の硬さは「クレヨンみたいな」硬さなのだそうで、硬からずやらか過ぎず扱いやすいのが特徴。

白いものが混じってきた眉毛でも、白髪を塗りつぶして仕上げることができます。

なので白髪は抜かずに、形を整えた上にステイブロウで仕上げればOK。

アクティブエイジの顔の色、髪の色、好まれる服の色、お化粧習慣などから分析した結果、以下の2種類のカラーが用意されています。

・チャコールブラウン … 万人に合うスタンダードカラー
・ライトブラウン … 眉尻のみなど、眉の一部を描き足したい方、着物や浴衣を着る時など

使い方

稲田さんによると、「眉は顔の額縁、あるのとないのとでは印象がまるで変わる」というほど顔のパーツでは重要ポイントになるようですが、きれいに決まる描き方にはちょっとしたコツがあるようです。

ポイントは、小鼻から目尻を結んだ延長線上まで眉尻を描くと、バランスよく描くことができるみたいですよ。「フェイスプロポーション」と言うそうです。

長いだけだと、かえって老け顔になってしまいますが、好みでやや内側加減に仕上げてもOK。目が大きな方は、やや内側加減で仕上げるのがいいみたいです。

着物の場合は、少し長めにするとエレガントに決まるみたいです。

1. 眉を描く前にブラシで眉を整える
眉を描き始まる前に、内蔵されているブラシでファンデーションなどの粉を落としておく。眉の長さは、小鼻と目尻の延長線上を目安に。
芯の長さは1mmくらい、2mmまでで描くのがおすすめ。長すぎると折れる恐れがあるみたいです。

2. 眉を描く
なめらかにスイスイ描けるので、これ1本で濃淡や太さも自由自在に表現することができます。

描くときは、眉尻から描き始めるのがおすすめ。眉尻から眉頭に向かって、まばらな所、足りない所などを描いていく。

3. ぼかしてなじませる
毛と馴染むようにブラシで整えると自然な仕上がりに。スムースオイルが蒸発するまでの30秒~1分くらいの間にブラシを使うのがコツです。

そして、プレゼントのハンドエッセンスは、1カ月目安の2分の1量があります。9月30日にパピリオのTSVが予定されているのですが、このときにハンドエッセンスが改めて登場するみたいですよ。

0時台の動き

今回は去年と同じくバイヤーさんから頼まれて、なんとか準備数を用意しているので、2月のTSVに比べると数は少なめなのだとか。

購入する人はリピーターさんが多く、まとめ買いをする人が多いようなので、気になっている人は早めの検討がおすすめですよ。

■内容
パピリオ ステイブロウ リフィル4本付き スペシャルセット
メーカー直販価格合計 11,448円(税込)→ 2018年8月24日限りのTSV価格 6,998円(税込)

・パピリオ ステイブロウ(ぼかし用ブラシ付):1本
・パピリオ ステイブロウ リフィル(キャップ付きリフィル):4本

(プレゼント)
・ハンドマッサージ エッセンス リペアN:50g×1個

■カラー
チャコールブラウン、ライトブラウン

特集ページには、パピリオに関する便利リンク集があります。よかったらこちらも参考にしてみてくださいね。

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます